避暑走想

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年08月15日 23時30分]
【黒姫高原⇔笹ヶ峰高原 往復走】 
避暑走想 避暑走想 (1)
野尻湖湖畔の別荘を2年ぶりに訪ねて滞在する友人たちと徹夜で話し込み仮眠の後に…
履き古した靴が先の山行で大きく裂けて臨終、替わり急遽入手したadidasカナディアTR3、
前夜道すがら梓川SAで食べた「わさびそば」を思い出させる鮮やかな緑色、さて試走だ。
 
避暑走想 (2) 避暑走想 (3) 避暑走想 (4) 避暑走想 (5)
2011年8月13日早朝、コスモス園下の黒姫高原の町営駐車場からスタート、他に誰も
いない信濃路自然歩道(信濃町癒しの森地震滝コース)を独りユックリと走る。遠く微かに
聞く鳥の声を除いて蝉も全く鳴いていない森のしじま。緩い上りの山道、鉄管路を越えて、
途中下って地雷也洞穴に寄り、刀印を結ぶ…が蝦蟇(ガマ)いないし法力遣えない(笑)。
 
避暑走想 (6) 避暑走想 (7) 避暑走想 (8) 避暑走想 (9)
苗名滝(地震滝:越後三名瀑・日本の滝百選)に約1時間(6.3K)で到着。河原の巨石を
伝い跳び這い登り、水しぶきを浴びて憩う。吊り橋に1人見かけた後は瀑音独占の贅沢。
 
避暑走想 (10) 避暑走想 (11) 避暑走想 (12) 避暑走想 (13)
1km弱走り戻って分岐を山側に折れ上り、景観一変の尾根筋、密した草の緑が眩しい。
再び森を進めば湿った土道は急登の連発、とても遊歩道とは思えないゾとゼイゼイ進む。
「信越五岳TRR」コースに合流して大会の記憶をたどりながら、草道、岩道を川まで下る。
吊り橋を渡り西野発電所に約1時間20分(5.2K)で到着。川風は涼しいが汗は引かぬ。
 
避暑走想 (14) 避暑走想 (15) 避暑走想 (16) 避暑走想 (17)
煙草と煎餅などで小憩して再始動…ツヅラ急登(レース路)を嫌って鉄管横の階段を上り
(卑怯者か?笑)、笹ヶ峰高原に入る。クロカンコースを走り抜け、牧場脇には人の群れ。
宇棚の清水(平成の名水百選)を飲み浴びて生き返り、その湧水が流れ込む清水ヶ池を
周って三田原山を眺め、グリーンハウスに約50分で到着。気分は爽快、足はボロボロ。
 
避暑走想 (18) 避暑走想 (19) 避暑走想 (20) 避暑走想 (22)
大休憩で汗が引くのを待って、ピストン帰路へ再走。今度はツヅラで下りて関川を渡り、
上り途中で対面出会ったレース試走の男女ペアとトレラン談話、信越五岳で再会を約す。
帰りは御巣鷹林道を、延々続く緩い上り坂をハアハア走り、さらに延々続く緩い下り坂を
ダラダラ走る。陽も高くなり蝉の合唱も激しさを増し、アブとブヨの終わらぬ大襲撃が続く
(20ヶ所以上齧り刺された)。コスモス園へ侵入、縦断駆け下って終了(約1時間55分)。
 
避暑走想 (23) 避暑走想 (24) 避暑走想 (25) 避暑走想 (26)
「そば処 うえだ」で昼食。テラス席で「信濃の春」(ざるそば・天ぷら・温泉玉子)。
 
避暑走想 (27)
「まつき」の「ブルーベリーソフトクリーム」(実付)、最高の味で体の内からクールダウン。
 
 
【野尻湖 一周走】
避暑走想 (28) 避暑走想 (29) 避暑走想 (30) 避暑走想 (31)
2011年8月14日遅朝、VibramファイブフィンガーズKSOを履き、別荘からスタートする。
前日の疲労によりヘロヘロ走を覚悟していたが、数年前までのように上り坂で歩きたく
なるまでにはならない…慣れたのが心肺か気分か、それはわからないが、爽快なラン。
 
避暑走想 (32) 避暑走想 (33) 避暑走想 (34) 避暑走想 (35)
合宿練習中の学生ら(と車で並走するコーチ)には数組遇うが、他には誰も走っていない。
湖の東岸高くをハアハアと上り進めば、下の湖畔から歌声が…まずはソプラノで、次に
コーラスで…林に響く美しいBGMの贅沢独り占め(音楽プレーヤー忘れて幸いであった)。
 
避暑走想 (36) 避暑走想 (37) 避暑走想 (38)
「野尻湖一周コース」(15.3K)看板に沿って周回後、別荘に走り戻る。走り進む都度に
表情を変える湖面とその向こうに望む信越の山々に惚れ直した1時間40分(約15K強)。
 
避暑走想 (39) 避暑走想 (40) 避暑走想 (41) 避暑走想 (42)
「峠のそば屋 美雪荘」で昼食。座敷席で「水そばセット」(水そば・ざるそば)と「てんぷら」。
 
避暑走想 (43)
「まつき」の「ブルーベリーソフトクリーム」(実付)、最高の味で体の内からクールダウン。
 
 
走と蕎麦とソフトクリームを2度ずつ、想い通りの避暑を賞味した野尻湖界隈の正味2日。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2011年08月16日 23時03分]

中々充実の盆休みだったみたいで羨ましいです。
自分の方は大した走り込みも出来ずに終わってしまいました。
基本「デブ精」な性格なモンですから・・・
>替わり急遽入手したadidasカナディアTR3・・・
おおっ!お揃ではないですか!!
以前話した様に意外と良いシューズではないでしょうか?
(足の形に合う合わないがありますが・・・)
で、蕎麦の方は如何でしたか?
「まつき」の「ブルーベリーソフトクリーム」・・・気になります。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年08月17日 10時03分]

カナディア、試走の結果としては問題無く使えますネ。

>で、蕎麦の方は如何でしたか?
「うえだ」は(開店と同時に待ちが出て、売り切り仕舞いになることも多いので)、待ち無しで食べられたのはラッキーでした。ここの蕎麦は(周辺一帯の田舎的食事蕎麦屋に比べて)上品な霧下蕎麦です。相変わらず蕎麦の風味がやや弱い感じですが、クセ無く按配の良い辛汁と相まって、OKです。
「美雪荘」(みゆき)はおそるべき大混雑、店に着いてから蕎麦を口にするまで約1時間待ちました^^; 涌井地区3店の中では、最も細く(残り2店は平太打ち)美しい麺です。
まぁ、「うえだ」も「みゆき」も期待の半分以上は(地場で採れた新鮮な菜や草の)天ぷらなのですが、こちらは何回食べてもハズレがありません^^/

「まつき」…暇と足代があればコレだけ食べに片道300kmを越えていきたい史上最強のソフトクリームです!超オススメ!

No title
しんろく URL [2011年08月17日 23時44分] [編集]

別荘。いい響きですね。
自然の中を走るのいいのですが、アブ・ブヨに20か所も大変でしたね。
自然生物はなかなかの脅威です、伊吹山でもスズメバチに縄張りを主張されたり、秋になると熊の懸念もあったり…

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年08月18日 02時44分]

>自然生物はなかなかの脅威です…
確かに、お互い気をつけましょう…実は「おんたけウルトラ」走中にはハチに左肩を刺されました^^; 今回は1カ所ヤマヒルにもやられました^^; それでも走っている最中は(それなりに気が張っているので?)良いのですが、後から猛烈に痒みが続くのはギブアップです。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/374-c32c4257
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin