CLCJ

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2010年02月06日 00時01分]
2010年2月6日、「日本珈琲狂会」創設の宣言。
 
 本会を「日本珈琲狂会」
 または‘Coffee Lunatic Club of Japan’と称し、
 略称を‘CLCJ’とする。
 
 
 [主宰者メッセージ]
 
 日本珈琲狂会は、コーヒーを「広く」「深く」探求し嗜好し耽溺する
 珈琲狂が集い、「旨い」「楽しい」コーヒーの世界を追究する、
 ただそれだけを目的とする会である。
 
 1.日本珈琲狂会は、コーヒー愛好者参集の下に、
   コーヒーを学術的に探求したりしなかったり、
   総合的にかつ体系的にとりまとめたりとりまとめなかったり、
   研究成果を公表したりしなかったりして、
   コーヒー文化の発展に寄与できるか否かを問わず、
   さまざまな活動を展開していきたい、と考えている。
   (「日本コーヒー文化学会」会則を参考にした)
 
 2.日本珈琲狂会は、コーヒーの香味の維持向上を図り、
   並びに加工製造技術の研究開発及び論議の昇華を推進し、
   国際的なコーヒー関連事業に適当に協力しつつ
   国内コーヒーの消費振興に適当に努めることにより、
   国内コーヒー関連業界の健全な発展を図りたいが、
   何をして健全なのかもよくわからないので、
   国民食生活の向上発展に寄与することはない、と思っている。
   (社団法人「全日本コーヒー協会」定款を参考にした)
 
 3.日本珈琲狂会は、スペシャルティコーヒーに対する
   日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め
   理解を深めたいが、おこがましいので気が引ける。
   コーヒーの栽培からカップのコーヒーさらには排泄や残滓に
   至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、
   論議増大を目指す。
   また、これにより日本の「コーヒー文化」のさらなる醸成
   あるいは自虐、世界のスペシャルティコーヒー運動への貢献
   あるいは否定、およびコーヒー生産国の自然環境や
   生活レベルの向上を図ることあるいは傍観することを、
   活動の一部構想とする。
   (有限責任中間法人「日本スペシャルティコーヒー協会」基本構想
    を参考にした)
 
 4.日本珈琲狂会は、コーヒーの生産、加工、流通、普及及び
   消費に関わる個人及び企業その他の団体に対して、
   サスティナブルコーヒーについての認知向上及びサスティナブル
   コーヒーの普及奨励に関する事業を客観的に捉え、
   コーヒーのサプライチェーン並びにこれと接点を有する自然環境、
   社会及び経済のサスティナビリティ(持続可能性)の維持及び
   向上に寄与することの行く末を見極めることも目的とする。
   (「日本サステイナブルコーヒー協会」会則を参考にした)
 
 
 [主宰の鳥目散 帰山人に聞く!]
 
 Q:どうして「日本珈琲狂会」を創設したのですか?
 A:何となく。たぶん齢を重ねて自己顕示欲が溢れたのかも・・・
 
 Q:もう少し積極的な説明ができませんか?
 A:あー、既存のコーヒー関係の有名団体はだね、
   「素人を見下す」とか「知ったかぶりのクセにすぐ逃げる」とか
   「文化を唱えて本意は営利」とか「事勿れ主義や事大主義」とか
   「反対意見を煙たがる」とか・・・
   えっ?もうイイの?だって説明しろって言ったじゃん!
 
 Q:チャランポランな割に理屈っぽいって言われませんか?
 A:否定できないなぁ。性分だからって開き直らせてよ。
 
 Q:どうして2月6日に創設宣言したのですか?
 A:あ、それは私の誕生日であり婚姻記念日でもあるから。
 
 Q:ずいぶん個人的かつ身勝手な話ですね?
 A:だって、私的な発足だもの。いいじゃん!覚えやすくて・・・
 
 Q:入会規約や会則はあるんですか?
 A:ありません。珈琲狂なら誰でもOK。珈琲狂じゃなくてもOK。
 
 Q:他にキマリ事は作らないんですか?
 A:うーん、その都度作っていくわ。
   強いて言えば、狂会を「商い」の場にするのはご遠慮願おうかと
   ・・・私が得する場合はそれも除外するかもしれませんが。
 
 Q:どんな活動を考えてますか?
 A:何も・・・。珈琲狂対談とかしてみたいねぇ。
   他にも企画やアイディアを募ってます。
 
 Q:主宰から一言どうぞ?
 A:目下は大坊勝次氏が入会を希望されました。
   えー、入りたい人コメントください。
   それから、新しい主宰をやりたい方は申し出てください・・・
  
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年02月11日 23時21分]

遅ればせながらお誕生日おめでとうございます
ネタが面白すぎてスルーしちゃいましたm(_ _)m
「日本珈琲狂会」の活躍期待しております(笑)

to:ちんきーさん
kisanjin URL [2010年02月12日 09時56分]

ありがとうございます。
2月6日は帰山人の誕生日であると同時に、井上英作氏の命日でもあります。社会の悪に抗議して焼身自決するという手段の是非は別として、「命懸け」で生き切ることに範をとり、珈琲狂に磨きをかけていきたいと思っています。よろしくご支援ください!

No title
ナカガワ URL [2010年03月05日 23時49分]

入会します。入会に際して会長に珈琲狂騒CDを奉納します。気長にお待ちくだされ。
発端は昨年のSCAJ。鎌倉ディモンシュの堀内さんからCDを頂戴しました。開店15周年記念にヴィスガルヂという歌手をフューチャーして、コーヒーとカフェにまつわる古今東西の歌を集めて録音させたもの。とはいえ、さすがにクラシックは含まれません。そこで「コーヒー&ミュージック」のバロック編を、つくって送ってあげようかしら、と。結局嫌がらせっぽいのでやめました。内容は下記です。
tr.1-4 イギリスのコーヒーハウスにて
アーン:合唱クラブ
パーセル:女が俺達に恋をさせ
パーセル:サー・ウォルターは娘とお楽しみ
レイヴンズクロフト:3つの田舎舞曲が1つになるラウンド
tr.5-8 フランスのカフェと宮廷で
ド・ラ・トゥール:おいしいコーヒー
リュリ:トルコ人の儀式の行進
マレ:アラベスク
マレ:サリュ・ド・カフェ
tr.9-15
ベルニエ:ル・カフェ
tr.16-25 ドイツのカフェにて
バッハ:静かに黙ってお喋りめさるな
-----ただ、これを新録音しようとすると、最少でも----ソプラノ、アルト、テナー、バス各1名 フルート、ガンバ、チェンバロ各1名 バイオリン2名、ビオラ1名 ----計10名必要。こんな売れそうもない、アンソロジーにどこもお金は使えますまい。 まあ、すべて既存CDがでていますから、私家版のアンソロジーCDくらいはつくれます、というわけ。「レンブラント時代の音楽」とかいうアンソロジーがあるのですから、「コーヒーとカフェの時代の音楽」というアンソロジーがあっても不思議は、ありませんよね。

to:ナカガワさん
kisanjin URL [2010年03月06日 23時19分]

はい、じゃ改めて狂会参加ってことで…
今後も狂会運営にご協力願いますm(_ _)m

>「コーヒーとカフェの時代の音楽」というアンソロジーがあっても…
この切り口は言われてみれば、なるほどなぁ、ですね。
お言葉に甘えて、気長に待つことにしましょう。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/204-13cdf14f
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin