オマケも付けてみる

ジャンル:スポーツ / テーマ:マラソン / カテゴリ:走の記:大会編 [2009年09月28日 06時00分]
時間軸を入れ換えて「オマケ篇」から

鬼久保ふれあい広場から温泉施設「本宮の湯」方面へ、
本宮山スカイラインを車で降りながら、ふと思いついた。
どうせ今は汗まみれ塩まみれのトレラン姿のままだ、
「走だ!初体験の本宮山に登ってから温泉に浸かろう!」

本宮WC
登山口近くのウォーキングセンターから砥鹿神社奥宮への参道登山開始。
すぐに息が上がって歩いたり走ったりになるが、下山時にとばせそうな
気持ちの良いところもあって、それを励みに疲れた体を前へ進める。
本宮1
道の脇に現れる丁石を「何だ、もう20丁目か」とか思っていたが、
馬背岩を過ぎたあたりから汗ダラダラ息ゼイゼイでペースダウン、
「まだ35丁目かよ」とか石段や丁石を恨めしそうに見るバチあたり。
本宮2  本宮3
やっとの思いで奥宮まで登り、本宮山の山頂三角点にタッチ。
本宮山頂
陽が傾き吹く風もヒンヤリしてきたので、休憩を切上げて下山。
急階段や岩場は、目では走り降りているのだが体はノソノソ鈍い動き。
それでも最後の2kmくらいは、自分なりに精一杯かっとばし、
往路約1h16分、帰路約51分の本宮山登山を終えた。
本宮の湯
その後、「本宮の湯」にとっぷりと浸かっている間に日もとっぷりと暮れた。

では「本篇」を。

(晩夏の変態大会「かっとび伊吹」を除き)人生初にして
トレランにはまるキッカケとなった昨2008年初秋のトレラン大会。
すべてがウブでドキドキだった、あれから1年…私は帰ってきた!

2009年9月27日
『三河高原トレイルランニングレース 2009』 24K

会場広場を周回してアップするランナーを眺めながらタバコを吸ってると、
あ、あのナンバーは「ちんきーさん」だ、で初対面の挨拶を交わす。
「余裕ですね」「いえいえ、ニコチン中毒なだけです」「またアップします」
うーむ、ちんきーさんの気合いとドキドキ感、私はどこに忘れてきたのか。

スタートして当初、雰囲気だけうろ覚え、こんなコースだったのか。
それにしても、予想以上に気分も体も重い。原因は気道炎?練習不足?
三河高原1
第一エイドのトイレで用を足すと、ちょっと体が軽くなり、気分も回復。
それにつれて、あぁこんなコースだったな、と思い出しながら少し加速。
mikawa1_20091026211531.jpg 三河高原2
第二エイドのアンパン、意外と摂らずに行ってしまう選手が多い、
では、私が2つ頂戴しますモグモグ…
mikawa2_20091026211525.jpg 三河高原3
エイドのチビッコ応援隊にも、途中すれ違った大集団の熟年ハイカーにも、
応援され声を返しハイタッチしながら走る、前回よりは余裕があるな。

あ、この木は確か去年クランプで動けなくなって体を支えてもらったヤツだ。
今年はそうはいかないぞ、としばらく走っているとゲゲゲッ脹脛に違和感。

必殺!早めの立ち止まり塩補給で回復し、終盤の倒木越え走りを楽しむ。
今大会は一度も時計に目をやらず、組み立て無しで走ってフィニッシュ。

タイム 2h29分43秒

記録は前回より10分強しか縮んでいないが、やはりこの大会は快適だ。
ショート9K出場のちんきーさんの貼出し速報…あった!早い!初レース見事!

駐車場で汗も拭わずタバコを銜えると、「あの、ブログ書いてる方ですか?」
と突然話しかけられ、ビックリしつつも内心はやはりウレシイ。
トレラン歴約4年の喫煙ランナーの方で、前スカイレース次ハセツネだそうで…

あ、小麦物語のパン、レース途中で食べる暇がなかった…後で食べよう!
この後、オマケ登山に挑戦してヘロヘロに楽しんだ一日であった。
【2009年9月28日 追記】
速報リザルトが出た。

総合(コース別) 207位/567
年代(クラス別)  86位/179

10人競争なら4位か5位、まずまずである。
順位どうこうよりも、関門や最終制限時間を気にしないで進める走力、
そういう自覚が何よりもウレシイ。

但し、これは「この程度の走力で」「この程度の時間と距離を進む」という、
ごく限られた条件下でなくては出ない結果でもあろう。
もしもこの大会と同じ距離程度でも、急登が全く無い大会ならば、
スピードの限界で格段に順位は落ちるだろう(ロードのハーフがそうだ!)。
またこの大会と同じ距離程度でも、OSJ系の如くもっと累積高低差があれば、
足持ちの限界で格段に順位は落ちるだろう(OSJ新城がそうだ!)。

課題はまだまだ多いし、ロードかトレランか、ハーフからフル距離かウルトラか、
参加する大会によって方向性が変わってくる分岐点に来ているのかもしれない。
が、今はどんな大会内容でもそれなりに楽しめるので、
深くは考えずに走りたいところを走ることにしておこう。
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ちんきー URL [2009年09月28日 23時24分]

レースお疲れ様でした。
自分のリザルドは帰山人さんのアドバイスのお陰です。
ありがとうございました。

それにしても帰山人さんはタフですね~
24kのレース後本宮山に登られたなんて・・・脱帽です。
自分も頑張ってロングに出れるように頑張って行きたいと思います。

これからもよろしくお願いしますm(_ _)m


to:ちんきーさん
kisanjin URL [2009年09月29日 18時22分]

いやぁ、ちんきーさんの気合と走力ならば「抑えて走れ」
は余計なオセッカイだったかも…

本宮山は私にはイッパイイッパイでしたが、
出掛けたついでのオマケということで…

世の中にはツワモノが数多いるんですよね。
例えば、おんたけウルトラを100K走った後に、
スカイレースのコースで御嶽山へ走りに行った…
もはや同じ人類とは思えん!(笑)

No title
しんろく URL [2009年10月04日 17時50分]

遅ればせながら、三河高原お疲れ様でした。
走破記を読ませていただいて、来年は出てみたいと思いました。
僕も方向性については、長距離のロードは性に合わないな、と感じていますが、職場で「フルマラソン完走が目標です」と言ってしまったので、フルは早く挑戦してクリアしたい課題です。

to:しんろくさん
kisanjin URL [2009年10月05日 15時51分]

私の場合は、最初の10K大会直後に3ヵ月後のフルマラソンをエントリー、
あっと言う間に初フル当日を迎えていました。 何とか完走しましたが、
今考えると、怖いもの知らず&ビギナーズラッキーだったな、と…
でも、あの挑戦がなければ、かっとびもトレランもやっていなかっただろうし。
生き急ぎたくはありませんが、楽しむことを先延ばしするのはもっと損だろうし。

だから、
フル挑戦、
是非クリアしてください! 

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/165-444d75f9
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin