新城トレイル励走

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年03月14日 06時30分]
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震などによる東日本大震災の影響で「名古屋国際女子マラソン」が中止となり、2連覇がかかっていた加納由理氏(セカンドウィンドAC)は急遽にチーム主催「SWACランニング教室in名古屋」に参加した。 同じく東日本大震災の影響により「OSJ新城トレイルレース」大会が開催中止となり、3年連続32K出場&完走がかかっていた鳥目散帰山人(ちゃんちRC/マダムリ族)は震災報道への物見高さを心労と偽る世間の目を憚らず、急遽に自主開催を強行した。
新城励走(0)
 
2011年3月13日
「オレは進むんじゃ(OSJ)新城トレイル励走(レース)」
 
2011新城励走 (1) 2011新城励走
マダムリ族走友であるちんきーさんを誘い伴い、車で晴天下の「愛知県民の森」へ。ゲート解体中の運営スタッフ配慮により何と一旦外した大会幕を拡げていただき、大会中止は無念でも豪華な「幻のスタート!」記念撮影。「じゃ帰ろうか」を冗談に、まずは大会コース通りに園地中央の林道をジョグで進む。不動滝下の水が美しい。
 
2011新城励走 (2) 2011新城励走 (3) 2011新城励走 (4) 2011新城励走 (5)
あ、シュートン沢の下まで来ちゃったの失敗は談笑ジョグの弱点、大会渋滞の無い(当たり前だ)急登ポイントまで戻り、喋って上りヒイヒイ下りコワゴワの序盤だ。昨年1月は間違えて赤木沢に降りた、今年は…「あ~コレ中尾根だ」また折れ間違え、ちんきーさんゴメンで分岐まで戻り、不動沢・木和田林道と下って風穴を紹介する。コースアウトしてAキャンプ場でトイレ&喫煙一服休憩。再始動でシャクナゲ尾根から独特の岩場アップダウンが織り交ざる東尾根を進む、キツイ怖い面白いぞぉ。
 
2011新城励走 (6) 2011新城励走 (7) 2011新城励走 (8) 2011新城励走 (9)
東尾根展望台に到着、宇連山を背にしてベビースターカレーうどん味をボリボリ。北尾根に入るがここまで出会ったハイカー数組ランナー無し…人が少ないご時勢?シュートン沢の激下りはちんきーさん上手だ待ってくれ~、林道の緩い上りでは私に分がある付いて来いっ、で大会案内が哀しく残る?亀石の滝関門ポイント。滝自体をゆるりと観賞、これも制限の無い自主開催の強み?いえ、滝沢の急登へ進みたくないだけ(笑)。案の定クランプの予兆でヤバイとノロノロ登っていると、女性走者が背後からポンポン上がってきた。抜かれざまに聞けば11K・32KのW出場が流れてそれ以上の距離を自主トレラン中…走力が違いすぎる、ノロノロ。尾根まで上がって小休止、ちんきーさんと握飯対HONEY STINGER バーの交換、クランプが始まると先々度々停止をちんきーさんに予告…煙草吸いながら言うか!口数もちんきーさんに負ける巻き道走り、北尾根はほぼ無言でヘロヘロの登りだ。
 
2011新城励走 (10) 2011新城励走 (11) 2011新城励走 (12)
宇連山分岐で休憩していると山側から32K6時間クラスの男性ランナー登場、曰く「新城はキタタンより苛酷と思う」…ゲゲッ私は無謀な挑戦をしてたワケ?(笑) 談議でクランプ第1波が引いて再始動、元気と口数復活で宇連山へガシガシ登る。山頂到着、看板が…外れている!じゃ掲げて撮っちゃえ。えー疲労と時間を鑑みて、「32Kコース-(引く)棚山高原周回」大会にすることを勝手に決定、いい加減だ!
 
2011新城励走 (13) 2011新城励走 (14)
宇連山分岐までオヤバナ走、その先西尾根を進むにつれてフィニッシュの予兆で元気付くちんきーさん、再びクランプの予兆で気力が萎える私。件の女性ランナー再びポンポン走ってきて「もう少しですよ~」、「知ってますがクランプ停止」の私。それでも思ったより体は動く、南尾根展望台の遠望も眼下も元気の素は毎度だ。ここを過ぎれば大会のゴールアナウンス…今日は聞こえぬがイメージで頑張るゾ。
 
2011新城励走 (15)
尾根からラストの山下り、キャンプ場の舗装路に飛び出れば走行は終了。実際は何も無いがフィニッシュゲートを思い描いて走る…開催を中止した大会関係者、走れなかった者々、義弟の身内・友人をはじめ震災に見舞われた人々…前年大会で示したフィニッシュポーズで数秒…これが真に心労する方々への私なりの励走だ!
 
約7時間13分(休憩除く)の「オレは進むんじゃ(OSJ)新城トレイル励走(レース)」、帰途もちんきーさんと「オヤジたちは喋るんじゃ(OSJ)新城トレイル」が続いていた。
 
【2011年3月17日 追記】
 
2011新城励走(追)
大会日の事後2011年3月15日付でOSJ(パワースポーツ)のWebサイトに「2011 OSJ新城トレイルレース開催中止についてのご案内」が掲げられた。参加費の返金無しはイタイがやはり大会開催が中止されたことの方がイタイ。
 
東北地方太平洋沖地震(本震)から1週間近くが経過し尚に震災禍は拡大の途、各地で今後予定されていたマラソンやトレランの大会開催の中止・延期が続く。OSJトレラン大会も奥久慈トレイル50Kまで開催延期が決定されたようだ。私のフルマラソンベストタイム大会(2009年)なぞ、翌2010年は強風で今2011年は震災で2年連続中止になっている(いずれも未エントリーだが)。
 
先々の大会中止で無念の歔欷(きょき)となる数多の走者と比べれば、震災直後のOSJ新城中止は後の他日に「当然」と評されるに違いない。したがって心残りは今後で晴らす以外にない、そう自分を承服させる。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ねこや URL [2011年03月14日 21時47分] [編集]

自主開催、立派です!!そうこなくっちゃ!
こんな時に平穏に過ごしてる人までへなちょこになってたらあきませんよね~
それに今回すごく思ったんですけど、長距離走ったり山歩きしてたら
多少交通機関がマヒしても自力で帰ろうという気になるんじゃないかと。。。
私も地震のあった金曜日、後ろめたさを感じつつも後輩の送別会に参加したのですが、
交通機関がストップしたり停電しても大丈夫なようにヘッドライト持参しましたw

No title
ちんきー URL [2011年03月14日 23時30分]

「オレは進むんじゃ(OSJ)新城トレイル励走(レース)」お疲れさまでしたm(_ _)m
本番レースとは違った意味の「充実した1日」で楽しめました(楽しめたは不謹慎???)

今回「棚山」は未走なので次回こそ「フル32k」を行きたいです。

また近いうちに(出来れは暑くなる前に)「オレは進むんじゃ新城トレイル練習走」に行きましょう!
(次回はマイカー出します)


to:ねこやさん
帰山人 URL [2011年03月15日 00時43分]

ねこやさん、ありがとう。お褒めいただき光栄です^^
「自力で帰ろう」「ヘッドライト持参」…その姿勢の方が立派です!
いや私もそう思うことはあるんですよ(特に走力が伸びた時は)、でも
だんだん解ってきたのは、長距離ランナーって練習走や大会走以外は
意外とヘタレた根性の人も多い…歩くのイヤ階段イヤ荷物イヤだ(笑)
ランナーもハイカーものめり込むとその行為を重んずるあまりに、
どうも日常とはかけ離れたところに位置づけたくなるようで…
気持ちはわかるけれど、それもいき過ぎると気持ち悪いワガママ。
ねこやさんのように実生活の中に置く感覚、そうこなくっちゃ!

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年03月15日 00時56分]

>今回「棚山」は未走なので…
うぅスイマセン、その点は走力気力共に不足していた私が悪いorz
やはり私にとって「新城32K級」はまさに乾坤一擲の挑戦なので、
いつでもお気楽に遊び走りできるモノではなさそうです…
次回の自主開催OSJでは、途中で私を置いていってくだされ~^^;
それにしても、ちんきーさんの持久走力の向上には脱帽です。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/328-733df1be
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin