もうさらばといわせてくれ

ジャンル:アニメ・コミック / テーマ:宇宙戦艦ヤマト / カテゴリ:あ・論廻 [2010年11月08日 06時00分]
複数の報道をまとめると…2010年11月7日12時35分頃、小笠原諸島・父島の
二見港で、西崎義展(本名:弘文)氏(75才)が自社名義の船(485t)から海中に転落。
同45分に通報を受けた小笠原海上保安署の監視取締船により約20分後に救助され、
救急車で小笠原村診療所に搬送されたが、14時58分に医師により死亡が確認された。
西崎氏は、遊泳目的で自ら海に潜ろうとウエットスーツを着用して甲板から下りる
途中に誤って船の右舷中央部付近から転落した(同乗者証言)とみられ、事故捜査中。
他方、最近の西崎氏は、高齢とヘルニアで健康不安を抱えて弱り移動に車椅子を多用、
以前から海好きとはいえ海に潜ろうとするだろうか、と死因不審を囁く関係者もいる。
前6日に入港した船は元・水産高校漁業実習船であり、今回が初航海(計9名乗船)、
船名は「YAMATO」である。
 もうさらばといわせてくれ  もうさらばといわせてくれ2
 
西崎義展氏と海や船との関係は、「海のトリトン」・「宇宙戦艦ヤマト」ばかりではない。
石原慎太郎氏が国会議員を辞してから東京都知事となる間の1997年5月、尖閣列島・
魚釣島へ赴き上陸を試みた(石原氏は上陸断念、同志・西村眞悟氏ら上陸日の丸掲揚)。
その際に石原氏らが調達した「オーシャンナイン」号は友人・西崎義展氏の船であり、
フィリピン・マニラ港から出航した船にはM-16他の銃器弾薬を積載していたのだ。
 
尖閣諸島問題に日本世情が揺れ、(当初は石原慎太郎氏も製作参加する予定だった)
西崎義展最後のプロデュースにして初監督アニメ作品『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』の公開
1周年と、原作者とクレジットされる実写版『SPACE BATTLESHIP ヤマト』公開とを
間近に控えた今2010年晩秋、波乱の人生を象徴するかのような海への転落不審死。
「ヤマト派か?」と問われれば「ガンダム派だ」と応える私でも、釈然としない幕引きだ。
 
「ヤマトのためとはいえ、これまで私は破壊と暴力にのみひたすら美しさを求めて
生きてきた。…私は孤独だった。私の目には、愛する者の姿が映らなかった。
…確かに私は松本零士に勝った。しかし今、私はこの身を黒羽刑務所に寄せていた
ことが恥ずかしい。訴訟と讒言に明け暮れるアニメ界に比べれば私の心は、私の心は
…遙かに石原慎太郎に近い。…もう、富野由悠季への恨みは消えた。」(架空の辞世)
 
 ♪国境線の 終わりには  魚釣島が あるのだろう
  誰も見ない 未来の船を  西崎は さがしもとめる
  広がる海の かなたから  何が呼ぶと いうのだろう
  駄作の山 ヤマトのこして  遠く 旅だつ ひとり~♪
 
 ♪その海のやさしさが 銃にまさるなら  その船の美しさが カネにまさるなら
  君は手をひろげて作るがいい   からだを投げ出す値打ちがある
  ひとりひとりが思うことは  愛するヤマトのためだけでいい
  君に話すことがあるとしたら  今はそれだけかもしれない
  もうさらばといわせてくれ  もうさらばといわせてくれ~♪
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年11月09日 20時33分]

西崎さんのイメージって「結局ヤマトと共に歩んだ人生」って感じですか。
「二匹目の泥鰌」を狙ったのか判りませんが「ブルーノア」では大コケ・・・

その後は逮捕とか松本零ニ氏との争いとかあまり良いイメージが浮かんでこない。

とは言え「漫画映画」を「アニメ」に変えた功績は大きいでしょう。

「ヤマト派」か「ガンダム派」と問われれば「ボトムズ派」と答える自分ですが・・・
改めて氏のご冥福をお祈りいたします。

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年11月09日 21時20分]

>「ボトムズ派」と答える自分ですが・・・
(通俗ですが)「暗い」っていわれたことありませんか(笑)。
それなら「マクロス派」…って対抗したいところではありますが、
レールガン(電磁砲)を使うのはアーマード・トルーパーよりも
御坂美琴の方が好きなので「超電磁砲(レールガン)派」にします!
あ、クドいようですが私はアニオタじゃありませんよっ!(笑)

No title
浅野嘉之 URL [2010年11月10日 11時44分]

いまさらながら読ませていただきました
『珈琲相場師』
迫力がありました
当時の価値観がよくわかって
楽しめました
ありがとうございます

to:浅野嘉之さん
帰山人 URL [2010年11月10日 18時56分]

フィクションと言い切れぬ当時社会の一級資料でもありますよね。
しかも、珈琲の伝播や流通には常に政治・経済・宗教・人種が作用すること、それは現代に至っても全く変わっていないこと、それをも喚起させ銘記させられる傑作だと思っています。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/285-201c51b8
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin