徐徐に奇妙な暴言

ジャンル:学問・文化・芸術 / テーマ:art・芸術・美術 / カテゴリ:観の記:美面 [2017年07月23日 05時30分]
昨2016年9月10日、東京で展覧会を覘きに行ったものの入場待ちの長蛇の列を見て、背を向けてしまった。だが、《見たい! 刺激される…好奇心がツンツン刺激される…どうしても 見てやりたくなるじゃあないか!》(岸辺露伴) …ドオォオォオオォ…東京・大阪・福岡と巡って名古屋へ来た…観よう!
 徐徐に奇妙な暴言 (1)
 
ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 漫画、9番目の芸術」 (松坂屋美術館)
 
「ルーヴル美術館BDプロジェクト」の展覧会は、2009年にルーヴル美術館で企画展‘Le Louvre invite la bande dessinée’(小さなデッサン展 漫画の世界でルーヴル)が開かれた。2010年には京都と横浜で「マンガ・ミーツ・ルーヴル 美術館に迷い込んだ5人の作家たち」が催された。その本質は、漫画出版社フュチュロポリスとファブリス・ドゥアール(ルーヴル美術館文化制作局出版部副部長)との共謀で生み出されたショウビジネスである。だが、旧展から約6年を経た今般の展覧会「ルーヴルNo.9」では、そうしたBDプロジェクトの商業面はひた隠しにされていた。徐徐に奇妙だ。
 徐徐に奇妙な暴言 (2) 徐徐に奇妙な暴言 (7)
 
 《まだまだ芸術として浸透していない漫画文化を、芸術に興味のあるお客
  さんに見てもらい、逆に漫画は好きだけど古典芸術に興味のない若者
  たちが、ルーヴルに足を運ぶきっかけにもなれば》 《漫画はパラパラと
  めくってしまい、あまり絵をじっくり見る機会は少ないと思います。この
  展覧会をきっかけに芸術作品として漫画を鑑賞してほしいと思います》
  (ファブリス・ドゥアール:談/「芸術の最高峰ルーヴルが手掛けた漫画
  の展覧会!」/Webサイト『J-WAVE NEWS』 2016年8月9日)
 
ファブリス・ドゥアールは何が何でもBD(バンドデシネ≒漫画)を《芸術作品として》捉えて、その認識を他者に呑ませたいらしい。だが断る。この鳥目散帰山人が最も好きな事のひとつは自分が正しいと思ってるやつに「NO」(ノー)と断わってやる事だ。哲学芸人アラン・フィンケルクロートがBDをマイナー芸術と酷評したこと、これをファブリス・ドゥアールは展覧会図録で酷評していたが、こうした思い上がりと驕傲に溺れているドゥアールの姿勢こそ酷評されるべきだ。「ルーヴルNo.9」(ナンバーナイン)ではなくて、「ルーヴルNO足りん」(脳タリン)だ。そもそも、フランスには「アングレーム国際漫画祭」があり、サンフランシスコやブリュッセルやニューヨークやロンドンなどにも漫画の博物館や催事拠点が先んじてあり、ルーヴルなんぞに威を借りるほど漫画の世界は落ちていない。徐徐に奇妙だ。
 
 徐徐に奇妙な暴言 (3) 徐徐に奇妙な暴言 (4)
「ルーヴルNo.9」の展示は小綺麗だった。《でも漫画の原画って小さいうえに枚数が多いから、美術館での展示には向いていないんだよね。だからここでは一部しか見せておらず、ストーリーを追っていくと不満が残る》(村田真 artscapeレビュー 2016年9月18日/Webマガジン『artscape』)作品が多かったし、伊藤遊の「9つの違い 日本マンガ/バンド・デシネの特徴」も切れ味鋭いとはいえない。《好奇心がツンツン刺激される》展示は、エンキ・ビラルの「ルーヴルの亡霊たち」だけだった。畢竟するに、「ルーヴルNo.9」は何を展観させたかったのだろう? ルーヴル美術館? BDプロジェクト? 漫画? どれでもあるようでどれにも収斂しない散漫…いわば、演技や造作は頑張っているが、脚本や構造が拙劣な「9番目の芸術」展だ。徐徐に奇妙だ。
 
 徐徐に奇妙な暴言 (5) 徐徐に奇妙な暴言 (6)
松坂屋美術館で観終えて、大須まで散策。松屋コーヒー本店のカフェ・ルパンで「フローズンクリーム珈琲ぜんざい」を味わいながら、『世界まんがる記』を読み返す。曰く、《小雨に煙る、観て歩いたパリからはしかし、目新しい感激は得られなかった。以前に何度か訪れて、ふたたび観て歩いているような、そんな気持ちがした》。「ルーヴルNo.9 漫画、9番目の芸術」を観た私も、《目新しい感激は得られなかった》。著者の石森章太郎が世界旅行に出かけた頃(1963年)、フランスではBD(バンドデシネ≒漫画)を娯楽から芸術へと「正当」化する論が始まった。正当化という「不当」に気付かないまま今日に至った「9番目の芸術」がBD(バンドデシネ≒漫画)である。だが、岸辺露伴のような漫画家は「正当」に背を向けるだろう。私はそう捉える…ドオォオォオオォ…徐徐に奇妙な暴言だ。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1047-56af21ef
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin