蕎麦に居るね 2

ジャンル:グルメ / テーマ:うどん・そば / カテゴリ:食の記 [2009年08月17日 00時50分]
北信・野尻湖方面へトレラン遊びに出かけ、当翌日で蕎麦三演。
 
2009年8月12日
斑尾山から下山し車で信濃町IC方面へ向かいながら独り「蕎麦食いてぇ!」。「ふじおか」は飯綱に移ったし「うえだ」にも遅すぎるし「若月」か「樹香」か…ここは手早く腹に入れる味とスピードとコストを考えて、道の駅とする。
 
「道の駅しなの ふるさと天望館」で、ざる蕎麦を食す。
天望館
粉・打ち・茹で・切り・汁、コレと言って特徴があるわけでは無いが、やはり食券蕎麦(?)の類ではかなりイケる方だと感心しながら、ズルズル。
 
食後はソフトクリームと決めていたが、これは道の駅では買わない。車で黒姫方面へ数分、農園直営「まつき」のブルーベリーソフト。
まつき
3年前に初めて食べて(私・家人・友人全員が)感動し、爾来リピートしまくり、未だ「まつき」超えに出逢えない、ブルーベリーソフトクリームの至高である。ウウッ、コレコレ、何故ここまでウマイっ?!
 
2009年8月13日
野尻湖別荘を起点に湖畔一周爽快ランを終えて独り「蕎麦食いてぇ!」。食堂的で大衆的で昼飯になる蕎麦屋を新規開拓に行こう…車で県道96号を飯山方面へ向かい、旧豊田村(現中野市)の永江涌井地区に。
 
「きたざわ」で、ざる蕎麦大盛りと天ぷらを食す。
きたざわ1 きたざわ2
窓を開け放した小上がり、お茶と灰皿はセルフ、店奥では甲子園中継の音。夏の昼の山の田舎の蕎麦屋としてこの上ない雰囲気、好いねェ。
きたざわ3 きたざわ4
蕎麦も天ぷらも量的CP比はかなり良い。蕎麦は柔らかく、汁はかなり甘い。個人的嗜好では、都会の高級店なら許さない仕立てだが、これはこれでよいかと素直に思えて、ザクザクズルズルモグモグ。湯桶が金属製急須とは珍しいな、と周囲のテーブルを見渡すと、湯桶は色も形も素材も全部バラバラの間に合わせ、好いねェ。
 
腹をさすりながら店を出て、数百メートル移動する。
 
「美雪荘」で、水そばセットと天ぷらを食す。
みゆき1 みゆき2
きたざわに比べると店構えも仕立ても少し上品な雰囲気ではあるが、看板は「峠のそば屋 美雪荘」、暖簾は「みゆき」、カードは「みゆきそば屋」…
みゆき3 みゆき4
蕎麦も天ぷらも量的CP比はかなり良い。蕎麦は前店よりも硬いが、角がバシッと立つほどではない。ざるそばとは別に水そばをセットにして、好みの塩を添えてあるのがニクい。水そばは狙い通りの蕎麦の香りがある。ざる汁は前店よりも甘くなく私本来の好みに近い。蕎麦全体で好みを言えばきたざわより美雪荘か? ザクザクズルズルモグモグ。隣席の家族連れが「うぅ、お腹イッパイ、大盛りじゃなくても充分」の声。隣のオッサン(私)は大盛り蕎麦と天ぷらを1時間内に2食分完食ですが…
 
信濃町方面へ戻る途中、道端のとうもろこし直売所に寄り、
直売所
「恵味(めぐみ)」を生試食(また食うか)して旨さに驚嘆、早速購入する。

この後、昨日に続き再び「まつき」のブルーベリーソフトを買い食い(さらに食うか)。

続いて、「むれ温泉 天狗の館」で腹ごなし?の温泉入浴。
霊仙寺湖
雨が降り出し、施設横の霊仙寺湖奥の山々は全く見えなくなったが、
虹
野尻湖方面に戻る途中には雨も小止みとなり、田園見渡す美しい虹。食って浴びて観て、の北信半日周遊を満喫して別荘に戻った。(アッ、天狗の館で風呂上りに地元産桃ジャム添えソフトクリーム食ったな)
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

蕎麦が食べたくなってしまいます
den04nejiddd URL [2009年08月18日 22時52分]

蕎麦とブルーベリーソフトがおいしそうで!
蕎麦三店も行くなんて、うらやましいです(^q^)←蕎麦好物
「きたざわ」さんの雰囲気とメニューの少なさに心打たれました。

そうなんですよ
kisanjin URL [2009年08月20日 10時12分]

ひたすらウマイ蕎麦を質的に追っかけると、イヤでも「3箸(口)で終わる蕎麦」比率が増えてしまう(それはそれで納得感はある)のですが、「蕎麦食いてぇ!」の時には「きたざわ」や「美雪荘」のような蕎麦屋もありがたい存在です。
かつて岐阜「胡蝶庵」主人が、他店紹介で同市内の「更科」の名を挙げ、私は感心しました。「胡蝶庵」で屈指のざる蕎麦をすすり、「更科」で冷やたぬWを食らう、このハシゴ食いにまた行きたいです。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/153-e30f79b0
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin