ブラナゴヤ2

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:日常編 [2017年07月10日 05時30分]
みのかも文化の森」で特集展示「身体を使って美術する -美濃加茂市民ミュージアムの彫刻-」を2017年7月7日に観た。森の小径を散歩しながら歌う。
 ブラナゴヤ2 (1) ブラナゴヤ2 (2) ブラナゴヤ2 (3)
 ♪ ハロー ハロー お元気? 今夜 なにしてるの?
  TVなんか 見てないで どこかへ 一緒に行こう ♪
 
 ブラナゴヤ2 (4) ブラナゴヤ2 (5) ブラナゴヤ2 (6)
そうだ! また、ナゴヤの街へ走り、街を歩こう。ブラナゴヤだ! 2017年7月9日、昼過ぎに自宅から走る。曇天だが蒸し風呂のような暑さだ。…ん! 水分橋のたもとに堀川の起点となる庄内用水頭首工だ。「ブラタモリ」名古屋編2回目(2017年6月17日放送)で案内人の山村亜希は、《この堀川ですけど、今でも管理している部局は名古屋港》と言っていた。だが、開削された運河として堀川が名古屋港管理組合の管理下にあるのは下流側の名古屋城脇の朝日橋まで。そこから上流側は名古屋市(2007年まで愛知県)が管理する一級河川である。今般は、堀川の源流(?)から川沿いにブラナゴヤ。まず、庄内川左岸脇にある堀川の‘長七たたき’(人造石工法)による庄内用水元杁樋門を見る。
 
 ブラナゴヤ2 (7) ブラナゴヤ2 (8) ブラナゴヤ2 (9)
矢田川の土手へ出て、堀川が船舶を通せる‘長七たたき’の地下水路で矢田川を伏越した往時を幻視しながら、三階橋を渡る。…ん! 西へ流れる庄内用水と分岐した直後に堀川の黒川樋門だ。黒川治愿によって御用水(辻村用水)と並行して開削された、その黒川と別称される堀川を眺めながら御用水跡街園を走る。続いて進むは志賀橋下から田幡橋下までの遊歩道、カモにサギにウに川面の鳥を眺めながら走り、街中の別世界を私が独り占め。
 
 ブラナゴヤ2 (10) ブラナゴヤ2 (11) ブラナゴヤ2 (12)
城北橋のある名城公園の端まで来たが、tonarino(トナリノ/2017年4月開設)を無視して進む。…ん! 堀川沿いに進んできて初めて見えた名古屋城の天守だ。熱田台地と名古屋城域の北西端で西から南へ曲がり進んで、鷹匠橋のたもとからも名古屋城天守を眺める。この鉄骨鉄筋コンクリート構造の天守こそ文化財として遺すべきであり、バカな河村たかし市長が唱える安易な木造化復元は実力を持って阻止されねばならない。
 
 ブラナゴヤ2 (13) ブラナゴヤ2 (14) ブラナゴヤ2 (15)
名古屋城の西の丸の南西端近く、朝日橋が架かる堀川の堀留跡まで来た。「ブラタモリが無視した朝日橋までの上流の道程も面白かったな」と笑いながら、喫煙と給水で15分休憩。再始動して名古屋港の一部(?)である堀川沿いを南下、円頓寺商店街の東端近くへ進む。…ん! 川の水の塩分濃度を計って《この企画はダメですね》とタモリが言っていた「ブラタモリ」のロケ地になった五条橋だ。ここから四間道を走り抜け、約11.5kmを約2時間(信号待ちと撮影と休憩を含む)の‘街走り’を桜橋で終了。
 
 ブラナゴヤ2 (16) ブラナゴヤ2 (17) ブラナゴヤ2 (18)
桜橋から東へ‘街歩き’。「ブラタモリ」名古屋編1回目(2017年6月10日放送)で案内人の木村有作が《東西南北全部の通りに町家の入り口が面している》と説いていた碁盤割の町を散策。教授寺の敷地に河村瑞賢宅跡の案内、《…また尾張藩に招かれてこの地に住み、御用水や堀川等の水行の便について意見を述べたといわれる》(名古屋市教育委員会)とある。その伝に信憑を置けるか否かは判ぜられないが、名古屋の町の歴史は家康死後でも知るべきところはある。特に堀川、川を下れば時代を遡り、時代を下るに川を遡るところが面白い。そう想い返しながら、「そばいち」で二八蕎麦の冷かけを食べ、地下鉄の久屋大通駅で‘街歩き’を終了。帰路は地下鉄と名鉄電車で。
 
 ♪ 未来の あなたに 幸せを 贈る
  記憶と 想い出を 花束に 添えて
  ひとときの 夢を 瞬いて みせて ♪
 
街へ走り街を歩くブラナゴヤ、今般も面白かった。次のブラナゴヤはどこへ行こう?
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1043-a3ec4242
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin