犬山は苛刻

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2017年07月17日 23時30分]
観光地である犬山市の夏は苛刻だ。2017年7月12日、犬山城の天守の鯱(しゃちほこ)が落雷で破損した。その2日後には1時間に120ミリという大雨で全市域3万605世帯7万4509人に避難指示が出された。
 犬山は苛刻 (1) 犬山は苛刻 (2)
だが、《天守の避雷針も曲がっており、市は落雷の衝撃で破損したとみている》(Web『産経ニュース』 2017年7月13日)が、実は避雷針は落雷前から曲がっていた。そして、《自動車を運転し「道路は30センチくらいまで冠水し、川のように流れていた。雨で前が全く見えなかった」と話す市役所職員の男性(34)は、それでも「避難指示は知っていたが、それほどかなと半信半疑だった」と話す》(『毎日新聞』 2017年7月15日)くらいなので、避難したのは僅か44人だった。観光地である犬山市は、避難指示の適性と効力の検証をしないで、犬山城の天守への登閣不可を解く発表を早々にした。虚偽と驕慢に満ちた犬山は苛刻だ…行ってみよう!
 
 犬山は苛刻 (3) 犬山は苛刻 (4) 犬山は苛刻 (5)
2017年7月16日、昼下がりに自宅からゆっくりと走り始める。気温が摂氏35度を超えた暑さ、コレはヤバいな。春日井市から小牧市へ旧41(県道名古屋犬山線)を北進するが、1時間弱でヘロヘロ。味岡口のコンビニに寄って、スポドリ給水と喫煙で10分休憩。再始動、道脇の土嚢を片付けている店舗や玄関を開け放って床下の泥水をかき出している民家を見ながら進む。小牧市を抜けて犬山市へ、歩きを混ぜて進む。羽黒で歩道橋へ上がり、増水した痕跡が見えない静かな五条川を眺める。炎天下をフラフラと走り歩き、県道から西へ折れて犬山の城下町(?)で10分休憩、スポドリ給水と喫煙。…ん? 本町通りに「蕎麦正まつい 新築工事」の看板を発見。
 
 犬山は苛刻 (6) 犬山は苛刻 (7) 犬山は苛刻 (8)
猿田彦神社と三光稲荷神社を抜けて犬山城の天守へ接近するが、カネを払って登閣するつもりは断じて無いので、約2時間50分(信号待ちと撮影と休憩を含む)で約18kmの遊び走りを入場門で終了。針綱神社を抜けて郷瀬川沿いの城見歩道へ回りこみ、木曽川の河畔から鯱(しゃちほこ)が天守の鯱(しゃちほこ)が破損した犬山城を見上げる。汗だくのまま周囲を散策、帰路は犬山遊園駅から名鉄電車で。
 
 犬山は苛刻 (9)
梅雨明け前でも炎天下の遊び走りは、面白いがキビしい。いや、虚偽と驕慢に満ちた犬山だからキビしかったのか? 傾き始めた陽射しで水面が煌めく木曽川と犬山城の景観を想い返しながら、夏の犬山は苛刻だと笑った。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1045-e8d38ca2
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin