蕎麦に居るね 5

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2010年07月20日 07時30分]
昨2009年7月に長野県木曽方面へトレラン大会参加、前後日で蕎麦二演
今2010年7月に長野県木曽方面へトレラン大会参加、前後日で蕎麦二演。
 
 
2010年7月17日
「時香忘」で蕎麦を食す。
おんたけ蕎麦2010-2 
行動に変化も進歩も無い?ことも馳走愉快と思いて一年振りに訪店。到着早過ぎ雨中の散歩と読書で開店を待ち一番客だった前回の私、今般は11時半に着くと既に3組が来店していたが、席にはまだ余裕アリ。
 
「極粗挽きおやまぼくち蕎麦 もり蕎麦」(おお盛り)
おんたけ蕎麦2010-1  おんたけ蕎麦2010-3 
河畔の緑を眺めながら先に出された山葵を鮫皮でおろして待つこと暫し、運ばれてきた蕎麦をまずはそのままで口中にツルッと…ん? 一年前より麺面の当たりが滑らかに柔らかい感じ、本当に極粗挽き?と疑った直後、噛んで応える粗挽きの感触、続いて蕎麦の味が口中に拡がる。マイッタネ、挽きは粗くなっているのにマトメは更に上手になっている。干し霜降シメジ(カヤシメジ)の効いた汁は独特の味わい、汁単体での好みは別として、この麺にこの汁という組み合わせにも再び喜ばされるなぁ。
 
蕎麦そのものも店の造り構えも娘さん美人度も(オイオイ!)相変わらず結構この上ない「ZCOBO」、私に変化が無くても店は進化していた。
 
 
2010年7月19日
「そば処 百楽庵」で蕎麦を食す。

帰路15時近くに王滝村の「木亭」「さくら」を通ると案の定「本日終了」なので、さらに降って「日野百草本舗 王滝店」に併設の「百楽庵」に寄り、晩い昼食。

「ざる蕎麦」
おんたけ蕎麦2010-4
食べる側の問題ではあるが、トレラン・登山で傷み疲れた身体では蕎麦でさほどの講釈を垂れたくも無い。こういう時には、こういう何の変哲もない、しかしホドホドの水準の軽食ドライブイン蕎麦でケッコウである。
 
隣卓の4人組が蕎麦を手繰りながらランニング談議、食事後に話しかけると、前日に「やぶはら高原ハーフ」を走り本日に御嶽登山をしてきたと…そこそこ香る蕎麦麺に鰹の効いた汁に走談議も加わり、満悦の旅をしめた。
 
 (※関連記事は「おんたけギラギラギラ」と「御嶽キラキラキラ」参照)
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年07月22日 23時01分]

いや~実に有意義に過された3連休・・・うらやましい!
「時香忘」の蕎麦も美味しそうですね。
やっぱり帰山人さんプロデュース「美味しい蕎麦食べて御嶽登るぞ!」ツアーの企画してもらわないと(笑)!

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年07月23日 15時26分]

ええ、「時香忘」の蕎麦はウマいですよ(高いけど…おお盛りは1575円!)。
「山あれば蕎麦あり」(鳥目散帰山人の言葉)なので、ツアーは無限に考えられますねぇ^^

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/252-25b4ea1b
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin