只ほど怖いものはない

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2009 [2009年07月23日 01時00分]
マクドナルド「プレミアムローストコーヒー無料配付」が発表された。
2009年7月24日から1週間、プレミアムローストコーヒーを
朝1時間1杯無料で提供するらしい(関東地域のみ)。
私には「ヤッパリ」であり「オイオイ」の話題である。

日本マクドナルドが昨2008年に投入した「プレミアムローストコーヒー」は、
オリコン調査でスターバックスやドトールを抑えて「買いたいコーヒーNo.1」
を獲得し、気を吐いていた。
もっとも、コーヒー販売を主軸にする「カフェ」業態化は、ミスタードーナツや
モスバーガーでも行なわれ、近年のファストフード業界での潮流である。
簡単に言えば、「スターバックスやドトールを真似て客を奪いたい」戦略。
ただでさえ日本の(個人経営・地場経営の)喫茶店業界では、
スタバ上陸を「業界に黒船襲来」と言い、衰退の一途を嘆いていたところに、
ファストフード業界のカフェ化戦略は追い討ちをかけられたも同然だった。
だが、大きな視角でコーヒー店の歴史的文化的な変遷をたどれば、
昔から新旧業態間での勃興と淘汰は繰り返される必然でもある。

しかし、今夏のマクドナルドのコーヒー無料配布については、
今までの変遷とは違う怖ろしさと悲しさ、を私は感じている。
喫茶業界の土台を侵すほど自ら「プレミアム」を名乗った高名商品を、
再びコーヒーは「集客の釣り餌」程度の代物として扱うことになる。
この策を、日本マクドナルドのマーケティング戦略としての成否に関わらず、
コーヒーの飲食料としての位置づけをさらに低下させ、
コーヒー喫飲文化を自己破壊する行為、と評しては大袈裟すぎるだろうか?
日本マクドナルドとしては、仮に失敗策と思えば(マックカフェ閉鎖と同様に)
早々に撤収させるのだろうが、
「只(タダ)」に貶められたコーヒーには切ない将来しか見えない。

「マクドナルドはコーヒー店足りえるか」という私の疑念に対して
「ヤッパリ」違うという結論であり、
「コーヒー文化への自爆テロ行為」には「オイオイ」と言わざるをえない。
【2009年8月18日 追記】

報道各社による今8月11日の発表では、ついに、そしてやはり、
「マクドナルド、朝のコーヒー無料キャンペーン 全国で展開」。
近畿圏で14日から20日、関東・近畿を除く地域では21日から27日に提供。
先の関東圏では合計40万杯以上の利用があり、
集客効果が確かめられたため地域を拡大する、とのこと。

先行した関東圏では約1000店舗を窓口にしたので、
今回の全国展開分の約1300店舗で同じ利用率を想定すると、
累計92万杯以上を無料とすることになる。
実に1億1千万円分!がタダ。

マクドナルド「プレミアムローストコーヒー(アイス含む)」は、
2008単年度で約2億6000万杯が販売されたので、
全部をSサイズ換算しても約312億円となる。
もし、これが全部タダ、という日が来たら…怖い怖い。
もっとも、店舗売上高が5183億円(2008年度:FC店合算)という
日本国内の飲食業首位マクドナルドから見れば、
コーヒー程度の代物には「プレミアム」を感じないのかもしれない。

以前から外国人に、日本人の「水はタダ」意識が揶揄されるが、
まさか「コーヒーはタダ」とまで貶めたいわけでは無かろうに、
日本マクドナルドよ。
これ以上、コーヒーや喫茶の文化を破壊することはやめて欲しい。
コメント (4) /  トラックバック (0)

コメント

No title
ナカガワ URL [2009年07月28日 00時17分]

マックのプレミアムは、モカ(エチオピアです)が入っていたようです。昨年夏から秋にかけてレシピ変更を余儀なくされたはず。プレミアム投入は「マックをめざす」スタバへの嫌がらせと思いました。出始め100円で飲んで「あり」だと思いました。しばらくして京都の店で「洗剤臭」騒ぎがありました、陰謀かな?近日100円で飲んでみます。

No title
ナカガワ URL [2009年07月28日 00時24分]

9月に日本はICOを脱退するらしいです。(要確認ですが)
エチオピア商標問題も、日本側は「地名」を登録はできないと拒絶したらしいです。(これも要確認ですが)

確かに
kisanjin URL [2009年07月28日 09時24分]

> マックのプレミアムは、>出始め100円で飲んで「あり」だと思いました。
私も初めは「あり」だと思いました(あくまでコストパフォーマンスとしてですが…)。
でも2度目以降は味ブレが酷くて敬遠してしまうようになりました。

>プレミアム投入は「マックをめざす」スタバへの嫌がらせと思いました。
まあ、遡ればUCCとの供給提携の棒を折った時点で、日本マクドナルドのコーヒーに対する姿勢の本音は見えていたと思います。味がどうとかいう対抗策ではなくて、マーケット論でしか考えていないプレミアムってことでしょうね。
私はゴメンナサイなので、試飲はおまかせします(笑)。

それはそれは!
kisanjin URL [2009年07月28日 11時52分]

> 9月に日本はICOを脱退するらしいです。
どちらにしても市場管理協定を実行する機構としては機能してませんからねぇ。願わくば、今の世界不況などという(歴史的には短期の)事象を要因にしない、機構や協定の存在意義を問うた判断で行なってほしいものです。

> エチオピア商標問題も、日本側は「地名」を登録はできないと拒絶したらしいです。
この問題も根源的には、近年USAが主導して他の消費国が追随した身勝手な市場取引のツケが回っているような気がします、私には。
拡げて論じれば、トレーサビリテイー指向とかにも関わることなのでしょうが、歴史的に渡り偽装やすり替えを隠蔽したがる業界体質では、陳腐な話にしか思えなくて…

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/147-b76446f6
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin