LEVEL 0(レベルゼロ)

ジャンル:スポーツ / テーマ:マラソン / カテゴリ:走の記:大会編 [2010年02月28日 23時00分]
昨'09年の犬山ハーフでは「加速してみる」をテーマにして、
(http://kisanjin.blog73.fc2.com/blog-entry-90.html)
タイム向上よりもレース展開の進化を目論んで成功したつもりだが、
昨秋から足も体も作っていないままの今'10年大会はどうする?
お遊びランに逃げようかとも思っていたが、ベスト記録更新を狙う?

ハーフマラソン過去記録
'06年11月 名古屋シティ 1h39分36秒 初ハーフ
'07年2月   犬山ハーフ  1h49分52秒 腹痛WC
'07年11月 名古屋シティ 1h37分45秒 自己ベスト
'09年2月   犬山ハーフ  1h38分24秒 加速走
'09年3月   ふじえだ    1h43分55秒 高低300m

当初5Kをキロ5分ペースから始めた昨年犬山ハーフの加速走を、
キロ4分50秒ペースにして、その後徐々に加速し、最速ペースで
キロ4分30秒にすれば…自己ベスト更新になるハズ、という机上論。
これを実践する課題は、この理屈通りに動く余裕が無い私の肉体…

2010年2月28日
『第32回 読売犬山ハーフマラソン』 ハーフ

10犬山デジカメ画像 237 10犬山デジカメ画像 239 10犬山デジカメ画像 238
受付を前日に済ませ、当日の会場入りを遅めにしたがやはり雨空、
小降りではあるが、会場グラウンドは一面ドロドロのヌカルミ。
持参した極厚ビニール袋を敷物にして荷を拡げ、一服してから
用を足しラン姿になって早々に、ちょうど青空が拡がってスタート。

雨を嫌い全くアップしていなかったので、スピードを抑えている割に
体が重く感じられて、今ひとつ調子がつかめないまま坦々と走る。
5K通過で予定よりも20秒程早かったため、給水で立ち止まり
息を整えてから再び走り始めたが、どうも思い通りに加速できない。

沿道応援の声にも今回は心で答えて、楽しみつつも慎重に進むが、
結局10Kで約1分弱、15Kでは約2分弱も目論見タイムよりも
遅れて通過し、加速どころか減速しないのが精一杯、足が前へ出ない。
inuyama1.jpg  inuyama2.jpg  inuyama3.jpg
18Kを過ぎ、すれ違う最後尾のランナーに「ガンバッ!」と叫ぶが、
木曽川河畔の美しい光景を眩しく照らす春の陽射しと異なって、
今ひとつ晴れやかにならない我が身に向けて叱咤した声が出たのか?

19Kで音楽プレーヤーを本年追加テーマ曲「LEVEL5-judgelight-」
(「とある科学の超電磁砲」OP2新曲)にして、最後のガンバリで走る。
おそらくは1時間40分切りをあきらめた減速者連中をゴボウ抜き、
攣り気味の足を無視して精一杯にスパートし、フィニッシュ。

タイム 1h41分12秒

走り終えてそれなりに充実感も湧き上がってきたので、早速一服する。
10犬山デジカメ画像 241 10犬山デジカメ画像 240 10犬山デジカメ画像 243
だが、自己ベスト更新どころか初ハーフ記録までをもはるかに下回り、
レベル5(超能力)どころかレベル0(無能力)を露呈して気分が凹む。
先月の春日井10Kに引き続いて食らった「充実と不満」のラン、
これで終わるのか?どう対処するのか?自問しながら会場を去った。
【2010年3月5日 追記】

大会結果(個人記録詳細)が出た。
順位などは端から気にしていないのでどうでも良いが、
5Kごとのラップをキロペースにすると、

S-5   4分46秒/キロ
5-10  4分48秒/キロ
10-15 4分48秒/キロ
15-20 4分53秒/キロ
20-F  4分31秒/キロ

これが記録の更新を狙わない出走だったとするならば、
それなりに「マズマズ」とか言っていたかもしれないが、
事前に組み立てた加速走と比較すれば、やはり酷いとしか言えない。

大会帰りの電車に乗ると、後ろの席から男性ランナー2名の声がする。
先輩ランナー「…待てど暮らせど来ないんだから」
後輩ランナー「自分なりには精一杯走ったんスよ…」
先輩ランナー「そもそも集中できてないんだよっ!ダメだっ!」
後輩ランナー「…そうかなぁ。…なぜか体が動かなかったんですよネ」
先輩ランナー「だから集中力が足りないんだよ、オマエは!このバカ!」
声しか聞こえなかったし、私の存在も意識されていないだろうが、
先輩ランナーの叱責が前席の私に向けられているような気がして、
心中反論できない私には辛くも清清しいトバッチリ反省会だった。

「とある科学の超能力走」LEVEL5を待て!


コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年02月28日 23時34分]

レースお疲れさまでした。
天候の方も回復してこれも帰山人さんのお陰(?)。
いやー練習不足とは言え1時間41分14秒は流石です。
今回いろいろ思われる所があったみたいですが、今回のモヤモヤは「OSJ新城トレイルレース」で晴らすと言う事で・・・

to:ちんきーさん
kisanjin URL [2010年03月01日 00時14分]

晴れやかじゃない記事でスイマセンが、自罰的に落ち込んで
楽になりたい、という感覚もあるのでしょう(笑)。
実は今一番怖いのは「加齢による気力体力の低下」という原因論、
これだけは簡単に認めたくはないので、ゼーっタイ戦います!

No title
ちんきー URL [2010年03月01日 22時42分]

>実は今一番怖いのは「加齢による気力体力の低下」・・・
確かに本音では認めたくないと思っています。
実際50歳台60歳台で自分なんかとは比べ物にならない位速い方が大勢みえるので40歳台の「若造」としてはもう少し頑張らねばと思っちゃいます。

No title
しんろく URL [2010年03月04日 21時16分]

レースお疲れ様です、年明けから色々と走っておられますね。私も、見習わなくてはなりません

4月からは、大体土日が固定休みになる職場に行くことになりました。(今までは、不定休でした)
妻の里帰りに付いて行く機会を増やしたいと思いますので、「弥勒山練習会」是非やりましょう

弥勒山練習会
kisanjin URL [2010年03月05日 11時56分]

to:ちんきーさん
コメント遅くなってスイマセンm(_ _)m
そうですね、加齢を気にしていても走力は上がりませんが、
私たちはまだまだ走力欲しいですからねぇ。

to:しんろくさん
>「弥勒山練習会」是非やりましょう
もちろんでございます。里帰り前にお知らせ下さい。

ちんきーさんも練習会つきあってくださいヨ!

No title
ちんきー URL [2010年03月06日 10時37分]

>ちんきーさんも練習会つきあってくださいヨ!

ご迷惑でなければ是非参加させてくださいm(_ _)m

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/209-98383a13
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin