誰の性でもない雨が

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2018 [2018年06月16日 01時00分]
♪ 誰のせいでもない雨が降っている しかたのない雨が降っている…と、中島みゆきは歌った(「誰のせいでもない雨が」/『予感』 1983)。そして、コーヒーの世界にも、誰の性(せい)でもない雨が降っている。
 
 誰の性でもない雨が (1) 誰の性でもない雨が (2)
 《…カフェと政治規制という話題ですと、私の公式の研究分野である20世
  紀初頭のカフェにもある特徴的な現象があります。ベルリンのカフェ・デ
  ス・ヴェステンスやミュンのシュテファニーといった世間一般から誇大妄
  想狂のアナーキストたちの集まりという風評の立ったカフェには、LGBT
  の存在が顕著です。彼らは当時の刑法175条撤廃の運動を起こしてい
  ました。175条は同性愛を不埒な行為として処罰することを定めた条項
  です。こうした不埒な撤廃要求を掲げるアナーキスト達に対して、政治当
  局は罰則の適用を強化します。同性愛者を罰する傾向はヒトラー・ナチ
  ズムの時代に頂点に達します。SA(ナチス突撃隊)の長官エルンスト・
  レームやグレゴール・シュトラッサーを同性愛者として粛正する「長いナ
  イフの友」という事件です。三島由紀夫が『わが友ヒットラー』で描いた事
  件ですね。ナチ時代、同性愛者は強制収容所に送られました。しかし現
  代ともなれば、カフェに見受けられるLGBTは、国際的人権活動に擁護
  された、民主主義的リベラリズムの定着度を示すバロメータだと言える
  のではないでしょうか。》 (臼井隆一郎:談 「嗜好品と政治学 討論」 第
  15回嗜好品文化フォーラム/『嗜好品文化研究』第3号 嗜好品文化
  研究会 2018)
 
LGBTが見受けられるのはカフェだけではない。ベルリンの写真家レナ・ムハは、それをコーヒー生産国で探した。そこでは、黒い枝の先ぽつりぽつり血のように、コーヒーが自分の重さで落ちてゆくのではないか?
 
 誰の性でもない雨が (3) 誰の性でもない雨が (4) 誰の性でもない雨が (5)
 《エヘ・カフェテロは、南米コロンビア西部にあるコーヒーの一大産地。緑豊
  かな山々の奥深くにコーヒー農園が密集しているが、そのなかのいくつ
  かの農園に、ほかで見かけないユニークな人々が働いている。彼らは、
  農園での1日の仕事が終わると、寮に戻って化粧をし、アクセサリーを
  身につけ、女性らしい服を着る。(略) ムハ氏はトランスジェンダー女性
  を見つけ、彼女たちの物語を伝えようと、この地方をバイクで探し回った。
  最初はかなり苦戦した。女性たちはなるべく人目につかないように暮ら
  しているうえ、仕事を求めて農園から農園へと渡り歩いているからだ。
  (略) トランスジェンダー女性のほとんどが、コーヒー農園の周辺地域や
  隣の県から来ている。コーヒー農園での仕事は、彼女たちがありつける
  唯一の仕事であることが多いが、農園には寮があり、食事も出る。》
  (「トランスジェンダー女性たち、コーヒー農園で自分らしく働く」/Web
  サイト『National Geographic』日本版 撮影ストーリー 2018年4月
  16日)
 
コーヒー農園に見受けられるLGBTは、《民主主義的リベラリズムの定着度を示すバロメータだと言える》だろうか? そこにも、誰の性でもない雨が降っている。日々の暮らしが降っている。もう誰ひとり気にしてないよね…《農園から農園へと渡り歩いているからだ》。
 
 《今、僕は人類がそもそも何で定住を始めたのかということが気になってい
  ます。どうも問題の本質は人類の定住文化の成立にあるようにしか思え
  ない。直ちにやめて、そこから始めましょうよって思うんです。》 (臼井隆
  一郎:談/前掲『嗜好品文化研究』第3号)
 
 誰の性でもない雨が (6)
Latte Art(ラテアート)とGeisha(ゲイシャ)とBarista(バリスタ)とThird Wave(サードウェイブ)…コーヒーの世界にも、LGBTがある。コーヒーの世界にも、誰の性でもない雨が降っている。早く、月日すべての悲しみを癒せ。月日すべての悲しみを癒せ。
 
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

誰の正でもありゃしない!
珈琲我が一部 URL [2018年06月17日 07時25分]

時代の流れ?と言ってみたところで、空虚な自己満足なのか?メディアにふれ、プロバガンダにつつかれて求めてみることも自主的かもしれない。マスターベーションと感じても、我想うに我ありと?CUPから農園まで!とお題目を唱えても、農園が第一次産業と感じなければ、ワンカップ大関でも同じことか?農園からCUPまで!が時系列ではないのかなぁ。
ぼんやりした不安!! 珈琲我が一部と自問自答してみても、ホットでもアイスでもない、ぬるい珈琲をすすっていても、好みと言う天秤に判断を委ねている。
批判でも付和雷同でもなく、最近の心境にて悪しからず。みんなおいらが悪いのさぁ~。

to:珈琲我が一部さん
帰山人 URL [2018年06月17日 12時31分]

他者の想いに及ぼうとしても自己の恣意へ戻ってしまう。腹立ち紛れの人生は自分で憐れむ以上に実際に虚しいものです。脚下照顧。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1137-3c779d09
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin