南南東に進路を取れ

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2011年01月30日 23時00分]
2011年1月30日正午を過ぎ、大阪城内堀を通過しない新コースを説明している大阪国際女子マラソンのTV中継を横目で見ながら支度し、遊び走りに出発する。
 
 恵方run 恵方run (1) 恵方run (2)
自宅から南進して花長橋手前辺りで「ふれあい緑道」に入り八田川沿い走り久しぶり。合流した庄内川を水分橋で越え、矢田川を三階橋で越え、「御用水跡街園」は走快だ。
 
 恵方run (3) 恵方run (4) 恵方run (5)
名古屋城の天守を見上げながら名城公園の噴水角から内堀沿いに周り走って正門着。城内には入らず至近の中日新聞本社前へ、ゼッケンランナーと応援の群集をすり抜けアーチをくぐりフィニッシュ…って違う! こりゃ終了直後の「名岐駅伝競走大会」だ。約1時間10分経過、目標地点ではあるが通過目標なので、そのまま走り進むゾ。
 
 恵方run (6) 恵方run (7) 恵方run (9)
リバーパークからセントラルブリッジを越えテレビ塔下を南進の久屋大通公園縦走。休日の人出の中を駆けるオヤジ走者、エンゼル広場に来ると…愛知華僑総会が催す「春節祭」に出くわした。これは寄らねば! ステージの中国歌を聴き出店を巡り回る。
 
 恵方run (8) 恵方run (10) 恵方run (11)
ミノ・ハチノス・センマイがたっぷり入った羊肉スープ、香菜と辣油も効いていて冷えた体にピッタリでウメ~の大休憩。煙草も一服して再始動、新堀川沿道を経て鶴舞公園をかすめて空港線から国道1号へ歩道を走り進む。JR笠寺駅前から東へ1km弱、笠寺商店街の西門前看板アーチを駆け抜け、本来の目標地点フィニッシュ!
 
 恵方run (14) 恵方run (12) 恵方run (13)
真言宗智山派「天林山 笠覆寺」、この通称「笠寺観音」が2011年は尾張の恵方らしい。十干が辛(かのと)年は二十四山の丙(ひのえ)が吉方(恵方)、尾張名古屋城を中心に地域の四方に位置する寺を恵方の尾張四観音と称しているが、実際は一つもマトモな恵方に位置する寺は無い(笠寺はまだマシで甚目寺は最もヒドイ)。さらにマトモな恵方を「恵方巻き」売らんかなのバカ共連中が「南南東」とか言い換えてズラしている、これならば無信心の私が時期を外して思いつき「恵方ラン」をしても無礼ではあるまい。名古屋城を経て笠寺観音まで遊び走って来た理由はコレ、累計約2時間25分で到着。節分の直前日曜日とはいえ陽も傾きはじめた寒い日の午後、境内は人影まばらだ。
 
 恵方run (15) 恵方run (16)
さらに至近の「名古屋市見晴台考古資料館」に足を延ばして「新出土品情報展」を観る。館外に出て煙草くわえたまま笠寺観音を眼下に見晴らす…寒い! 手足の感覚が無い! 再び笠寺観音境内から商店街を抜けてJR駅までジョギング、電車で帰途についた。市街や名所旧跡を訪ねる走りは面白いと改めて感じた「南南東に進路を取れ」ランだ。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2011年02月04日 20時01分]

いや~、楽しまれてますね族長!
>市街や名所旧跡を訪ねる走りは面白いと・・
自分なんかどうしても「ランニングはストイックに走る」という考え方に固まっちゃっています。
もう少し頭柔らかで「走る」をトータル的な「楽しみ」として捉えれたら良いなと常々思っています。
 
次回開催の折には是非ご一緒させてくださいm(_ _)m

No title
しんろく URL [2011年02月04日 23時28分] [編集]

笠寺までって、結構ありますよね
ラン時間から見て20キロ位ですか

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2011年02月05日 10時30分]

おんたけウルトラを完走した後で、「あ~支度して根性だせば自宅から木曽福島あたりまで走っていけるなぁ」と思うようになりました。その感覚で捉えると遊び走りはなかなか気楽なもんで好いですよ。

to:しんろくさん
帰山人 URL [2011年02月05日 10時39分]

そうですね~Webのイイカゲン地点測定で約21Kでしたから、堀周りや脇道走りで実走距離は23K強位かと…寄り道無しで往復すると「ほぼフル」ってところですね。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/313-5c6d60b4
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin