かすかに渋い

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2018 [2018年04月19日 05時00分]
コーヒーを飲んで‘渋い’と感じた場合、それは概して‘不味い’とか‘悪い’とか‘ディフェクト’(defect)とかに捉えられることが多い。しかし、これも人や時や場によりけりだろう。コーヒーが絡むテレビ番組によっては、番組自体を「かすかに渋い」と感じる方が面白い場合もある?
 
 かすかに渋い (1)
テレビ番組『マツコの知らない世界』(TBS系列)の「おうちコーヒーの世界」 2018年2月6日放送
 
 《で、これが私大好きな地元の最中(もなか)なので是非、鬼瓦最中っていう。
  ホント大好きで、私コーヒーに和菓子を合わせるのがとても好きで、中で
  も最中がいいかな、鬼瓦最中…》 (後藤直紀)
 《最中の宣伝になっちゃってますね。コーヒーより最中の方が好きですよね、
  全然熱量違うじゃないですかコーヒーと…》 (マツコ・デラックス)
 
パナソニック「NC-A56」で‘アククゥクゥン’って淹れた豆香洞ブレンドに対する評のように、番組全体にも《そんなイヤな苦さないですよ》という感。かなり臭い演出で、その味わいはかすかに渋い。
 
 かすかに渋い (2)
テレビ番組『サタデーステーション』(テレビ朝日系列)の2時間スペシャル 2018年3月31日放送
 
 《今、でも欲しいのは現実的に言うとコーヒーメーカーが欲しい。コーヒーすご
  い好きなので、おいしいコーヒーとかを淹れられるコーヒーメーカーあった
  ら毎日飲めるかなぁと思って、まず、まず最初に欲しいなぁと思って…》
  (髙木菜那)
 《姉からご褒美もらえたらなぁと思ってます、もう末っ子の特権かなぁと思って
  るのでやっぱりそこは、はい。そうですね、手始めに私もコーヒーメーカー
  買ってもらおう…》 (髙木美帆)
 
平昌冬季五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワには秋田犬が贈られるが、高木姉妹にコーヒーメーカーは贈られるのだろうか? かなり臭い演出で、その味わいはかすかに渋い。
 
 かすかに渋い (3)
テレビ番組『探検バクモン』(NHK総合テレビジョン)の「話題沸騰!GINZA高級商業施設」 2018年4月11日放送
 
 《なんでもいい、いただきたいわ。もう私は待ち遠しい、待ち遠しい、待ち遠し
  い。じゃ、違いを知りたいから飲んでみたい…》 (デヴィ・スカルノ)
 《もしも、お許しいただけるのであれば、もう一度。お召し上がりになれるよう
  なコーヒーではありません…》 (富田拓朗)
 
ミカフェート「GRAND CRU CAFÉ GINZA」で淹れ直した100g3万円のコーヒー、デヴィ夫人は《軽やかね、すごい軽やか》と評した。かなり臭い演出で、その味わいはかすかに渋い。
 
 《抑えの利いた表現の方が、かえって強い情感を伝えることがある。名優の
  抑えた演技が効果的なのと似ている。(略) 「ほんのり」の他にも、「少し」
  「ちょっと」「やや」「かすかに」「ほろ」(ほろ苦い)などの控えめ表現があ
  る。では、これを効果的に使うとは、どういうことなのか。要は、対象とな
  る甘さやうまさの程度を抑え込むのではなく、むしろ引き立てる。かまび
  すしい強調がおしなべて支配的ないまの社会にあって、逆に、弱調でも
  って注意を引こうとするしたたかな表現法だ。だから、矛盾に聞こえるか
  もしれないが、控えめ表現も一種の強調なのである。》 (瀬戸賢一 「こと
  ばで味わう 表現のテクニック教えます」/『味ことばの世界』 瀬戸賢一・
  他:著 海鳴社:刊 2005)
 
先に挙げた3つのテレビ番組は、《かまびすしい強調がおしなべて支配的な》つくりであり、その演出が下卑て臭いことに間違いない。だが、そこにコーヒーが絡む場合、「かすかに渋い」と感じる方が《弱調でもって注意を引こうとするしたたかな表現法》で面白いところもある。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1121-ede556ac
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin