ボスのまなざし

ジャンル:映画 / テーマ:映画感想 / カテゴリ:観の記:映面 [2018年02月23日 23時30分]
ヒエロニムス・ボス(Hieronymus Bosch)ことイェルーン・ファン・アーケン(Jeroen van Aken/1450-1516)の絵画に関するドキュメンタリー映画が日本で公開された。この三連祭壇画〈快楽の園〉(悦楽の園:Tuin der lusten)については、石牟礼道子も触れていた。
 
 《ニ十世紀の終焉がわたしに憑いていた。わたしだけでなく、地表の上のも
  のたち、魚や鳥にも、果物や野菜たちにさえそれが憑いていた。あのヒ
  エロニムス・ボッスが生きていたとしたら、憑いているものが悪霊である
  か神であるか描きわけることだったろう。》 (石牟礼道子 『苦海浄土』第
  二部「神々の村」第四章「花ぐるま」/『石牟礼道子全集 不知火』第二
  巻 藤原書店:刊 2004)
 腐ったまなざし (1)
 《地獄を描いたとみられるパネルの中央あたりに、「樹男」と呼ばれている
  不思議な顔があります。(略) 私の関心はなかんずくその樹男のまなざ
  しにあります。ロンドンの出版社から出たその画集の顔の目は、この世
  の成り立ちを凝視しているうちに、ついに彼の目そのものが、この世の
  虚無をあらわしてしまう、そんなまなざしなのです。》 (石牟礼道子 「高
  群逸枝のまなざし」/高群逸枝『恋愛論』講談社文庫版 解説 1975)
 
〈快楽の園〉の樹男(tree-man)のまなざしに高群逸枝のまなざしを置き換えてみた石牟礼道子のまなざしを、臼井隆一郎のまなざしはヨハン・ヤコブ・バッハオーフェンのまなざしを取り入れたヴィルヘルム・フレンガーのまなざしで解き明かしている(臼井隆一郎 『「苦海浄土」論 同態復讐法の彼方』 藤原書店:刊 2014)。だが、私のまなざしは何か別のものをみている。ヒエロニムス・ボスのまなざしは、どこへ向けられていたのか? その妻アレイト・ファン・デ・メールフェンネの信仰に、彼のまなざしはどれほど影響されていたのか? 帰属した結社は正統なのか異端なのか? するとそこへ、映画の予告編が「美術界最大の問題作を通して奇想の画家の素顔に迫る」と言っている…本当か? 観てみよう。
 
『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』 (El Bosco El Jardín de los sueños) 観賞後記
 
 腐ったまなざし (2)
映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、‘まなざし’どころか‘目を覆う’べき愚作だ。プラド美術館による「全面協力!」どころか、同美術館の宣伝フィルムでしかない。著名な画家・漫画家・作家・歌手などが演者としてゾロゾロ登場するが、薄っぺらな感想を無責任にたれ流すだけで何の足しにもなっていない。ボス研究の美術史家ラインダー・ファルケンブルグもわけのわからない妄言をブツブツ言うだけで、《奇想の画家の素顔に迫る》どころか何一つ‘謎’の解き明かしがない。仮にテレビ向け特集番組をBBCやNHKに作らせたとしても、その方が百倍マシであろう。ホセ・ルイス・ロペス=リナレス監督の撮影そのものが《この世の虚無をあらわしてしまう》、そんな映画なのである。
 
ヒエロニムス・ボスの〈快楽の園〉にキリスト教の異端を嗅ぎ取ったヴィルヘルム・フレンガーのまなざしは、 澁澤龍彦から石牟礼道子を経て臼井隆一郎へと連綿たるものだ。しかし、私はまなざしを‘外’へ向けたい。三連祭壇画で観照されるのは、《憑いているものが悪霊であるか神であるか描きわける》内面3枚のパネルではなくて、パネルを閉じた時に現れる両翼外面に描かれた図像である。映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』では、内面3枚の絵から人や獣など動物の類を全て消し去って見せていたが、そんな演出をしなくても外面に天地創造3日目が描かれていて植物はあっても動物はいない。善も悪もなく失楽も官能もない無人の世界、それこそが《この世の虚無をあらわしてしまう》ボスのまなざしの観照であろう。
 
 腐ったまなざし (3) 腐ったまなざし (4)
映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、「この世は 地獄か? 天国か?」という実にバカげた惹句が付されていた。こんな腐った‘まなざし’の映画を観るのであれば、セルティック・フロストの‘Into The Pandemonium’とディープ・パープルの‘素晴らしきアートロックの世界’(Deep Purple)とパールズ・ビフォア・スワインの‘One nation underground’を聴きながら、山尾悠子の『夢の棲む街/遠近法』(三一書房:刊 1982)とカルロス・フエンテスの『テラ・ノストラ』(本田誠二:訳/水声社:刊 2016)を読んでいた方がずっと好い。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1106-5637f2d3
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin