走のあとさき

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年04月17日 23時00分]
永井荷風は「つゆのあとさき」、大友克洋は「つやのあとさき」、鳥目散帰山人は…?
走だ、失われた長野マラソンの日にそのTシャツを着て走る「走(そう)のあとさき」だ!
5年前2006年に人生初のフルマラソンに挑戦したアノ大会、2008年2009年にも
参加したアノ大会…車で向かうはフルマラソン大会の会場つま恋…私は帰ってきた!
 
2011年4月17日
「『第6回 掛川・新茶マラソン』かってに応援走」
 
2011掛川新茶マラソン 2011掛川新茶マラソン (1) 2011掛川新茶マラソン (2) 2011掛川新茶マラソン (3)
入園して早くも賑わう会場を観まわると、参加する喫煙ランナーKさんに会い歓談。
フルのスタート時刻(9:30)の約1時間前、ゲートをくぐって独りスタート、園外へ。
 
2011掛川新茶マラソン (4) 2011掛川新茶マラソン (5) 2011掛川新茶マラソン (6) 2011掛川新茶マラソン (7)
スタッフも眠そうだがkm表示の看板も寝ているゾ(笑)。「今年の往路はトンネルを
通るの?」の問いにスタッフのオッチャン「あ?ん、だと思う」の誤答で余分に走る。
 
2011掛川新茶マラソン (8) 2011掛川新茶マラソン (9) 2011掛川新茶マラソン (10) 2011掛川新茶マラソン (11)
風弱く晴れ渡った空の下、田や茶畑の中をのんびり独り「かってに先行く応援走」、
9km表示通過の時「今、大会がスタートしたな」。広報車が来て「ガンバレ」(笑)。
 
2011掛川新茶マラソン (12) 2011掛川新茶マラソン (13) 2011掛川新茶マラソン (14) 2011掛川新茶マラソン (15)
10kmポイントを「コンチハ~」と通れば「今のところトップです」と返され周囲爆笑。
最初の目的地までは大会選手に先行したい、「ゆっくり急げ!」の応援幕に納得。
 
2011掛川新茶マラソン (16) 2011掛川新茶マラソン (17) 2011掛川新茶マラソン (18) 2011掛川新茶マラソン (19)
南下する大会コース前半は陽を前から浴びながら走る、気温も予想以上に高い、
私のように荷を背負っていない選手たちでも体力消耗は激しいか、と気遣い進む。
 
2011掛川新茶マラソン (20) 2011掛川新茶マラソン (21) 2011掛川新茶マラソン (22) 2011掛川新茶マラソン (23)
川面向こうにユックリ回る発電風車を眺めつつ18km過ぎ、最初の目的地である
大東総合運動場に到着、先行する応援走はココで終了。「チームリバティ」の方々
に挨拶して私設応援に「かってに合流」。…と、トップランナーが通過、さすが速い。
 
2011掛川新茶マラソン (24) 2011掛川新茶マラソン (25) 2011掛川新茶マラソン (26) 2011掛川新茶マラソン (27)
誰彼なく拍手と大声で応援していると、ま☆のさん登場、再会を喜び暫らく共走談、
走り戻れば今度は喫煙ランナーKさん登場、暫らく共走談、コレ結構疲れるナ(笑)。
 
2011掛川新茶マラソン (28) 2011掛川新茶マラソン (29) 2011掛川新茶マラソン (30) 2011掛川新茶マラソン (31)
5時間ペーサー集団も見送り、「チームリバティ」の撤収移動を機に「じゃ、またね」。
近くのサークルKで握り飯とスポドリを補給、再始動して最後尾で車に追われる歩き
選手に声援、その後は全く無人の往路コースを逆走LSD。両足裏の皮が広範囲に
傷んだらしくかなり痛い…がコレが大会ならば無視するだろう、の我慢ダラダラ走。
別道を北上してきた大会コースに35kmポイント過ぎで合流、緩い坂でも歩く選手が
多く脇をガンガン走るのは躊躇される、の言い訳で「かってに声援早歩き」に変更。
 
2011掛川新茶マラソン (32) 2011掛川新茶マラソン (33) 2011掛川新茶マラソン (34) 2011掛川新茶マラソン (35)
残り3kmポイントで再び「チームリバティ」私設応援団に合流、拍手声援の合間に
「あ~、ウマそうに煙草すってるぅ~」応援走2服目です。記念撮影後に別れ再始動。
 
2011掛川新茶マラソン (36) 2011掛川新茶マラソン (37) 2011掛川新茶マラソン (38) 2011掛川新茶マラソン (39)
歯をくいしばって走る選手には共に走って応援、足をひきずって歩く選手には共に
歩いて応援、つま恋に導く本日最後の応援「かってに走り歩き」でフィニッシュ(?)。
移動距離は約38K、移動時間は約4時間10分、大会選手の走りよりも先に走り、
大会選手の走りよりも後から追って走る「走(そう)のあとさき」、応援応援と言い
ながら自己満足で楽しんだなぁ、帰途SAで鰻サンドとイカ焼きを食べながら思った。
 
コメント (10) /  トラックバック (0)

コメント

ありがとーです。
ま☆の URL [2011年04月18日 09時27分]

いや、ひどい顔の写真だわ(^^;
まさか、居てくれるとは思わなかったので、もう本当に嬉しかったですよ。おかげで、楽しく走れました。

結果は3時間31分(^^;
途中で気を抜いていたので、3.5を切れず仕舞いでしたが・・・今回ほど楽しいレースは無かったです。ありがとうございました。

to:ま☆のさん
帰山人 URL [2011年04月18日 11時44分]

おぉ!私には縁の無い(走力が無い、と言え!笑)3.5の世界、サスガです。いやぁ、ま☆のさんの溌溂とした快走にコッチが応援もらった感じ…いい感じでレースを終えたようでヨカッタ!

No title
ちんきー URL [2011年04月18日 20時57分]

帰山人さん、ま☆のさん
お疲れさまでしたm(_ _)m
ま☆のさん3時間31分ですか!!
自分には「遠い遠い世界」・・・
その走力が欲しい!!って感じです。

帰山人さん、思った通り「何か行動」を起こしてましたね( ̄ー ̄)
自分の場合「恵那峡」の事すっかり忘れてました。
(取り合えず21kmは走っときましたが・・・)
しかし4月第3日曜日は大会が多いんですね。
来年は恵那峡やめて新茶マラソンに出場しようかな・・

No title
ジョージ URL [2011年04月19日 06時52分]

勝手に応援走、お疲れ様でした(笑)
ま☆のさんから「帰山人さんとも会えました」というメールがあった時、帰山人さんが出ていたのか?と勘違いしましたが、この投稿を見て「そりゃ知らん訳だw」
と納得しました(笑)
チームリバティの仲間と共に応援もして下さったそうで、有難う御座いました!
チームリバティに入会しちゃいますか?w

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年04月19日 12時16分]

そうそう、ま☆のさんにしろジョージさんにしろ
走力では圧倒的に格上の方々にタメで話している…
メチャクチャなのは案外と我々の方かもネ(笑)
 
>4月第3日曜日は大会が多いんですね。
「春季のロード走大会を関東以南の平野部で開催する」
ギリ限界時期だから、ちょっとお山のハーフ大会とも
重なっちゃうんだと思います。
「掛川」は毎年開催する都度に変わる不安定コース大会ですが、
茶畑と田園風景には恵まれた良い大会です。
アップダウンがあるところも、ちんきーさん好みかも(笑)

to:ジョージさん
帰山人 URL [2011年04月19日 12時23分]

あー、「知多ウルトラ」に向けて精進しているジョージさんの代わりに神出鬼没の怪走者が応援に加わってきました~。リバティ入会は畏れ多いけれど、気持ちは入会しちゃったかも(笑)

No title
しんろく URL [2011年04月20日 19時48分] [編集]

レースに出られたのかと思いました。
応援で38kmって、しかもバックパック背負っての時間なら、かなりいいペースではないですか
そのうち100kmレースの応援走とかされそうですね

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年04月20日 20時49分]

「100kmレースの応援走」って「応援走を100kmする」ってこと?そりゃスゴイけれどムリです(笑)…100kmはレースでも完走できる保証の足と体が無いもん!フルマラソンや50KトレランではDNFは経験してないけれど、それらとウルトラ100K以上級の難度は私にはケタ違いです。時間さえもらえれば24時間ず~っと走って過ごせるっていう方々は本当にスゴイとつくづく思う今日この頃…

今日は有難うございました^^
ジョージ URL [2011年04月24日 23時14分]

こんばんは
今日は長時間お付き合い頂き、本当に有難うございました。
今年は色々と改善されていて良い大会になっていた上に帰山人さんの登場で一生忘れられない(多分w)ウルトラデビューとなりました。
(今後ウルトラをやるかどうか知りませんがw)
最後に恥ずかしい写真を撮られましたが、
「100km走った後はこうなる」という事でお使いいただければと思います(笑)
本当に春日井100kmの投稿で帰山人さんがコメントして下さり、お会い出来た事に改めて感謝致します。
またどこかの大会で(出来れば島田でw)お会いできる事を楽しみにしております!
本日は本当に有難うございました!

to2:ジョージさん
帰山人 URL [2011年04月25日 12時34分]

ジョージさん、お礼を言いたいのは私の方です。
だって気まぐれ応援走に付き合ってくれたんだもの(笑)
そして何よりも楽しかったことは「ウルトラランナー誕生の瞬間」を見届けさせてもらえたコト。
最後(というより終わって)まで勝手を言えば、大会の運営改善とか出場仲間とかスタッフとか応援者とか、いろいろ要素はありますが、「ウルトラ走破」は走った人自身のモノですネ。その満足感と高揚感はジョージさん、アナタだけのものです!本当に本当に完走オメデトウ!

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/339-76107a08
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin