ヤマトを責めないで

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2010年12月03日 06時00分]
無闇に広がるヤマト宇宙。脆弱な矛盾に満ちた世界。
死んでいく人(西崎)もいれば、生まれてくる映画(実写版)もある。
そうだ、ヤマトは生きているのだ。
キムタクの古代を含む実写版もまた愚昧に満ち溢れているのだ。
そして我々のヤマトは、今、その最期の終末の時を迎えようとしていた…
 実写版を責めないで 実写版を責めないで2

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』 観賞後記
 
狂ったスターシステム(?)で撮られた『SPACE BATTLER キムタク』というべき作品に、
「暗闇の中の僅かな光」を期待した私がバカだった。キャスト全てが出演歴に恥、例えば
黒木メイサとか黒木メイサとか黒木メイサとか…往年の名セリフを実写版で聞くという
「わたし、必然性があれば観ます」と観てみたところ、「必然性だらけです。むしろ必然性
しかない、と言っていい!」というドタバタ劇…総員、キムタクと一緒に特攻爆死を命ず。
 
オンナ(脚本:佐藤嗣麻子)を責めても仕方がない、観るべきはソコじゃなかったな、
ダンナ(監督:山崎貴)の「可能性を本物の希望に」…変えられん!何じゃコリャ?
VFXの技術面を云々する必要もないほど、SF設定がヒドイ。宇宙戦艦ヤマトシリーズを
パクった物語ともいわれる『インディペンデンス・デイ』を設定でパクリ返してどーする!
シーン毎に、『スター・ウォーズ』と『スタートレック』と『スターシップ・トゥルーパーズ』
と『アルマゲドン』に差し替えて編集し上映したとしよう…誰も気がつかない確信がある。
日本映画VFXの「僅かな可能性を本物の光に変えよう」というに遠い独創性の欠如、最悪。
 
ヤマトだからこうなったのか?ヤマトでもこうなるのか?私にとって救いは伊武雅刀だけ、
できればエンドロールの後に彼の声で加えたかった、「ヤマトか…何もかも懐かしい…」


 ♪「ヤマト(実写版)を責めないで」
 
   私はヤマトが嫌いです
   ヤマトは幼稚で科学知らずでパクリ屋で
   前向きな姿勢と トンデモばかり 話変わりと カタルシスでできている
   甘やかすとつけあがり 放ったらかすと悪ノリする
   タクヤだ メイサだ ツトムだと はっきり顔を映して人に媚びる無神経さ
   私ははっきりいっで絶望です
 
   古代のそぶりも見せない 傑作のかけらもない
   原作の深みも 渋みも 何にも持っていない
   そのくせ 上から見下ろすようなあの態度
   火事の時は足でまとい バトルの時は悩みの種 いつも一家の問題児
   そんなお荷物みたいな そんな第3艦橋みたいな そんなヤマトが嫌いだ
 
   私は思うのです 作品の中からスターがひとりもいなくなってくれたらと
   アニメだけのシリーズならどんなによいことでしょう
   私は西崎が生きてないでよかったと胸をなで下ろしています
 
   私はヤマトが嫌いだ ウン!
   ヤマトが世の中のために何かしてくれたことがあるでしょうか
   いいえ ヤマトは常に私達オヤジの足を引っぱるだけです
   身勝手で 演技が臭い
   ハドウホウ コスモゼロ ブラックタイガー 
   ワープ ユウセイバクダン アナライザー ホウシャノウジョキョソウチ
   好きなものしか出したがらない 嫌いな物にはフタをする
   死ねばすむと思っている所がズルイ 何でも勝つヤマトも嫌いだ
 
   スクスクと制作費ばかり高くなり 続編もなくブラブラしやがって
   追い足が速く いつも弱いものを救う
   あの世間体を気にする演技がいやだ
   あの計算高い涙欲しそうな演技がいやだ 演技が不愉快だ
   何がわずかな光だ 何が可能性だ 何が星目がちな つぶらな瞳だ
 
   そんなヤマトのために 私達オヤジは 何もする必要はありませんよ
   第一私達オヤジがそうやったところで 少しでもお礼を言うスターがいますか
   これだけスターがいながらひとりとして 感謝するスターなんていないでしょう
   だったらいいじゃないですか それならそれで けっこうだ
   ありがとう ネ 私達オヤジだけで 刹那的に観ましょう ネ
 
   ヤマトはきらいだ ヤマトは大嫌いだ 離せ 俺はオヤジだぞ
   誰が何といおうと私はヤマトが嫌いだ 私は本当にヤマトが嫌いだ~~~
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年12月03日 22時04分]

帰山人さん「ヤマト」観に行っちゃったんですか・・・
自分は「キム」が主演と聞いた時点で「???」
黒木メイサが森雪と聞いた時点で「終~了~!」となりましたm(_ _)m

何か「少年時代の大切なもの」を汚された感じでやるせないです・・・・

でももし「SBSヤマト」の興行収益が良かったら、数年後「ManeuverWarriorガンダム」とかが制作されたりして・・・
(アムロは当然ジャニ系で決まり)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年12月04日 00時03分]

観にいっちゃったんですよぉ~(笑)
で、ジャニタレのアムロでガンダム実写版ですとぉ~?
うーん、実写化されれば多かれ少なかれ「大切なモノ汚された感」
はあるでしょうから、キャストは諦めますヨどうでも(ヤケだ)。
でも、宇宙アニメは宇宙モノらしく、SFアニメはSFモノらしく、
ここをハズしている今「ヤマト」のような「ガンダム」だけは、
「やらせはせんっ!やらせはせんぞぉおっ!」byドズル・ザビ(笑)

やっぱアニメのガンダムが一番でしょ。
落合博満 URL [2010年12月05日 00時56分] [編集]

ヤマトのネガキャン乙

to:落合博満(?)さん
帰山人 URL [2010年12月05日 16時26分]

まぁ、ガンダムにしても私には「何もかも懐かしい…」程度ですが…

No title
ナカカワ URL [2010年12月08日 00時21分]

お疲れ様です。日本映画界のVFXの使用は、悲惨です。先日「ゼロの焦点」ですら唖然としましたから、それが全編を多い尽くすというのはちょっと耐え難い----が怖いもの見たさが疼きます。「イングロバスタ」の大人のVFXと比較すると、ねえ。山崎、佐藤まさか結婚していたとは----エコエコアザラク、エコエコザメラク----ふたりとも呪われよ!!ですね。

to:ナカカワさん
帰山人 URL [2010年12月08日 10時56分]

「ゼロの焦点」といえば、「黒い白鳥」であり、
「黒い」といえば、「黒井ミサ」であり、
「黒井ミサ」と「黒木メイサ」は何となく似であり、
皆ウイッチクラフトに囚われているのです(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/293-d09c1108
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin