かっとばない伊吹みたび

ジャンル:スポーツ / テーマ:マラソン / カテゴリ:走の記:日常編 [2009年09月21日 02時00分]
2009年9月20日
「夢高原 かっとび伊吹2009」から早や3週を過ぎて、
大会以外で今年3回目の伊吹山登山。
大会コースを初めて忠実に登ってみることにした。

雲一つ無い快晴、クッキリとした伊吹山を見上げながらスタート。
気分は爽快のハズだが、バックパックの負荷以上に体が重い。
林道に入ると左脛に違和感…まずい、シンスプリントか、何で?
一合目に来ると、覚悟はしていたが、ハイカーの数が半端じゃない!
こりゃあ登りも降りも(私が)迷惑になるなぁ、と先に心中で詫びる。
7合目付近からは体の調子も若干良くなり、まずまずのペースで登り、
約1時間52分で山頂ゴール。

山頂は人で溢れているが、毎々三角点付近は人影まばらである。
伊吹山三角点
抹茶ソフトクリームとタバコで一服し、下山開始。
往路で追い越したハイカーから「エッ、もう山頂まで行ってきたの?」多数。
三合目まで約40分で降る。
うーむ思ったよりも足持ちも良さそうなのでやってみるか…

ハイカーを追い越すと、「アレッ、さっき降りてきた人じゃない?」多数。
私が三合目から登り直しているので、当然こういう反応になるわけだ。
約54分で本日二回目の山頂ゴール。
山頂からの展望は良いままだが、午前午後で見せる姿が微妙に異なる。
山頂展望1  山頂展望2
バニラソフトクリームを食べ、クールダウンしながら、
次から次へと頼まれる記念撮影のシャッター係の連続。

二回目の下山を開始、大会ルートを逆に駆け下る。
約1時間15分でスタート地点JOYいぶきに戻った。

前々回は普通に登山、前回はプラス北尾根進入、
今回は大会コース忠実登山に、おかわり登山?、
伊吹山は工夫次第でまだまだ楽しめそうである。
コメント (3) /  トラックバック (0)

コメント

No title
しんろく URL [2009年09月21日 22時27分] [編集]

 ご来訪ありがとうございました。一人かっとび、お疲れ様でした。3合目からの再登頂私もやってみたくなりました。
  いままで、僕が伊吹山で会った一番のつわものは、帰りの2合目付近から登山口まで一緒に歩く中で話をして「あさ4時半に起き10km走ってから、始発で近江長岡まで来て、そこから歩いて伊吹山登って、これから同じように帰って、ジムで2時間筋トレする予定。ジムが定休日だったら2往復するんだけどね、飽きちゃうのがねぇ」と軽ーく、語ってくれた62歳・愛知県一宮市の方

to:しんろくさん
kisanjin URL [2009年09月22日 09時41分]

こちらこそブックマークありがとうございます。
「つわもの」いますねぇ。 近江長岡と上野登山口の間は往復約10km位ですか? 計20km+伊吹山登山2往復!…私にとっては、絶対不可能とは思いませんが、日常の域は超えています。 っていうか、朝4時半起床で撃沈しそうだなぁ。

ひとりごと
kisanjin URL [2009年09月22日 12時12分]

某TV番組に演歌少女が出演していた。妻と息子が「おっ、『さくら・まや』だっ!」。続いて「オトンが好きなのは?」「それは『いぶき・やま』!」とかけあって爆笑していた… クソッ、このネタ既に仕込んでやがったな! まぁ、確かにオトン(私)は『さくら・まや』に興味はないが、『いぶき・やま』はお気に入りじゃ!

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/163-cef2ab3a
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin