沈黙からほくそ笑みへ

ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2011年08月06日 22時00分]
ホテル型アートフェアは、美術商が会場となる宿泊施設に集まりブース代わりの客室ごとに提携アーティストの作品を展示して販売する催事である。日本各地でも開催が増加傾向にあり、今2011年には、モントレホテル京都で「アートフェア京都 2011」(5月20-22日)、ホテルグランヴィア大阪で「ART OSAKA 2011」(7月8-10日)が既に催され、神戸メリケンパークオリエンタルホテルで「神戸アートマルシェ 2011」(9月29日/10月1-2日)が開催予定である。…と言っても、「SCOPE LONDON」(UK)や「DOORS」(Korea)はおろか日本国内のホテル型アートフェアすら観ていない私…。名古屋初のホテル型アートフェアを、実行委員であるからの案内を機に覘いてみた。
 1st. Art Nagoya  1st. Art Nagoya (1)
 
2011年8月6日
「ART NAGOYA 2011」 in ウェスティンナゴヤキャッスル
 
土産の冷珈琲を渡した近藤マリコ実行委員に案内されて、ホテルロビーから会場へ。会場9Fフロアでエレベータを降りれば、いきなり廊下にまで人が溢れていて大盛況。特定のギャラリーやアーティストを目当てにして来たワケでもないので、片っ端から客室を渡り訪ねて、様々な作品をザラッと観ていく。エグゼクティブフロアといえどもそう広い部屋ばかりではないので、バスタブや洗面ボウルの中にまで作品を飾り置くギャラリーもあって、観客と美術商と作者でスシ詰めの空間を肩越し捻り腰で観歩く。大事件の謎を解くために物証だか宝物だかを捜しに名探偵が何百人も詰め掛けた大屋敷、ワアワアと次々に部屋を暴き回る…みたいな雰囲気だが、コレ悪くないぞ。
 
窓越しに見える名古屋城を借景して展示するギャラリー、カーテンを閉め切りココがホテルであることを無視したい陳列のギャラリー、買い気を値踏みするギャラリー、別の個展やフェアのフライヤーを配りまくるギャラリー…相似の客室空間が隣り合い連続するからこそ、どう使いどう過ごすか、ギャラリーごとの特質が際立って面白い。積極的であれ消極的であれ、美術商たちを限定空間のアートディレクターにしている…ナルホド、ホテル型アートフェアは、ギャラリーの見せ方自体もアートなのだなぁ。
 1st. Art Nagoya (2)  1st. Art Nagoya (3)
 
ホテル型に限らずアートフェア全般で今どき喧伝されがちな「復興」「チャリティー」云々、これが挨拶文にも会場にも見受けられない…スバラシイ! アートの世界が最も距離を置くべきは、練れていない同調と安っぽい偽善だ、と思っている私は快く観賞できた。「ART NAGOYA 2011」のコンセプトキャッチは「沈黙から微笑みへ。」であるのだが、部屋から部屋へと覗き回る娯楽の快感は「表向き沈黙でも、内心ほくそ笑み」だった。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2011年08月07日 21時17分]

JCSもこうしたらいいでしょう。学士会館で初めから小部屋に分かれて、会長の部屋、副会長の部屋、顧問の部屋----それぞれが趣向をこらして、お客様を熱烈歓迎する。うーん、占いの館みたくなっちゃうかしら。

ありがとうございました。
マリコ URL [2011年08月07日 21時18分]

とても面白い評をありがとうございました。楽しんでいただけたようでなによりです。おかげで目標にしていた動員数を遥かに超えるころができ、アートコレクターのみならず、アートファンの裾野を広げるという意味では、なんとか成功できたかな?と甘めの採点中です。あ、それよりも冷珈琲、ありがとうございました。一応よそゆきの顔でしたので、待ってましたぜ、と大きな声では言えなかったので、こちらで改めてお礼申し上げます。感想は今度ゆっくりと!

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年08月07日 22時40分]

ほんじゃまぁ、コーヒーハウスでも再現してそうな部屋から…あっ、本に埋もれた自分の研究室を再現してどうするんですかっ会長! おっ、この部屋には貼紙がしてあるぞナニナニ…えー、学会の目的は消費振興の場なので箱崎に行け?って全協じゃないですか副会長! 隣の部屋は騒がしいなぁ、まずは戸口で盗み聞き…コレがボクが書いた本でソレがボクが出た番組でアレがボクが主人公の作りかけの映画、やっぱコッチの副会長の部屋はヤメておこう! や、さすがカッコイイ展示だしマツワル話も面白いな…昔のスキー道具に昔のスキーしてる写真って、珈琲は?え、ママン?もうそれはイイです顧問! あれ、この部屋は何だ?ここにも貼紙かぁ、えー理事を入れ替えて息子を会長にするまで部屋は開けません?…まぁ謂わんとするトコロはわかるんですけど時間が足りませんよ名誉顧問! さあて、何人来場するでしょう?

to:マリコさん
帰山人 URL [2011年08月07日 22時59分]

とにかく行ってヨカッタよ(正直なところ主催者が友人じゃなけりゃ観たかどうか^^;笑)。デ博とか地球博とかトリエンとか、名古屋愛知の行政主導モンには良い印象が少ない私ですが、煽動とノスタルジーの記憶しか残らない前轍を踏まないように…2ndをシッカリとな!(オレが言うことじゃねぇか^^;笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/371-d9c5ce98
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin