王滝村騒登記

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年07月20日 23時00分]
【解説-王滝村騒登記】雄大な御嶽山を領する長野県王滝村で4回目の開催を終えた
ロングトレイル大会の翌日に、完走を誇る走者たちが繰り広げる、人間味あふれる
群像喜劇(?)。主演を務めた鳥目散帰山人が、「見上げて走った御嶽山を確認する
ためにどうしてもやっておきたい」と切望した山行なのだそうだ。そんな帰山人に呼応
した同宿の完走者の仲間が集結した贅沢な登山だ。特に、疲労を押して登りながら
騒がしくもユーモアある掛け合いに、自らも楽しくなる事必至。トレイル大会の舞台と
なった王滝村の美しい風景、そして走友たちの協力で撮影された写真は圧巻の一言。
(尚、2011年7月19日歿した原田芳雄の遺作主演『大鹿村騒動記』とは無関係。)
 
OnTake2011 (38) 2011OnTake2 (4) 2011OnTake2 (6)
おんたけウルトラトレイル」強行出走で完走後の翌日、夜明け前に珈琲を淹れ身支度、
すると相部屋の隣の布団でY氏が「オレも行く」。丁度なでしこジャパンのPK決着を観戦
しながら朝食、持参の冷珈琲をかおちんに振舞えば「私も行く」、で「くみちゃんも行く」…
私の車は田ノ原へ向かう、そう、おんたけウルトラでは飽き足りぬ真夏の狂宴第2弾だ。
 
2011年7月18日
御嶽山登山
  
OnTake2011 (39) 2011OnTake2 (7) 2011OnTake2 (8)
昨2010年の大会DNF明けは単独行だったが、今回は登山口に着く前からワイワイと
喋りまくりながら、Y氏・かおちん・くみちゃんと、同宿の完走者4人組で祝勝賑やか登山。
 
OnTake2011 (40) 2011OnTake2 (9) 2011OnTake2 (10) 2011OnTake2 (11)
私以外の3人は御嶽初登山…ガイド気取りで先導(?)し、したり顔で各所の景観説明…
 
2011OnTake2 (12) 2011OnTake2 (13) 2011OnTake3.jpg 2011OnTake3 (2)
くみちゃん「足痛くない」ガンガン登れば、かおちん「積極的休養」ガシガシ続く…オイオイ
「昨日足が上がらないって言っていたのは誰だっけ、かおちん!(笑)」…女は強いナァ。
 
2011OnTake3 (3) OnTake2011 (41) OnTake2011 (42) OnTake2011 (43)
跳ぶよう上がってきたのは…タッキー(パワースポーツOSJ代表)だ!ケタ違いの速度に
サスガと言えば「ウルトラ明けで登っているアナタたちの方がオカシイよ!(笑)」…ハイ、
主催者にお墨付きをいただいて私たちはリッパな「変態」チームだ…喜んでイイのか?
 
OnTake2011 (44) 2011OnTake2 (14) OnTake2011 (45) OnTake2011 (46)
森林限界を超えて富士見石で背後を振り返るが、今年は雲が多くて富士山は見えない、
昨年は道脇に大きく残っていた九合目付近の雪渓も、今年は溶けて離れて触れないナ。
一口水を啜って、王滝頂上へ向かう…急にガスが上がってきて風が強まり、防寒装着。
 
2011OnTake2 (15) 2011OnTake2 (16) 2011OnTake3 (5) OnTake2011 (47)
ガラッと雰囲気が変わる八丁ダルミを進めば…タッキーたちが駆け下りてきたゾ、早い。
 
OnTake2011 (48) 2011OnTake2 (18) 2011OnTake2 (19) 2011OnTake2 (20)
途中で何度も小憩談笑して(くみちゃんから貰ったドライパイナップル美味かった~)、
高度が上がる都度に自分たちが走った舞台を眼下に確かめ眺めて…そして念願の
「おんたけウルトラ」オマケ私的完走地点、剣ヶ峰山頂への階段をフィニッシュランだ。
 
OnTake2011 (49) OnTake2011 (50) 2011OnTake2 (22) 2011OnTake2 (23)
1年ぶりに立つ標高3067m剣ヶ峰山頂、視界は悪いけれど走友と極めて楽しさ倍増。
 
2011OnTake2 (24) 2011OnTake2 (25) 2011OnTake2 (26) 2011OnTake2 (28)
山頂直下のテラス、「帰山人さんタバコでしょ♪」ウムかおちんはヤッパリいい女だ(笑)。
復路の八丁ダルミで加波一族とすれ違いでしばし歓談、王滝山頂を経て下山を再開。
 
OnTake2011 (52) OnTake2011 (53) 2011OnTake3 (7) 2011OnTake2 (29)
下りの女王かおちんが目覚めて(?)Y氏とガンガン下り…速いよ、待ってくれ~(笑)。
昨日トレイルの後半はかおちんの、本日の復路はくみちゃんのペーサーになる私(笑)。
 
OnTake2011 (54) OnTake2011 (55) 2011OnTake2 (30) 2011OnTake2 (32)
何故か最後の1キロでくみちゃんが先行スパート、では私も…何故走る?バカだな(笑)、
往路約2時間、復路約1時間35分は1年前とほぼ同じペースだったが、完走者仲間と
過ごしながらの御嶽山登山は、コレはコレでまた格別の時間であるなぁ、と感じ終えた。
 
その後、木曽福島の蕎麦屋に行き昼食、3人を駅まで送って再会を願いつつ別れた。
真夏の狂宴の第2ステージ、騒がしくも楽しかった御嶽山登山、「王滝村騒登記」である。
 
 
 (※関連記事は「王滝村走道記」と「蕎麦に居るね7」参照)
 
コメント (8) /  トラックバック (0)

コメント

No title
nakagawa URL [2011年07月22日 09時00分]

「コーヒー」と「走る」で、「ディスカバー・ローカル・サイトシーイング」。もしかすると、日本の景気低迷を救うヒント。または「ノータイヤ・ミシュラン」?

No title
しんろく URL [2011年07月23日 00時33分] [編集]

帰山人さんのエネルギーを少し分けていただきたいです

to:nakagawaさん
帰山人 URL [2011年07月23日 01時13分]

トレイル大会のスタート地点である王滝村小中学校では、校歌の三番歌詞「一億トンの水湛(たた)う/御岳湖上の漣(さざなみ)は/国の栄えをこいねがう/われらが至情(まこと)のしるしなり…」が、いつの間にか歌われなくなったそうです。5~3年前には実質公債費比率ワーストで圧倒的No.1で「第二の夕張」必至と言われた王滝村、「お国なんてアテにしない」という破綻回避と再建策における村民のアバンギャルドな感覚が何となく好きです。ココに「日本の景気低迷を救うヒント」がある(?)のか分かりませんが、愛知用水の源流ダム湖を見る度に、在住愛知県民になった私は何かを叫びながら走りたくなるのです…「村の栄えをこいねがう」。

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年07月23日 01時30分]

イイトモ!さしあげますともっ!但し、このエネルギー注入には受ける側に条件があります…おバカになるコトです^^;

No title
nakagawa URL [2011年07月23日 07時54分]

死語化した「町おこし」をサステインドなものにする?ヒントと。荒川弘とともに、走るジャンセニスト?すいません、メチャクチャコメントで。まとまらないけど、何かあるような気がしまして。

to2:nakagawaさん
帰山人 URL [2011年07月23日 12時18分]

まぁね~、「村おこし」「町おこし」って部外の非在住者が安易に言っちゃうとまた、「表象は現実を写す」が間違った方に突っ走っていく気がするので、化けの皮がハガレンようにユックリ走るように心がけておりますデス、ハイ。

No title
ナカガワ URL [2011年07月23日 16時57分]

「村おこし」「町おこし」って部外の非在住者=来訪者、移動する人なしには、なかなかなしえないと思うのですが、置き去りの場合が多いような。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年07月23日 20時43分]

確かに…コレが復興支援とか生産国支援とかでも(主客が転倒することも含めて)置き去りが生じているかも…サステインドな関係ってのはどこでも難しい?あるいは想念がジャマになる?

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/366-f102db9d
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin