難走さと未発犬伝

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2018年01月03日 23時30分]
【犬の神社を訪ねる】
 難走さと未発犬伝 (1)難走さと未発犬伝 (2) 難走さと未発犬伝 (3)
昨2017年の12月24日、冬の昼下がりに車で名古屋市西区稲生町へ出向き、「伊奴(いぬ)神社」を訪ねる。社名の由来は祭神の一柱である伊奴姫神(いぬひめのかみ)とされているが、出雲の「伊努(いぬ)神社」の祭神は赤衾伊努意保須美比古佐倭気能命(あかふすまいぬおおすみひこさわけのみこと)であり、これを勧請したのが本来と思われる。当然に天津神(主宰は天照大神)系ではなくて国津神(主宰は大国主)系の神社であろう「伊奴神社」は、庄内川水系の洪水に絡んだ鎮守へと後世に変節したのだろう、そこで‘犬の王’という取って付けたような伝承には苦笑するしかない。信仰心はないが探求心はあるので、また訪ねよう。
 
【元朝に走る】
 難走さと未発犬伝 (4) 難走さと未発犬伝 (5) 難走さと未発犬伝 (6)
2018年の元旦、今年も自宅からゆっくりと走り始める。払暁は空気が澄んで心地好い。朝宮公園を抜け、ふれあい緑道を進んで、落合公園に入ったところで日の出の時刻。池の周りを走りながら朝陽が水面に映り輝く様を楽しみ、林の中を走りながら朝陽が木々の間を洩れ抜ける態を楽しむ。公園を大きく1周してから、来た道を走り戻る。約12kmを約1時間30分(信号待ちや撮影時間を含む)。昨年よりもやや寒いからだろうか、歩く人や走る人は予想ほど多くなかったが、道中に散歩していた飼い犬は計8匹を見かけた。「犬も歩けば棒に当たる」が、私が走れば何に当たるのか? 風も無く穏やかに晴れた元朝の‘走り初め’は、爽快!
 
【犬の街を歩く】
 難走さと未発犬伝 (7) 難走さと未発犬伝 (8) 難走さと未発犬伝 (9)
2018年1月3日、風は冷たいが快晴の昼下がり、自宅を出て両社宮神社を覘いてから、日本で唯一「犬」の字が付く自治体の街を歩こうと名鉄電車で犬山市へ出向く。犬山駅から「成田山名古屋別院大聖寺」(真言宗智山派)へ。予想通りに初詣客でごった返しているが、境内の東端に人気はないので、犬ならぬ猫を相手に半時ほど遊ぶ。
 難走さと未発犬伝 (10) 難走さと未発犬伝 (11) 難走さと未発犬伝 (12)
犬山成田山に隣接する「青龍山瑞泉寺」(臨済宗妙心寺派)へ。朝熊山の金剛證寺から本尊を勧請して、応永の乱で中絶した妙心寺の法燈を護ったと伝えられる古刹であり、その山門は兼山城大手門から犬山城内田御門を経て使い回されている。犬山で最も寺格の高い瑞泉寺に人気はないので、犬ならぬ鐘楼の三猿(左甚五郎作?)などを見巡り遊ぶ。
 難走さと未発犬伝 (13) 難走さと未発犬伝 (14) 難走さと未発犬伝 (15)
瑞泉寺のある丘を下り歩き、西へ移って犬山城のある丘を上り歩く。針綱神社・三光稲荷神社・猿田彦神社など見巡り歩き、焚火にあたって少憩。犬山神社は廃絶して平岩親吉の屋敷を再建するべきだろう。犬山城下の街を歩き回る。予想通りに初詣客でごった返しているが、一筋外れると人気はないので、犬ならぬ熊野神社などを見巡り遊ぶ。最後に「FOYER:」(ホワイエ)のチーズケーキセットで憩って犬山の街を歩く遊びを終え、名鉄電車で帰った。
 
 難走さと未発犬伝 (16)
トリとめのない走」の丁酉2017年から戊戌2018年へ、年末に犬の神社を訪ねて年始に犬の街を歩いたが、この間で走ったのは戌年元朝だけ。つまり、すっかり走り難くなった‘難走さ’(なんそうさ)、犬が真っ当に顕現しない‘未発犬’(みはっけん)で新年を迎えた。伏姫や八房や八犬士でも登場すれば戯作「南総里見八犬伝」になるが、私の2018年の戯走は「難走さと未発犬伝」(なんそうさとみはっけんでん)として笑う。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1093-a92c44b7
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin