走れシングルトラック

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年03月06日 23時00分]
トレイルランニングに初めて挑んだ2008年、初めて購入したトレランシューズは
モントレイルmontrail社のコンチネンタルディバイドContinental Devide、
常に踵部に衝撃を受ける足裏全着地ドタドタ走法の鈍足初心者である私には
ピッタリあつらえ向きの靴、以後に同モデルを追加購入、遊び走りから大会走まで
全てをこの2足に頼ってきたが、さすがに摩滅消耗が進んで限界が近づいてきた?
で、先日新靴を入手したが物惜しみして履き下ろさないまま新たな大会走が迫る、
こりゃ履き慣らしに行かねば…2011年3月6日じゃあ毎度の弥勒山周辺へ…
 
 S-Track走 (2)  S-Track走 (5)
いつものグリーンピア春日井(都市緑化植物園)から出発し、みろくの森を進む。
尾根上で東海自然歩道に合流すれば弥勒山は至近、おや意外と速く来れたゾ。
予想以上に新靴のフィット感高く違和感少ないが、足の踵と甲が痛いは走前から。
無理禁物を理由に早くも休憩(喫煙・ジェル摂取)、再始動で大谷山・道樹山を経て、
桧峠を越え下ったところで折り返し。さすが新靴、接地の「掴み」が良いので
気持ちにも安心感?、特に緩やかな勾配のシングルトラック気持ちイイぞぉ!
 
 S-Track走 (3)  S-Track走 (4)
来た道を戻って道樹山を過ぎると…ん?対面接近するランナーはちんきーさん!
前日も落合公園周回走で偶然出会って一緒にLSDしたが、訊けば今から細野へ
降りて弥勒へ戻るところと…ではお供します、で連日の走友2人オヤジ共走(笑)。
こうなれば毎々の如く、走るより喋る喋るの時事走談に多事走論、楽しいぞぉ!
登り返して道樹山・大谷山、弥勒山で休憩、みろくの森も喋り進み、起点で解散。
 
 S-Track走  S-Track走 (1)
ノースフェイスTHE NORTH FACE社のNF70010 シングルトラックSingle-Track、
新靴を履き慣らす3時間走(撮影と喋り歩き含む、休憩除く)、普段と変わらぬ
森のシングルトラックも新靴シングルトラックと走友との走談で爽快感は倍増?
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2011年03月06日 23時30分]

昨日今日と共走して頂きありがとうございました。
来週の「新城」に向けていい練習が出来た上に実走した人しか判らないいろいろなアドバイスを貰ってラッキーでした。
来週もよろしくお願いしますm(_ _)m
(ちなみに今日も夕食後爆睡・・・結局自身のブログアップできず(_ _|||) )

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年03月07日 12時28分]

>実走した人しか判らないいろいろなアドバイス…
いや、正確にはマジ制限ギリギリのほとんどスイーパー走体験者のアドバイスですがね、しかも2年連続進歩が無い(笑)
ちんきーさんのここのところの持久力向上には感服しています。
「新城ロング」では、私を置いてサッサとフィニッシュして!

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/326-e8d862fd
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin