蕎麦に居るね 4

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2010年05月24日 23時30分]
信楽(滋賀県甲賀市)方面へ陶芸美術展に出向いた後、昼食に蕎麦二演。
 
2010年5月23日
暴風雨といえる悪天候に、信楽の街道に立ち並ぶ焼物タヌキどもの前を車で行き来、事前の噂どころかまともな見当も無く町内の蕎麦屋を初見で訪ね巡る。
 
「黒田園」
蕎麦 黒田園3 蕎麦 黒田園1 蕎麦 黒田園2
移築民家の店構えを見回しながら、案内された囲炉裏作りの席に着く。「ざる」を注文して待つ間に、「新茶の天ぷら」メニューを発見して慌てて追加する。こんもりとまとめて盛られた細打ちの蕎麦は、見た目以上に香り立ちが良い。色は薄いが丸抜き以外に調整してあるようだ。 悪天候に打ち加減を鈍らせたか麺が切れ切れで、相性の良い仕立ての汁とともに味はかなりイケルだけに惜しい。茶の芽葉を揚げた天ぷらは…ウマイ! 添えられた地元朝宮(と思われる)抹茶塩、茶農家の蕎麦屋だけに気持ちは汲みたいが、天ぷらの新茶には強すぎて合わない。まぁ、風雨に巻かれて心が荒れた分を除けば、機会があれば再訪OKの味だろう…
 
信楽町内西寄りの黒田園から、雨に煙る紫香楽宮址を見て、東寄りの蕎麦屋へ…
 
「夢創庵」
蕎麦 夢創庵2 蕎麦 夢創庵1
こちらも荒天を押して客が多くほぼ満席。 田舎「太打ち」に惹かれたが、先客への店員応答で品切れを耳にして今回は残念おあずけ、あ、そば豆腐とそばプリンが…じゃ、「細打ち」もりに天ぷら・かやく飯・煮物・そば豆腐・そばプリンと揃った土日限定の「そば膳」で! キレイに仕上がった細打ち麺は柔らかめだが味もキレイ。そば粉は、隣席客に説明する店主の話ではまだ年間の約2割程度しか確保できないらしい地元・信楽産。 天ぷらも飯も煮物も豆腐も並だが悪くないぞ、モグモグ。では最後にそばプリン…ウマイ! 蕎麦の味はハッキリあるが強すぎず滑らかの極。まぁ、風雨に巻かれて心が荒れた分を除けば、機会があれば再訪OKの味だろう…
 
骨があるタイプはハナから期待していない分、今般2店の蕎麦はまずまずイケた。けれどそれ以上に、新茶芽葉天ぷらとそばプリンは思わぬ口福だったなぁ、相変わらず2連食でもアッサリ平らげる我が身の食い意地を笑って帰路に着いた。
 
 
[余聞ごと]
 
和麺境界で分類すれば、現在の生活圏である名古屋圏は「うどん圏」だと思っている。だからこそきっとあるだろうな、と半ば予想していた業態店を数年前に発見した。
 
「かどふく 新守山店」
蕎麦 かどふく
名古屋市守山区界隈に数店舗展開する「かどふく」の一つで、当然に構えはうどん屋。ここを継ぐ子息が蕎麦好きだとどうなるか…戸隠「うずら家」、京都「有喜屋」で修行、で、とりあえずは父母現役営業中うどん店のど真ん中に蕎麦打ちスペースを作ってしまうわけで…結果、構えは凡庸なうどん屋でウマイ蕎麦が味わえる店ができた。名古屋市内の蕎麦屋でいえばSとかTとかも悪くはないが、風趣に走って味が追いつかないキライはある。 その点この「かどふく」で食べる蕎麦には、そうした気配に頼れぬ力強さがあって、それら名店に負けぬ味を出していてなかなか良い。一見では誰も蕎麦屋と思えない構えで気楽に蕎麦をたぐる、という落差を喜んで私は毎々長居してしまう…所在以上に構えで隠れた近場の蕎麦屋、進化が楽しみだ。
 
コメント (7) /  トラックバック (0)

コメント

No title
しんろく URL [2010年05月25日 23時07分]

陶芸の森でしょうか?
信楽に、いい蕎麦屋さんがあるとは知りませんでした。夢創庵のそば膳、ボリュームもあり美味しそうですね。ちなみにおいくらでしょうか?

No title
ちんきー URL [2010年05月25日 23時44分]

帰山人さんの仰る通り自分は蕎麦よりうどんの方が好きですね。
(ちなみに両親は関西より西方の出身)
蕎麦も「ザル」より「かけ」派・・・

そんな自分ですが両店共に美味しそうですね。
(特に新茶の天ぷら・・・って蕎麦じゃないじゃん)
一度食べてみたいです。
あっ、「かっとび下見会」の時に行くっていうのはどうでしょうか?
(帰山人さんの膝の調子が良く下見会が出来たらの話ですが・・・)
そうそう「夢創庵」の「そば膳」の写真を見ていたカミさんが画面左上にちょこっと置いてある「そばぼーろ(?)」を見つけてかなりうけてました( ̄m ̄*)

to:しんろくさん
帰山人 URL [2010年05月26日 09時34分]

>陶芸の森でしょうか?
アタリです。肝心の展覧会は後日の記事で触れようと…

「そば膳」は2000円です。絶対値ではイタイけれどC/Pで合格?
それにしても、ここのところ滋賀県に行く機会が多い…どうして?

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年05月26日 09時49分]

>あっ、「かっとび下見会」の時に行く…?
うーん、しんろくさん「アフターは伊吹そばでどうでしょうか?」って予定されてたし、ここは「そば切り発祥」を主張する「伊吹」でいきませんか?

そうそう「そばぼーろ」、お茶と一緒に最初に出ました。こういうのって小さい存在だけど「大事」ですよね。…にしても、よーく写真見てますねぇ、特に食べ物系はよーく見る「大事」ですよね。

No title
ちんきー URL [2010年05月26日 23時08分]

>ここは「そば切り発祥」を主張する「伊吹」でいきませんか?
了解しましたm(_ _)m

No title
ちんきー URL [2010年06月06日 17時41分]

思い出したんですが「かどふく本店」って小学生の頃数回行ったことありました!
昔瓢箪山付近に住んでいたので・・・・
懐かしいです。
(瓢箪山温泉ににも行ったことあります)

to:ちんきーさん
帰山人 URL [2010年06月07日 21時30分]

>昔瓢箪山付近に住んでいたので・・・・
なんとまあ!その頃、私は静岡県人ですから「かどふく」知るわけも無く…
で、他の「かどふく」はうどん屋のママなわけですが、
新守山店だけ変態しつつある?わけで…あ、うどんもありますよ。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/234-f7012e69
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin