怨がる きっと、てくにかる

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2018年06月29日 01時30分]
ギータ・フォガトは、2013年の女子レスリング・ワールドカップ(ウランバートル)で栄希和に勝ったが、2015年の女子レスリングのアジア選手権(ドーハ)と世界選手権(ラスベガス)で伊調馨に敗れた。2018年1月25日、映画『ダンガル きっと、つよくなる』(2016)の試写会が日本レスリング協会関係者向けに開かれた。鑑賞後に伊調馨は「ギータ選手と妹さん(バビータ)との姉妹愛も印象に残りました。自分も姉(千春)がいる。いろいろ試練があっても、周りに正しい道に導いてくれる人がいるのは幸せなことです」と述べ、栄和人は「泣いた。一人の人間を育てる、その難しさと喜びを、指導者として、娘(希和)の父として痛感した」と言った。その後、『ダンガル きっと、つよくなる』は2018年4月6日に日本の劇場で公開され、同日に栄和人は伊調馨らへのパワハラ騒動で日本レスリング協会強化本部長を辞任した。新旧が混じり真偽が判らないレスリングの世界…怨(えん)がる きっと、てくにかる。
 怨がる きっと、てくにかる (1) 怨がる きっと、てくにかる (2)
 
『ダンガル きっと、つよくなる』(Dangal/दंगल) 観賞後記
 
 《ダンガルとはレスリングの意味。実話をもとに、インドの女子レスリングを
  飛躍させた姉妹とそれを育てた一徹親父をえがく。歌と踊りはないが、
  レスリングの描写がわかりやすく、非常に興奮させる。》 (宇田川幸洋/
  『日本経済新聞』夕刊 2018年4月6日)
 
 怨がる きっと、てくにかる (3)
この宇田川幸洋の簡潔な評で、テクニカルフォール。アーミル・カーン主演のスポ根ボリウッド映画といえば『ラガーン』(Lagaan/2001)になるのだろうが、あれはクリケット。クリケットのスポ根TVアニメといえば『スーラジ ザ・ライジングスター』(Suraj: The Rising Star/2012-2013)になるのだろうが、あれはインド版『巨人の星』。『巨人の星』の原作漫画を描いた川崎のぼるは、映画『ダンガル きっと、つよくなる』を観てこう言った。
 
 《はるか以前になりますが、私が週刊誌に「野球物」と「レスリング物」の連
  載を同時期に描いていた事がありまして、まるで自分が二つの作品を
  合体させたような気分で作画構成しているような感覚に陥り、次のシー
  ンは!次はどう展開して行くか?身を乗り出して最後まで飽きることな
  く観終えました。》 (川崎のぼる/Webサイト『ダンガル きっと、つよくな
  る』)
 
 怨がる きっと、てくにかる (4)
この川崎のぼるの評で、テクニカルフォール。週刊少年マガジン連載の野球漫画『巨人の星』(1966-1971)と週刊少年サンデー連載のレスリング漫画『アニマル1(ワン)』(1967-1968)、《二つの作品を合体させたような》映画、それが『ダンガル きっと、つよくなる』である。この映画の気分は、『アニマル1』よりも重いが『巨人の星』よりは軽い。劇中でギータ(ザイラー・ワシーム:幼少期演)が引いた‘コンダラ’は、「♪ 重いコンダラ 試練の道を」と星飛雄馬が引いたそれよりも軽い。
 
 怨がる きっと、てくにかる (5)
ギータとバビータの姉妹、その青年期を演じたファーティマー・サナー・シャイクとサニャー・マルホートラも悪くはないが、本人が演じてもイケたんじゃないか? いや、いっそのこと、父マハヴィル役がアニマル浜口で、姉妹を川井梨紗子・友香子、代表団コーチのプラモド役を栄和人でリメイクしてもイイかもしれない。新旧が混じり真偽が判らないレスリングの世界…怨(えん)がる きっと、てくにかる。
 
 怨がる きっと、てくにかる (6)
2012年にインド映画の制作大手UTVモーション・ピクチャーズを傘下に収めた時点で、ウォルト・ディズニー社へアテンション(注意)を私は課した。ディズニー社は2016年にヒンディー語の映画制作事業から撤退する方針を示したが、その前年から撮影された『ダンガル きっと、つよくなる』はディズニー社の資本で製作されていて、コーション(警告)を私は課した。2017年12月には、21世紀フォックスを買収したことでスポーツ娯楽番組を放映するスター・インディアも傘下としたディズニー社、同月、『ダンガル きっと、つよくなる』の日本公開をギャガと初の共同配給にしたのもディズニー社、私はコーションを2つ追加した。ディズニー社はコーション3つで失格、さっさと映画とスポーツの世界から消え去るべき…怨(えん)がる きっと、てくにかる。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1141-52a72aeb
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin