甘い話にはウラがある?

ジャンル:グルメ / テーマ:ショコラ(チョコレート) / カテゴリ:珈琲の記:2010 [2010年02月10日 01時00分]
ウラ話?1

エチオピア「モカ」コーヒーに関する話題を発見した。
 
 味の素ゼネラルフーヅ(AGF)やキーコーヒーが今春、
 休止していたコーヒー豆「モカ」の販売を再開する。
 エチオピア産の同豆は2008年4月に規制基準を超える残留農薬が
 検出され輸入量が激減、大手各社は販売を見合わせていた。
 品質検査体制の拡充などで再開のメドがたったという。
 (2010年2月9日 日本経済新聞)

ここで踏ん切らないと、と思わせたウラは何だろうか?
「ニュークロップを輸入する春を前に、再開を逃したらエチオピアモカ
 3年連続無しで国内市場を戦うのは厳しすぎる」から…
「代替のイエメン物(←実際はこっちが本物)が内紛で入手し難いし
 良品の相場も高騰するのでもう頼りにできない」から…
「昨年9月から先行して販売再開しているUCCを追撃するには、
 ちょうどTwitter騒動でつまづいてくれている今だ」から…
どれが当っているのか全部外れているか、私にはわからないが、
以前の記事「新豆を入れる袋」「存在無き豆を争う」 
で指摘した課題が放置されたままの再開は、何だか釈然としない。


ウラ話?2

サロン・デュ・ショコラ Salon du Chocolat(名鉄百貨店)と
アムール・ド・ショコラ Amour du Chocolat!(JR高島屋)、
名古屋のバレンタインシーズンを賑わせているイベントを覘いた。
サロン・デュ・ショコラ   アムール・ド・ショコラ
いずれも女性比率ほぼ100%のスゴイ人混みを中年男性が独り縫う。
目立つがゆえに居並ぶブランドからかかる声には、半ば場違い極まる
という憐れみ、半ば無知を逆手に売りつけようという期待が混ざる。
で、私の返答は「新宿伊勢丹にオープン当初に客として取材された」
「銀座店の上階でパフェ食べに寄っちゃうんだよ」「富ヶ谷で本人に
解説を求めた」「銀座で店員にモリニーニョを上下させるとエロい」
「塩キャラメルを荒川マラソン中に食べた」「表参道ヒルズのソフトは
高いけど旨いなぁ」「自由が丘の店は場所取りがイマイチだよね」…
こちらの聞きたいのは「マダガスカル産ってこの苦味ハイブリッド?」
「エクアドルのクリオロってどこの使ってる?」「品種や産地によっ
ロースト変えている?」「ヴァローナ以外に何かブレンドしてない?」
とかなのだが、実際に問うても無駄なので気が萎えてくるばかり。
温度管理が不充分極まる催事ショーケースにショコラも泣いているし、
ショコラショーすら会場で飲めない祭典に疲労困憊では本末転倒だ。

ガーナを主体に産出カカオの相当数が残留農薬の違反事例だらけで、
その絶対量はエチオピアコーヒー豆なぞの比ではないし、その事態は
欧米でも深刻な問題になっていること、会場に群がる女性陣にとって
露知らずのウラ話なのだろう。まあ、知ったところで科学的に正しい
評価を下せる者はごく僅かだろうから、知らぬが仏のウラ話で良い?


ウラ話?3

話をコーヒーに戻して、日本における輸入コーヒーの食品衛生法の
違反事例はエチオピア豆に限らず、昨年のモニタリングで検出されて
検査命令に移行したブラジル豆からは直近の昨1月にも農薬(殺菌剤)
ピラクロストロビンの残留基準値オーバーで全量保管中である。
昨秋のインドネシア豆の農薬(殺虫剤)カルバリル残留も同様の話。

ここでエチオピア豆ほど騒動が大きくならない、ウラは何だろうか?
「ブラジルやインドネシアの豆が騒ぎになれば、輸入量の桁から見て
 コーヒー業界が壊滅するほど経済的損失が大きい」から…
「ポジティブリスト制の煽りによる日本だけが行き過ぎた残留基準の
 改定検討(例:ピラクロストロビン)を先取りしてる」から…
どれが当っているのか全部外れているか、私にはわからないが、
真の安全性とは全くかけ離れ、産出地で対応に差が出る政治と商売の
都合、そうとは知らずに悪戯に危険情報として煽る報道機関、それを
真に受けて恐怖を撒き散らす消費者団体…ウラのウラは表だが、
ウラのウラのウラはやはりウラ話になってしまう、ということか?

この残留農薬に関するウラ話が二重三重に重なっている状態は、
先のカカオに関しても同様であり、私見では不当に危険視されている。
チョコレートに関してもコーヒーと共に上質の苦味が身上だろう
と断じている私でも、ウラがある甘い話には複雑な心情を抱える。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/205-f00d5780
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin