向夏躁燥JCS 前篇

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2017 [2017年06月05日 05時00分]
1991年に雲仙普賢岳で大火砕流が発生して26年後の6月3日、早朝に高速バスを新宿で降りた私は隅田公園へ向かい、スカイツリーと隅田川と紫陽花を眺めながらネルドリップで淹れたコーヒーを喫する。この島原大変な「いのりの日」(島原市1998年制定)に、私は躁(さわ)いで燥(はしゃ)いで向夏のコーヒーを東京で想う。
 向夏躁燥 (1) 向夏躁燥 (2)
 
【JCS総会前日】 2017年6月3日
 
 向夏躁燥 (3)
「café Bach」(カフェ・バッハ)へ。「ブランマンジェ、(開店直後の時間帯だから)まだだよな? じゃ、チョコケーキとコーヒーおまかせ」と躁ぐ。すっきりしっかり苦くて美味いイタリアンローストを飲みながら、新聞や業界誌を読んで過ごす。隣の宿「ほていや」へ荷を預けてから、トレセンに寄って中川文彦氏と燥いで談議。植木栄造のガラス花器の話が面白い。歩いて北上。
 
 向夏躁燥 (4)
「十一屋」へ。初訪。冷したぬきそばを食す。中川さんが《それなりの下町のそば屋》と評するだけあって味も良いし人も良いので、隣席の客も巻き込んで燥ぎながら食べる。機会があったら山谷の蕎麦屋巡りをやってみたい、などと思う。都バスで南下。銀杏岡八幡(いちょうがおかはちまん)神社の例大祭で躁がしい浅草橋界隈、蔵前神社の例大祭で躁がしい蔵前界隈を散策。1週後に祭礼を迎える鳥越神社の街区も早くも準備で躁がしい。
 
 向夏躁燥 (5) 向夏躁燥 (6) 向夏躁燥 (7)
「蕪木」へ。初訪。(ブレンドを飲むつもりで行ったが、2日前に自分で焼いた豆と同じ銘柄をみつけて)ヤンニハラール・モカのデミタスを飲む。甘さが身上のヤンニハラール、これを見事に引き出していて美味い。次にホットチョコレートの撫子(なでしこ)を飲む。しっかり豊かに精錬された自家製、これも見事。《静思と調息の時間を》と謳うが、去り際に蕪木祐介氏へあれこれ訊ねて燥ぐ。地下鉄で西進して東中野へ。
 
 《太平洋戦争が終結してまもない昭和22年(1947)2月、露店やバラッ
  クの立ち並ぶ新宿の焼け跡の一角に小さな喫茶店が開店した。店の
  名は「青蛾」。マスター・五味敏郎は戦前は会社勤めをし、映画制作
  の仕事に携わっていたが、子供の頃から画家になるのが夢で、終戦
  を期に退職し、絵を描くために自由な時間がとれる仕事として喫茶店
  を始めた。(略) 昭和25年(1950)から新宿駅東口から新宿三丁目
  交差点にかけての地域で区画整理が行われることとなり、30年(19
  55)に青蛾も新宿通りと並行して三越、帝都座裏を通る路地に面し
  た隣接地に移転することになったのである。(略)「喫茶店とは、自然
  のままにくつろいだなかで、ゆっくりとお茶を飲むところ」との考えのも
  とに、外観から内装の仕上げにいたるまで徹底してこだわり、細部に
  まで計算のいきとどいた空間を作り上げたのである。(略) こうした状
  況のなかで、ついに五味は閉店を決意する。「こんなに汚くなった新
  宿の町から逃げだしたくなりました」との言葉を残して、昭和56年(1
  981)7月31日、茶房青蛾閉店。戦後とともに始まった、新宿の喫茶
  店のひとつの時代が終わりを告げた。》 (「茶房青蛾のあゆみと新宿」
  /新宿歴史博物館特別展図録 『琥珀色の記憶 新宿の喫茶店 ~回
  想の“茶房青蛾”とあの頃の新宿と~』 2000年)
 
 向夏躁燥 (8)
「青蛾」へ。初訪。ブレンドを飲む。写真撮りは禁ぜられた(後に、他客が去って許されたが遠慮した)。コーヒーの焙煎と抽出を担う「かうひい堂」の内田牧氏と談議を続け、「青蛾に相応しくないマニアなコーヒー話ばかりでした」と躁ぎを詫びる。とはいえ、この新たな「青蛾」は、「喫茶室 青蛾」(あるいは「純喫茶 青蛾」)から「茶房 青蛾」(あるいは「珈琲 青蛾」)へと《新宿の喫茶店のひとつの時代》を映した店の再開でも復活でもなかった。電車で新宿へ。
 
 向夏躁燥 (9)
「炭火焼鳥 三平」へ。妹と酒少なく食らって談話。アルタ横の「ルノアール」で兄妹談議を続けるも閉店時刻に追われて散会。その後、山谷の宿へ独り戻りながら、コーヒーに躁いで燥いだ一日を想う。然う然う(そうそう)、錚錚(そうそう)たるコーヒーを喫したが淙淙(そうそう)とするには草草(そうそう)、向夏躁燥(そうそう)は続く。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1033-e4d3087e
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin