エクレール

ジャンル:グルメ / テーマ:スイーツ / カテゴリ:あ・論廻 [2011年04月07日 06時30分]
‘éclair’(エクレアorエクレール)に関して心魅かれている。洋菓子の一種である。
無性に食べたい…「金泉堂」のエクレール(『チョコレート戦争』)が好いのだが無理。
 
 「♪お菓子とオヤジ♪」
  ♪お菓子の好きな バカオヤジ 一人だけでも いそいそと
   角のコンビニ 「ボンジュール」
  ♪選る間も遅し エクレール 腰もかけずに むしゃむしゃと
   食べて口拭く バカオヤジ …
  (西條八十作詞・橋本國彦作曲「お菓子と娘」の詞に似ている?気のせいです…)
 
  eclair.jpg  eclair2.jpg
近場のコンビニで「俺のエクレア」と「Wクリームエクレア」(以上Sweets+)と
「とろとろ~り クリームたっぷりエクレア」(andeico)を購入し一気食い、質より量?
 
「お菓子と娘」の詞通りならば「角の菓子屋へ『ボンジュール』」となるところであるが、
先達て観賞した街角の菓子屋映画『洋菓子店コアンドル』は大ハズレだったワケで、
お菓子な映画は『エクレール お菓子放浪記』(今初夏公開予定)に期待するしかない…
 
西村滋氏の自伝的小説を原作とする映画『エクレール お菓子放浪記』は、メインの
ロケ地を石巻市・登米市・大崎市・富谷町・村田町として、宮城県を中心に東北や
北海道など各地の市民団体「応援する会」や企業によって製作が支えられてきた。
2011年2月22日仙台市内で完成披露試写会の後、同年3月10日には東京都内にて
試写会が行なわれた、その翌日にロケ地が地震と津波で被災するとは誰一人知らず…
3月26日に試写会が予定されていて本映画の舞台にもなっていた石巻市の映画館
(元は芝居小屋)「岡田劇場」は津波によって柱1本も残らず全壊し流されてしまった。
  岡田劇場  岡田劇場 (1)
 
東日本大震災の影響は映画界にも及び、津波やら地震やらが絡んでいるというだけで、
「ヒア アフター」(Hereafter)は上映が打ち切られ、「唐山大地震 -想い続けた32年-」
(唐山大地震)は公開が延期された。映画の存在意義を自ずから否定する愚劣極まりない
蛮行である、と私は思っている。映画『エクレール お菓子放浪記』でもチャリティー
上映会が企画されているようであり、私はそれ自体を否定する意図は無いが、より多く
の映画館で通常に上映されることを望んでいる。観てこそ映画、作品は作品として
充分に楽しんだ後、エンドロールに並ぶ製作関係者やエキストラの中に既に物故者も
いることを想いながら、エクレールをムシャムシャと噛みしめて食べよう、と予定する。
 
コメント (12) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ねこや URL [2011年04月07日 20時22分] [編集]

エクレアといえばヒロタですね~w
関西人だけかもしれないですけど^^
ちなみに今月末エントリーしてた日吉ダムマラソンが
中止となりました・・・
腹立つからコンビニ行ってスイーツ買ってきます(--)

to:ねこやさん
帰山人 URL [2011年04月08日 00時00分]

そう、「静岡人~愛知人」の私からでもヒロタ=関西ですね。
創業者は千葉県出身だし、経営破綻以降は関東軸が強いけど^^;
ヒロタ=直営店っていうイメージから逃れられない私には、
ビアード・パパとコラボ商品を出すヒロタなんてっ!(怒)
 
日吉ダムマラソン中止…残念!ヤケ食い同意です…
で、美方の「残酷マラソン」でカロリー消費ってのはいかが(笑)

No title
珈子 URL [2011年04月08日 16時17分] [編集]

そうなんですか~!映画の話も知りませんでしたが、その一連の流れのなかでの震災なんて誰も予想だにしないですよね~!びっくりします。現実もすさまじいです。
日ごろシュー生地はなぜ膨らみ空洞ができるか・・を話したりしていますので映画も気になります。

全然お話は違いますが、この頃東ティモールやタイを焙煎したのですが、同じアジアでもインドネシアとはずいぶん違う物ですね。豆の種類も精製も違うのでしょうけど、アジアとひとくくりにしていて、あれっ!と思いました。

to:珈子さん
帰山人 URL [2011年04月08日 17時28分]

体積が千数百倍になる水(液体)から水蒸気(気体)への相変化…
これが膨らむ原理の全てだということさえわかれば、ほとんど失敗しませんよね。つまり最初に用意する沸騰水の量と温度で勝負は8割方決している…こーゆーコツの科学を教えないから「シューは難しい」とか思っちゃう人が多いようです…ヤレヤレ^^;;
 
>…同じアジアでもインドネシアとはずいぶん違う物ですね。
確かに栽培品種や栽培環境(気候・土壌)の違いで「アジア系」と一括りにはできない差がありますねぇ。但し(私見ですが…)、インドネシア・アラビカのインドネシアっぽさという特徴も、元来はGiling Basah≒wet hulling≒スマトラ式精製によるところが大きいと思っていますから、近年増加している「美しき」見面(?)の(真のスマトラ式精製でない)インドネシア豆では、東南アジア圏(場合によっては中国・インドなども含む)の豆に近いなぁと思うこともあります。ま、コーヒーの地域的特徴なんて実際の栽培流通上では数十年もかからずコロコロ変化しますしね。ある一定の基準で特徴を括ることは意外と難しい課題です…

懐かしい!
チッチョ URL [2011年04月09日 00時31分] [編集]

はじめまして。
お菓子放浪記、昔テレビドラマで観ました。それ以来、エクレアを見る度にこの歌を思い出します。再放送してほしいけど絶対無理wって諦めてましたから、映画になるなんて想像もしてませんでした。嬉しいですけれど・・・地震、辛いですね。
観に行きます!そして、エクレアを余韻に浸りながらむしゃむしゃ食べます。記事にして下さってありがとうございます。

to:チッチョさん
帰山人 URL [2011年04月09日 19時15分]

チッチョさん、こんにちは、ようこそようこそ。
TVドラマ…「木下恵介・人間の歌シリーズ」終盤のヤツですね。私は当時も今に至るまでも見てないんですよ。そのくせ、脚本家から想像するに、昔のTVの方が映画っぽくって、今度の映画はドラマっぽいんじゃないか、と邪推しています。もっと余計なことを言うと、幼子を残して自殺した女(金子テル)の詩を差し替えCMに流すよりも、彼女の才を見出した西條八十、この「お菓子と娘」でも流して映画CMと兼用した方がマシじゃないか…などと思っています^^;;

No title
ナカガワ URL [2011年04月09日 21時09分]

昔昔「看護婦のオヤジがんばる」という映画がありました。原作者は青森の方、最近健在なのを知りました。あの映画の「がんばる」は理解できるのです。「お菓子放浪記」と同時上映を希望します。看護婦のオヤジにしてお菓子に顔を突っ込んで死にたいといつも思っている菓子好き人間としては。

to:ナカガワさん
帰山人 URL [2011年04月11日 00時18分]

そうかぁ~、青森県の版画家は棟方志功だけじゃなかったんだ…この映画も原作者も初めて知りました。藤田さんのような版画家も、奥方のような看護婦も、外崎令子さんのような農家のオバチャンにして写真家(『ふり返れば懐かし』の装丁は藤田さん)も、地方の街にはフツーにマトモな人たちがいるんですなぁ。そこに金泉堂(架空だけど…)のようなフツーにマトモな菓子屋もあればイイ、あ、喫茶店もネ。…わけのわからんB級グルメの産品を無理やり町おこしにするよりも、「フツーにマトモな」ご当地人やそれをとりあげた表現作品を記憶していくことの方が優先するべきじゃないか、「がんばれ東北」で「復興」してほしいのはソコだと思える。そーゆー意味で「同時上映」は大いに賛成です。

ども
庭ガール URL [2011年04月11日 16時05分] [編集]

こんにちわ
よく、喫茶店にはいる夫婦です。
福岡ではのだ珈琲が有名??
そこにある珈琲関連の雑誌にUCC珈琲の通信教育が載っていました。珈琲の入れ方講座ですね。習ってしまおうかと思ったのは、
帰山人さんのブログタイトルの影響だと思います。^^

100ウォーク完歩レポができました。
まだ7割程度の仕上がりですが、一旦UPします。
暇なときでよいのでみてほしいです。
よろしくお願いします。
http://ameblo.jp/courreges99/theme-10035026804.html

to:庭ガールさん
帰山人 URL [2011年04月11日 23時45分]

夫婦で喫茶店…ウチはいったコトが(そう言えば)無い!(笑)
福岡ならば「珈琲舎のだ」を挙げる方は多いでしょうね。これが「美美」だとマニア度が高い感じ、「ブラジレイロ」だとレトロ度が凄い感じ、「ばんぢろ」(今はありません)だと挙げる本人がレトロ…ってところですかね。
私はコーヒーの教室や講座(通信も含めて)に通ったことがないし、多々ある資格も取得していないんですよ…ってか私がコーヒーに興味を持ち始めた頃にはそんな環境は無かったので…そして今となっては(僭越ですが)講師の先生方を困らせる存在になってしまったので…
もしもコーヒーをお金払って学ぶのであればJ.C.Q.A.「コーヒーインストラクター」を推しておきます。正しい知識を体系的に学べば美味しい「淹れ方」は自分で理解できるものです。所作だけ真似させるような「淹れ方」講座はオススメできません。
 
完歩レポを拝見…何か庭ガールさんの「ウォークに関わる全て」曝しているような充実ぶりですね(スゴイ!)、こういうレポは私には書けない(マイリマシタ)。

ども
庭ガール URL [2011年04月12日 17時18分] [編集]

「J.C.Q.A.」了解!

珈琲の通信講座が気になったのは
私が過去、資格マニアだったからでーす。

完歩レポート読んでくださりありがとうゴザイマス。
うれしいです。     ではまた。

to2:庭ガールさん
帰山人 URL [2011年04月12日 23時29分]

資格マニア…では私の過去記事
http://kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-277.html
でもご覧いただいてから選択されてもよろしいかと…
但し、取得の気が失せても私は責任を持ちませんが(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/335-dc14faf5
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin