独りセミナー開催

ジャンル:スポーツ / テーマ:ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2010年01月18日 05時00分]
朝起きて青空を見て思う。本日は、兵庫県南部地震15周年だ…追悼。
そして豚児には大学入学者選抜大学入試センター試験2日目だ…激励。
そしてOSJ新城トレイルレーストレーニングキャンプ2日目だ…羨望。
2010年1月17日
走だ!私も「愛知県民の森」に行って宇連山に登ろう!

県民の森デジカメ画像 021  県民の森デジカメ画像 023  県民の森デジカメ画像 034
セミナー参加者が集まる(石川弘樹氏はブリーフィング準備中だった)
モリトピアで用を足し、講師=私/受講者=私の「独りセミナー?」開始。
幹線林道を北上、明治百年記念広場を過ぎ、シュートン沢手前から急登。
木和田林道に入るつもりが、間違えて手前の赤木沢を降ってしまった。
調子を整えつつ幹線林道を戻り、不動滝の横からシャクナゲ尾根に向かう。
しかし風穴を観たくなったので再び木和田林道まで降りて再度北上。

県民の森デジカメ画像 036  県民の森デジカメ画像 041  県民の森デジカメ画像 044
日陰続きで寒い沢道を進み、薄氷が一面に張るおしどり池の脇から尾根へ。
ここまでグダグダのコース取りだったので、ここからはシンプルに進む。
昨年OSJレースで初めて東尾根を縦走した時は岩道続きに驚嘆したが、
久しぶりとは言え見覚えのある光景に今回は楽しんでゆっくりと走り歩く。
出発約2時間経過、東尾根展望台から目指す宇連山を望みながら北尾根へ。

県民の森デジカメ画像 049  県民の森デジカメ画像 051  県民の森デジカメ画像 055
シュートン沢に降りる大会コース分岐を無視して、岩道をひたすら進む。
風も止み人にも会わず静かだ、ひたすら静かだ、心も静かだ、腹減った。
途中、出発約3時間経過の北尾根展望台でタバコと携行食の休憩15分。
大幸田峠を通過する辺りから地面がムラに白くなり始めるが寒くは無い。

県民の森デジカメ画像 056  県民の森デジカメ画像 057
北尾根と西尾根を分ける宇連山分岐までやってきて妙にホッとする。
山頂を目指して進むと、棚山高原への分岐近くから再び地面が
白くなり、軽い雪上トレラン状態に昨年3月の白い高尾山を思い出した。

県民の森デジカメ画像 058  県民の森デジカメ画像 059  県民の森デジカメ画像 061
底の磨り減ったコンチネンタルディバイドでは氷状に凍結した地は滑り、
気を遣うほどに体は疲労、だが途中に南アルプスを眺望して心地よい。
出発約4時間経過で頂上園地に立ち、グダグダ登山走の往路が終わった。

県民の森デジカメ画像 063  県民の森デジカメ画像 067  県民の森デジカメ画像 069
大会コースの棚山周回は念頭に無いので、西尾根南尾根の縦走で帰る。
滝尾根分岐の景色を見てゾクッとした、昨年レースで足が死んだから…
西尾根を進んで分岐を間違え、後追いで来たトレラン女性と道迷い。
ルート復帰まで30分以上は時間を失って体力も消耗、まぁ練習一環か。
南尾根名物?の小刻みなアップダウンが始まり、足が重くなってきた。
展望台まで待てずに、本日2度目のタバコと携行食の休憩15分。

県民の森デジカメ画像 073  県民の森デジカメ画像 076  県民の森デジカメ画像 078
陽も傾き始め、昨年レースで完全にゾンビ状態の終盤走が脳裏に浮かぶ。
南尾根展望台を過ぎると、何やら後ろの山が人の気配で騒がしい、
石川セミナー一行が追撃(?)してきているようなので、精一杯先を急ぐ。
岩道が途切れ草道から森に入って最後の山をジグザグに降り舗装路へ。
大会同様に舗装路を回りゴール地点までスパートして終了、約6時間経過。

県民の森デジカメ画像 079  県民の森デジカメ画像 080
森から降りるセミナー一行を尻目に車を出し「鳳来ゆーゆーありいな」へ。
結局「独りセミナー?」は、対OSJ練習にはまだまだ緩すぎる変則さ、
ハイキングにしては若干厳しい気もするが、私なりに楽しめた行程だった。
まあ、講師と受講者がイイ加減な同一人物なのでこんなものだろう、と
湯に浸かり、自販機の安アイスクリームを舐めながら思っていた。
コメント (6) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2010年01月19日 23時29分]

「独りセミナー?」お疲れ様でした。
写真見ますと本当に「登山」って感じですね。
「かなりきつい」と言われるのが解るような気が・・・

自分も2月中迄には「セミナー?」を実施したいと思っておりますm(_ _)m

to:ちんきーさん
kisanjin URL [2010年01月20日 00時13分]

>本当に「登山」って感じ…「かなりきつい」…
今回の私的ルートではシュートン沢を通っていませんが、それ以外はOSJ11Kコースと重なっていますからね。11Kは最終制限が4時間なので動き続けられれば充分余裕があると思います。トレ「ラン」だと思うときついかもしれませんが、「高速歩行」登山大会くらいに思っていれば楽しく過ごせますよ、きっと。

もの凄い偶然
山神親父 URL [2010年02月08日 01時25分]

初めまして。
帰山人さんが以前の記事に書かれていた、未来の山神の親父です(笑)。
偶然にと言うか、息子のことがどっかネットで書かれてないかと思って検索したら、こちらのブログに辿り着きました(笑)。
いやー、うちの息子に目を付けるなんてお目が高い!
と言うより褒めすぎです(^^;)。
でもあのレースは、期待以上の結果を残してくれました。
ちなみに私は20位・・・orz
もう息子には勝てません・・・

で、タイトルに書きましたが、何が偶然かと言いますと、このトレーニングキャンプ2日目に、実は私と息子も参加してたんです!(笑)
http://www.powersports.co.jp/osjtrail/10_shinshirotrail/report.htm
よろしければこちらご覧になってください。
大人に混じって1人ちっこいのがいます(笑)。
ちなみにそのすぐそばにいる髭面が私です(^^;)。
でもこの日は帰山人さんを追いかけて(?)、途中短い休憩を挟みつつ、6時間ちょっと、距離にして約28kmほどあの超ハードコースを走ったのですが、息子は最後までほぼ遅れることなく先頭グループで走り切ってしまい、その走りには講師の石川さんも驚いていました。
息子は4月からようやく中学生ですので、まだ出場できるトレランの大会も限られています。
なのでその数少ない出場機会の斑尾の大会は今年も出ようと思ってます。
去年の大会は帰山人さんも出場されたんですよね?
もし今年も会場で見かけましたら、気軽にお声をかけてくださいね。

親バカが長々と大変失礼致しました。

to:山神親父さん
kisanjin URL [2010年02月08日 15時05分]

なんと!山神様の父上直々に拙自ブログにお越しとはm(_ _)m恐縮至極。
> いやー、うちの息子に目を付けるなんてお目が高い!
そりゃあ、恐るべき走力に加えて斑尾の表彰式で「楽しめてなかなか
良いコースだった」とコメントする小学生はタダモノじゃないでしょ!
すばらしいご子息をお持ちで羨ましい限りです。

そしてナルホド、OSJ新城練習レポの写真写っていますね。
こんな偶然ってあるんですね。先にわかっていればご挨拶して、
サイン貰ったのに(石川さんや親父さんじゃなくて颯人君のネ!)(笑)。
・・・「せ、先頭?大人に混じって小学生が?あのOSJコースでか?・・・
し、新城ロングの練習走で28キロも?・・・ば、バケモノか!」
(↑すいません。驚愕を某アニメに例えたかっただけで、ご子息を
バケモノ呼ばわりして・・・他意はありませんがヤッパリ凄すぎます。
そりゃ石川弘樹氏も腰を抜かしているでしょうよ、期待最大で)

そうかぁ、背後の山から「追撃」を受けている気配がしたけれど、
「山神」に追いかけられていたんですね、私は・・・どうりで凄い気配!

>もし今年も会場で見かけましたら、気軽にお声をかけてくださいね。
ありがとうございます。私は斑尾は昨年一昨年とロングで参加しました。
今年も出走するかどうか未定ですが(五岳を狙おうかと…)、
大好きな大会ですから行きたいと思っています、よろしくお願いします。
あ、山神様にもオヤジファンの声(笑)よろしくお伝えください。

No title
山神親父 URL [2010年02月09日 10時22分]

「トレイルランナーに対する一番の褒め言葉って何だと思う?」
「・・・『速い』じゃ、ないんですか?」
「俺は、『バケモノ』だと思う(笑)」
と言う訳で、息子への一番の褒め言葉ありがとうございます(笑)。
帰山人さんの記事、コメントは昨日息子にも見せておきました。
今度は息子本人のコメントも書かせてもらいますね。

そう言えば、帰山人さんは愛知県の春日井市にお住まいだと他の記事で読みましたが、これまた偶然にも、春日井市の高蔵寺で開催される、弾薬庫一周マラソンに一昨年、私と息子達で参加したんですよ!
一周マラソンなのに、コースを二周する(笑)約15kmの部門に参加して、結構アップダウンのあるタフなコースだったのですが、颯人は1時間4分ちょっとのタイムで、数百人中16位と言う成績だったと思います。

我が家は八ヶ岳山麓の高原地帯にありまして、舗装道路を僅か数百mしか通らずに赤岳山頂まで行けてしまうド田舎ですので、帰山人さんのお住まいとは決して近い訳ではないのに、何だか不思議な縁を感じますね(笑)。

to:山神親父さん
kisanjin URL [2010年02月10日 13時50分]

マラソン走りに春日井まで来た・・・ってどんな行動半径で走大会に出られているのでしょう!もしかして全国の走大会を総ナメに荒らしまわっているとか?・・・高蔵寺の平和マラソンは山神親子に遅れること1年、昨年走るつもりでしたが、コーヒー学会と重なって断念しました。

そうですか、山神親子のオウチは八ヶ岳山麓ですか・・・って私はその辺りに行ったことも無いので全くわかりませんが、どの辺りかもわからないまま「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」にエントリーしてあります(笑)。ますます不思議な縁になるのかなぁ・・・あ、完走だけが目標の鈍足ランナーにアドバイスも含めて山神様からコメント待ってま~す。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/198-59b0fa3b
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin