アウォード2010発表!

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2010年12月27日 06時00分]
「CLCJ Award 2010」 並びに 「CCAJ Award 2010」 を発表する。
 
 
CLCJ Award 2010(日本珈琲狂会アウォード2010)発表!
 
 「ヴェルジ賞」(Verde Award):『ネスカフェ 香味焙煎』 (ネスレ日本株式会社)
 
 授賞理由:ネスレ日本は、リニューアルした「ネスカフェ香味焙煎」を、「もはや
  インスタントコーヒーではない新しいレギュラーソリュブルコーヒー」と称し、
  2010年6月8日発表、2010年9月1日より日本国内にて発売した。
  本商品で導入された「挽き豆包み製法」は、微粉砕したコーヒー豆をフリーズ
  ドライ法によるインスタントコーヒーの中に混ぜたもので、着想が先行発売
  (USA2009年9月/日本2010年4月)されていたスターバックスの
  「VIA」(ヴィア)と酷似しており、進取の気概が全く感じられない製品である。
  この新「ネスカフェ香味焙煎」は、「VIA」と同様にレギュラーコーヒーを模した
  ‘sediment’(澱=おり)を特徴とするが、旧シリーズよりも香味が落ちた上に
  飲用中にザラツキ感があるなど、評判も芳しくなく愛好者の一部を落胆させた。
  独自性・革新性・企画力・市場性のいずれも低く評価され、ヴェルジに値する。
  (※「帰山人の珈琲漫考」珈琲の記:2010「引いて真似て被せる」参照)
 
 
CCAJ Award 2010(日本コモディティコーヒー協会アウォード2010)発表!
 
 「CCAJ賞」(CCAJ Award):『コーヒー栽培の基本 アラビカ編』DVD (川島良彰)
 
 授賞理由:今や「コーヒーハンター」として著名な川島良彰氏が監修したDVDで、
  2010年10月より発売された。コーヒーの栽培と精製の工程を解説した
  動画による映像普及商品は、日本初の試みであり、「これだけは知っておきたい
  基本的なことをわかりやすく凝縮して収録し」、「全てのコーヒーラバーズに
  お届けする」という意図を具現化した手法は、コーヒー世界の新しい楽しさを
  伝えている。川島氏が主導する「ミ・カフェート」(=「グランクリュカフェ」)や
  「日本サステイナブルコーヒー協会」などの活動とは別種のジャンルに挑戦し、
  その内容の完成度と企画力は高く評価され、真のコモディティーコーヒーにも
  新たな可能性の拡がりを感じさせるところ、CCAJ賞に値するものである。
  (※「帰山人の珈琲漫考」珈琲の記:2010「奥が深い」参照)
 
 
上記のアウォードは、日本珈琲狂会(Coffee Lunatic Club of Japan:CLCJ)と、
日本コモディティコーヒー協会(Commodity Coffee Association of Japan:CCAJ)と
による2010年(選考対象期間:2009年12月1日~2010年11月30日)の
コーヒーに関連する全ての事象を対象に、可能性や成果を透徹した批評精神をもって
認めたものを選び、授賞とした。このアウォード創設に関しては、ブログ「帰山人の
珈琲漫考」内での記事コメント討議から発したものであるが、この度は試行版として
CLCJ主宰並びにCCAJ創設者である鳥目散帰山人の独断にて発表したものである。
 
多くの方々の発案を捨て置き、また開かれた選考にならなかったことをお詫びする
と共に、今回の選定や今後のアウォードのあり方に改めて意見や助言を求めたい。
手盛り勝手ではあるが、「ヴェルジ賞」の受賞者には哀哭の罵声を、「CCAJ賞」の
受賞者には賞賛の拍手を贈らせていただく(現時点では何らの賞品も用意は無い)。
 
コメント (7) /  トラックバック (0)

コメント

No title
浅野嘉之 URL [2010年12月31日 10時19分]

本年はいろいろお世話になりました
いろいろなメールでのやりとり
けっこう励みになり楽しかったです
来年も宜しくお願いいたします

No title
珈子 URL [2010年12月31日 10時50分] [編集]

ブログ内容のコメントでなくごめんなさい。

手焙煎のその後

ご報告が遅れました。
おかげさまでついに8割方満足できるようになったようです。
飲みましたが、いがらっぽいコーヒーからまあまあ(エラそうに・・・)飲める珈琲になりました。ご本人はもうニッコニコです。
大きな壁を超えました。
心から感謝申します。

来年も記事を楽しみにしています。
帰山人さんのように走ることはできませんが、ハイキングで歩こうかと思います。
最近はコーヒー以外に興味がなくてあまり動きませんので・・・。
来年もよろしくご指導くださいませ。

No title
ちんきー URL [2010年12月31日 22時43分]

カテずれスイマセン。
今年1年本当にありがとうございました。
来年も今年と同様よろしくお願いしますm(_ _)m
それでは良いお年を!!

to:浅野嘉之さん
帰山人 URL [2011年01月01日 19時46分]

こちらこそ浅野さんBlogも含めてやりとり楽しかったです。
2011年には、お店にうかがう日をうかがいます。

to:珈子さん
帰山人 URL [2011年01月01日 19時58分]

壁超えはヨカッタですね。でも、私は何の具体論も伝えてません
から、感謝と言われても(笑) 毎度言い過ぎて申し訳ありません。
 
ハイキング、好いですね。コーヒーの世界も拡げていけば全分野
全世界につながります。だから、歩いて珈琲走って珈琲もアリかも…

No title
cocu-coffee URL [2011年01月05日 12時47分]

今年もよろしくお願いします。
「コーヒー栽培の基本」をようやく見ることができました。豆屋のくせに自分が扱っている商品がどのようして作られるか、その過程も知らずに売っていて恥ずかしい限りです。いい勉強になりました。

to:cocu-coffeeさん
帰山人 URL [2011年01月05日 17時38分]

VIAは最後まで「ヴェルジ」(アンライプチェリー)候補だったのですが、
日本上陸が2010年だっただけで、発売は2009年だったので除外して、
それをさらにパクった方にしました(怒って受賞してくれんかな?)。
 
栽培・精製の手順は頭でボンヤリと承知しているつもりでも、
実際に目で見ると…「百聞は一見にしかず」DVDですよネ。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/301-2b0b84e0
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin