再び哀地を走れ!

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2010年10月17日 04時30分]
「Naturathlon」は、ドイツ連邦政府自然保護局(BfN)が2004年より毎年開催する
複合スポーツイベントで、本来CBD-COP(生物多様性条約第締約国会議)とは無関係。
「ナチュラスロン」は、日本COP10支援実行委員会がCOP9開催時の記念ジョギング
大会のみを今COP開催時に模したイベントで、本家「Naturathlon」を騙る程度の走大会。

愚行「哀地万博」の記念公園で開催された昨秋行事から1年余、私は再び「哀地」に立つ!

2010年10月16日
「ナチュラスロン2010 -The Course of the World」
(COP10発表・交流事業「地球いきものEXPO in モリコロパーク」スポーツイベント)

2010ナチュラスロン (1) 2010ナチュラスロン
会場入り受付後に友人M(1974river)と合流、いまだ「斑尾50K」走破の感動に浸るM、
対してそれを遥か以前に感じる私、この違いは何?などと思いつつ青空の下で談ずる。
開会式では「ちばちゃんで~す」とゲストランナー千葉真子氏のハイテンション声が響く。

2010ナチュラスロン (2) 2010ナチュラスロン (3) 2010ナチュラスロン (4) 2010ナチュラスロン (7)
昨年大会との違いは2周回コースが逆向きに大きくなり約2km伸びて10km、
そして参加数が約4倍、どうもジョギングよりもランニング感覚の比率が増えた?
鼓舞するMCもダウンカウントも無いまま、スタート!
2010ナチュラスロン (5) 2010ナチュラスロン (6) 2010ナチュラスロン (9) 2010ナチュラスロン (11)

2010ナチュラスロン (10) 2010ナチュラスロン (8) 2010ナチュラスロン (12) 2010ナチュラスロン (13)
写真撮りで前後しながら友人Mに並走。1周目はアップ代わりで2周目で若干加速の
事前目算、ところが実際は4K過ぎで息が上がりゼイゼイヘロヘロ状態のまま2周目へ。
2010ナチュラスロン (14) 2010ナチュラスロン (17) 2010ナチュラスロン (18) 2010ナチュラスロン (20)
昨年同様にアップダウンに喘ぐランナー、しかし皆ペースは落とさずガチに走る?
周回遅れのスイーパージョグ家族も楽しげ、やる気のない沿道スタッフには萎える。
2010ナチュラスロン (15) 2010ナチュラスロン (16) 2010ナチュラスロン (19) 2010ナチュラスロン (21)
 
2010ナチュラスロン (22) 2010ナチュラスロン (23) 2010ナチュラスロン (24) 2010ナチュラスロン (25)
友人Mにラスト加速を促し、キロ5分弱ペースの約47分50秒(自測)で同着フィニッシュ。
 
2010ナチュラスロン (26) 2010ナチュラスロン (27) 2010ナチュラスロン (28) 2010ナチュラスロン (30)
昨年同様に汗が引くのを待ちながら同催イベントのブースを物色し、イベントステージ
を覘くとCOP10お馴染み香坂玲氏が壇上を仕切るが、聴衆は数えるほど気の毒だ。
 
ブース軽食の「じゃこカツ」(きわみ)はマズマズだが「ホットドック」(クッチャ)はイイ、
走後の舌に合わせてパンチを効かせてあった持参のコーヒーも相性好く、口福な時間。
完走セレモニーに再び登場のちばちゃん、記念撮影を記念撮影してから会場を去った。
 
「哀地」を虚ろな美しさと感じた昨年に比して、走って気持ち良く嫌悪感が薄い今年、
見解は不変でも印象は転向した?生物の多様性とは人間心理の経時変化も含むのか?
それでも「ナチュラスロン」自体が必然性薄弱な謎のイベントであることに違いはない。
コメント (10) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年10月18日 00時15分]

毎週の「レース」お疲れ様です。
大会についてのコメントはさて置き「じゃこカツ」の「マズマズ」と言うのが「まずまず美味しい」と言う意味なのか「不味い」と言う意味なのか・・・気になる所です。

No title
1974river URL [2010年10月18日 03時20分]

写真たっぷりありがとうございます!
ナチュラスロン2010、いい大会でしたね。
今回はレースというより、帰山人さんのコーヒーと
クッチャドッグの取り合わせの良さにまだ浸ってますが。
美味しかったです!ごちそうさまでした。

じゃこカツって?
マリコ URL [2010年10月18日 11時16分] [編集]

一体なに?ちりめんじゃこのカツってこと?そして、まずまずっていうのは?気になるなぁ、そういう珍しい物がブースで販売されてるなんて!そしてクッチャドッグって何~?ブースでは、どんな団体が食べ物を売るの?
コーヒー、私にも飲ませて~♥

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年10月18日 12時39分]

う、表現を曖昧にした途端に痛いところを突かれた(笑)。
「マズマズ」は少なくとも「不味い」という意味ではありません。
実は「じゃこカツ」と名乗るモノを食べたのが初めてなので、
揚げたてで「ウマイなぁ」とは思ったものの、「じゃこカツ」
本来の出来として判定ができない遠慮で「マズマズ」と…

to:1974riverさん
帰山人 URL [2010年10月18日 12時44分]

うん、クッチャドックとコーヒーはピッタリだったナ。
あの理屈無く「おかわり」して飲んじゃうコーヒー、
そういうコーヒーが一番ウマイのでありますなぁ~

to:マリコさん
帰山人 URL [2010年10月18日 13時12分]

「じゃこカツ」は、愛媛県発信で全国に知られた「じゃこ天」の変形です。
宇和島系じゃこ天はすり身のキメが粗く、皮てんぷらともいう八幡浜系
じゃこ天はすり身のキメが細かいけれど、じゃこカツのすり身は更に
細かくじゃこのジャリ感が全くしない。揚げかまぼこ食品の中でも
じゃこ天は原料(はらんぼ)の食感と匂いが強く、食べ際にあぶり焼くと
表面のアミノカルボニル反応により、独特の食感と匂いが強化されます。
これを大衆ウケするために(表面が焦げ反応をしない)カツにした?
これ以上には事前知識が無いまま初めて食べたワケで、しかも私は
魚臭いのが好きなので…とりあえず「マズマズ」というワケです。
クッチャドックはフツーのホットドッグ、ただ粗挽ソーセージと
パンが比較的ウマかったので、露天買い食い品としては合格でした。
…って、皆さん「走」より「食」のコメントばっかり!ま、私のブログ
らしいといえばらしいか(笑)。え?コーヒー飲むの?大丈夫?(笑)

No title
マリコ URL [2010年10月19日 13時24分] [編集]

飲むっっっっっっ!

to2:マリコさん
帰山人 URL [2010年10月19日 13時33分]

わーったわーた、今度ご希望の場所に出張して淹れるから!(笑)

マンゾクマンゾク!
マリコ URL [2010年10月19日 22時16分] [編集]

じゃぁ、コーヒーだけじゃなくて、コーヒーに合う食べ物も用意してね!ご存知の通り、組み合わせの妙が好きなもので。むふふ。

to3:マリコさん
帰山人 URL [2010年10月20日 15時59分]

エーッ!!合わせるモノまでコッチで用意するのォ?!
えー皆様、こういうのを‘Mariage’マリアージュでは無く、
‘Mariko-Age’マリコージュと言います。
くれぐれも気をつけましょう~(笑)

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/278-2c42471e
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin