オヤバナを聴きながら

ジャンル:スポーツ / テーマ:ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2010年04月05日 23時00分]
2010年4月4日

近淡海より「伊吹山もりびと」にして「お坊さんランナー」のブロ友「しんろくさん」を、
同じくブロ友「ちんきーさん」と我が地元に迎えて、初顔合わせの3人で自主練習会。

事前は「8時に都市緑化植物園の正門前」と決めた私が恥ずかしくも数分遅刻、
そのクセしたりげにコースを勝手に決めてペースも気ままに連れ回してしまった。

グリーンピア春日井(都市緑化植物園)から、春日井三山とも愛岐三山とも弥勒三山
ともいわれる弥勒山~大谷山~道樹山を経て、細野へ降って折り返して逆走、再び
三山を経て起点へ戻るコースとした(往き帰りで若干道を変えた)。
気合充分で道慣れたちんきーさんが速い速い、職場飲み明けの上で道慣れない客分
しんろくさんには結構ハードに感じられたようだ(詳細は各人のブログを参照)。
トレラン練習会というより「ブロ友オヤジトリオが山で喋り歩くオフ会」だったか?
弥勒練習会弥勒1  弥勒練習会弥勒2
弥勒練習会大谷1  弥勒練習会大谷2
弥勒練習会道樹1  弥勒練習会道樹2
弥勒練習会道樹3  弥勒練習会道樹4

余談、弥勒山も道樹山も幾度となく登っているのに山名由来を知りえていない。
麓の植物園の道向かい側(青少年自然の家近辺)には廻間町の地名が残る通り、
ハザマの近辺には古代から古墳や墓域、そして寺や社が多いのは当然として、
弥勒も道樹も仏教的な由緒をもつ山名であるのだろうが、その先の確信は無い。
道樹に関しては堂頭(ドウチョウ・ドウトウ)から転じたという推論もあるし、
法華経(分別功徳品第十七)に「道場に趣き、阿耨多羅三藐三菩提に近ずいて、
『道樹』の下に坐せるなり」の一説があり、釈迦が『弥勒』に経を受持読誦する
意を説く構図を考えると、弥勒山と道樹山の関連を想像して走る楽しさも増す。
今般に「お坊さんランナー」を迎えるに、山名追究が不充分だったのは残念である。

「オヤバナを聴きながら」
♪ お気に入りの山 トリオ走ってみるの
♪ グリーンピアは淋しい心 なぐさめてくれるから
♪ トレイルランは 眠り誘う薬
♪ 私らしく一日を 終えたいこんな夜
♪ (ネットで)出会った頃はこんな日が
♪ 来るとは思わずにいた
♪ Making good running better
♪ いいえ すんだこと 三時間走っただけ
♪ 疲れ果てた あなた 私とオフ会を愛したの
 
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年04月08日 23時13分]

第1回「ブロ友オヤジトリオが山で喋り歩くオフ会・弥勒トレイル」お疲れ様でした。
次回「ブロ友オヤジトリオが山で喋り歩くオフ会・かっとばない伊吹」楽しみにしております。
(日時についてはこれから煮詰めるとして・・・)
あっ、それより先に「恵那峡ハーフ」でしたね!
楽しみにしておりますm(_ _)m

to:ちんきーさん
kisanjin URL [2010年04月09日 18時35分]

とりあえずの第1回、ありがとうございましたm(_ _)m
恵那峡、ハガキが届いて緊張度?が増してきました。
こちらも楽しみ!

No title
しんろく URL [2010年04月11日 16時26分]

お疲れ様でした、ありがとうございました。
あれから、はや、1週間経ちますね

喋ることさえ、ままならない状態で・・・
次回はもうちょっとましになりたいと思いました

伊吹山ですが
5月が難しそうなら6月でもOKですよ

to:しんろくさん
帰山人 URL [2010年04月13日 10時16分] [編集]

いや、5月23.30でもいいですよ。6月は6は×です。
勝手を言った上に惑わせてスイマセン。
ちんきーさんはご都合どうかなぁ?

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/217-106ab2f2
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin