四月はC&S

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2018 [2018年04月29日 01時00分]
2018年4月。カミさんへ毎年の誕生日に贈るコーヒーカップ、今年はWedgwood(ウェッジウッド)のLeigh Shape(リーシェイプ)のカップ&ソーサー、スウィートプラム・ダマスク(Sweet Plum Damask)。そんなわけで(どんなわけだ?)、四月はC&S(カップ アンド ソーサー)。
 四月CS (1)
 
2018年4月25日
 四月CS (3) 四月CS (4)
「とうしん美濃陶芸美術館」(岐阜県多治見市虎渓山町/2015年5月7日開館)を初訪、企画展「喫茶文化美濃 カップ&ソーサーの歴史」を観る。
 《明治・大正時代に作られ欧米に輸出された碗皿から、昭和の終戦後、高
  度成長期から現在まで、国内向けとして作られた美濃焼のカップ&ソー
  サーを展示いたします。各時代の市場とともに意匠や製造技術が変化し
  た過程をぜひご覧ください。》 (企画展案内)
「とうしん美濃陶芸美術館」は東濃信用金庫の研修施設「とうしん学びの丘“エール”」の一部であり、(企画展も含めて常に)入館無料。加藤五輔の染付や西浦家当主の西浦圓治(三代)が主導した西浦焼の美しさに見惚れる。これら明治期のカップ&ソーサーは、後代のものよりも品が良く上手。案内してくれた学芸員とその驚嘆を共感しながら歓談、カップ&ソーサーの歴史に遊んだ。
 四月CS (5)
その後、「まめ蔵」(岐阜県土岐市下石町)に行き、コーヒー(まめ蔵ブレンド/ケニア)を飲みケーキ(桜ロール)を食べながらコーヒー談議。
 
2018年4月27日
 四月CS (6) 四月CS (7)
「横山美術館」(愛知県名古屋市東区葵/2017年10月1日開館)を初訪、企画展「時を超え心揺さぶる カップ&ソーサー展」を観る。
 《本展覧会では、明治・大正時代に日本の各産地で制作されたカップ&ソ
  ーサーの他にコーヒーや紅茶、ホットチョコレートを飲むためのセット作
  品を、当館所蔵品の中から選りすぐり紹介いたします。》 (企画展案内)
「横山美術館」はプロトコーポレーションを創業した横山博一会長が社の40周年を記念して開いた施設であり、(企画展開催時は)入館千円。企画展のカップ&ソーサーは、予想通りにオールドノリタケが6割を占める。だが、それらとは趣が異なる好ましい品を感じた数セットは、明治期の西浦焼だった(笑)。
 四月CS (8) 四月CS (9)
その後、「吉岡コーヒー」(名古屋市瑞穂区駒場町)に行き、コーヒー(ネパール/ニカラグア)を飲みケーキ(レモンパウンド)を食べながらコーヒー談議。さらに、「星屑珈琲」(名古屋市千種区本山町)に行き、コーヒー(イルガチェフェ)を飲みながらコーヒー談議。
 
2018年4月28日
 四月CS (10) 四月CS (11)
「陶都創造館」(岐阜県多治見市本町/2018年4月7日改装開館)を初訪、館内の「博物館 多治見商人物語」で第1回企画展「西浦家の陶業」を観る。
 《このたびの展示につきましては4代圓治(本名 耕)所蔵の初公開して頂
  ける事になり、明治時代に世界に目を向け美濃焼の発展に尽くされた西
  浦家の業績を、是非ともご覧賜りますようお願い申し上げます。》 (企画
  展案内)
「陶都創造館」は本町オリベストリートの拠点として2000年に完成した「たじみ創造館」(中小企業基盤整備機構)の運営失敗から多治見市を仲立ちに多治見陶磁器卸商業協同組合(多陶商)が譲り受けて改装再生を図る施設であり、(企画展も含めて常に)入館無料。西浦家と西浦焼の歴史に遊んだ。
 四月CS (12) 四月CS (13)
その後、「スペース大原」(岐阜県多治見市小泉町)を初訪、「qualia-glassworks exhibition」を観ながら、「コクウ珈琲」の出張カフェでコーヒー(イタリアンブレンド)を飲みケーキ(チーズ/アーモンド)を食べながらコーヒー談議、根本焼その他の陶業も談議。
 
 四月CS (2)
「とうしん美濃陶芸美術館」が開かれたちょうど109年前、1906(明治39)年5月7日にウェッジウッド窯は最初の自社ミュージアムを開いた。その1906年の8月、西浦家の西浦猪三郎(四代西浦圓治の娘婿)は米欧の陶業視察の途にウェッジウッド窯を訪ねている。その真新しいミュージアムでウェッジウッドのC&S(カップ アンド ソーサー)を西浦猪三郎は観たのだろうか?…そんなことを想いながらの四月、C&S(カップ アンド ソーサー)とコーヒーに遊んだ。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1123-4739e3b5
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin