コーヒーのホットスポット

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2010 [2010年08月10日 05時00分]
「コーヒーのホットスポット」とは何か?
 
1.コーヒーを喫飲しながら、無線LAN技術でインターネット接続が可能な場所。
  但し、日本では「ホットスポット」を登録商標にしているNTTコムの気の貧しさ
  から見ても、ウマいコーヒーが飲める場所とは断定できないので要注意である。
 
2.生物多様性(Biodiversity)が豊かである反面で生態系破壊や多くの生物種
  が絶滅の危機に瀕しているという理由から選定された地域であり、コーヒー
  生産地の多くが域内に位置する。コンサベーション・インターナショナル(CI)
  はコーヒー栽培の適正化が地域環境の保全を進めると喧伝するが、ウマい
  コーヒーが栽培されるとは断定できないので要注意である。
 
3.USAミシガン州デトロイト近郊にある‘The Hot Spot Coffee Company’。
 Hot Spot Coffee 1  Hot Spot Coffee2  Hot Spot Coffee3
  
  「非難に負けずビキニ姿で接客、セクシーコーヒーショップに経営者は自信」
   (2010年8月3日:Narinari.com)
  「ウェイトレスの服装をビキニと下着にしたら売り上げ激増…」
   (2010年8月4日:らばQ)
  などと取り上げられている最新かつ正真の「コーヒーのホットスポット」である。
 
もっとも教条的で堅苦しい「コーヒーのホットスポット」は「2」であろうが、
皮肉にもコーヒーの多様性を示し得る「コーヒーのホットスポット」は「3」である。
当然に私の関心も「1」「2」より「3」に向くわけで、こうしたホットスポットこそ保全
すべきであるが、ウマいコーヒーが飲めるとは断定できないので要注意である。
 
 
【余談】
 先般に街頭クエスチョネア(アンケート)を受けた。
 質問者(Q)と私(帰)のやりとり。
  Q:「COP10(コップテン)の意味をご存知ですか?」
  帰:「あー、知ってるよ。第10回締約国会議のことだね」
  Q:「COP10に興味や関心はありますか?」
  帰:「う~ん、あんまりないなぁ」
  Q:「どうして興味や関心がないのですか?」
  帰:「そりゃMOP5(モップファイブ)の方が興味深いからねぇ」
  Q:「エッ? モップ?」
  帰:「いいかい、COP10ってのは生物多様性条約のことじゃないんだよ」
  Q:「エッ? 違うんですか?」
  帰:「生物多様性条約は略すとCBD、でもオレが興味深いなぁと思って
    るのはCPB、バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書のMOP5
    の方」
  Q:「???COP10には興味がないってことですね、ありがとうござい
    ました」
 と、いうことで私はCOP/MOPに関心の無い回答者と烙印されたので
 ある(笑)。
  
折角に多様性を考えるべき行事を周囲が安くて幼い喜劇にしてしまい、同時に柔軟性を欠いた喧伝ばかり繰り返す、こんな陳腐な支援催事こそ絶滅を望みたい。以前にも記事「ホットスポットの危機」でホットスポット関連の内容を語ったが、さて、知的でも痴的でも恥的でもかまわぬがウマいコーヒーのホットスポットはないか?
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/259-71a3f776
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin