缶詰と歴史観

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:日本珈琲狂会 [2017年04月01日 00時00分]
虚珈新聞ロゴ
虚珈新聞 2017(平成29)年4月1日
 
「日本のコーヒー団体 米国企業3社と提携」 嘘か?真実か?
 
日本スペシャリティコーヒー協会(略称JSCA)は1日、オレゴンフルーツプロダクツ社・ドール社・ジャックダニエル社の3社と事業提携を結ぶと発表した。スペシャリティコーヒーの専門用語の認識を日本国内でも拡げて、欧米各国を中心とした国際的な動向に追従することをねらう。スペシャリティコーヒーの業界では、アメリカの団体がヨーロッパの団体を吸収合併するなど世界的規模で統合の動きが進んでいるが、日本の団体であるJSCAが合流するには課題が残る。その障壁の一つが、スペシャリティコーヒーの専門用語の取扱いだ。例えば、コーヒーの香味を表現する際に、「ブルーベリー」といえばオレゴンフルーツプロダクツ社のシロップ漬け缶詰を、「パイナップル」といえばドール社の缶詰ジュースを、「ウイスキー」といえばジャックダニエル社のテネシーウイスキーを指すことが規格化されている。
 缶詰と歴史観
 
JSCAの関本信慈会長は、「日本国内ではフレイバーホイールなどで使用する用語の参照規準が正しく認識されていない。このままでは国際団体に合流できない」と語る。JSCAでは、「今後は高品質のコーヒーを普及するよりも、専門用語の参照規準とされる商品の普及を最優先にする」として、「ブラックベリー」を表すスマッカーズジャムのJ.M.スマッカー社、「オレンジ」を表すトロピカーナジュースのペプシコ社、「ハーブ」を表すマコーミック社などとも提携する予定だ。このため、毎年秋に日本最大の規模で開かれるJSCAの催事では、今年度から海外のコーヒー以外の食品企業のみをスポンサーとして、8割以上のブースで提携先の缶詰など参照規準の商品を並べる予定で、コーヒー自体の出品は禁止される。
 
こうした動向に反発する声もあがっている。日本プレスティージコーヒー協会(略称PCAJ)の鳥目散帰山人会長は、「ウェルチのグレープジュースだけを規準にしてブドウの香味を表現するコーヒーなんて、山梨県民に申し訳ない。こうしたコーヒーの‘Sensory Lexicon’(感応レキシカン)の受容は我が国の‘歴史観’を揺るがすものであり、正に売国に等しい」と怒りを露わにした。PCAJは「世界のコーヒー全てを一つの缶詰にするような策謀に吞まれてはならない」と、JSCAの事業提携を批難する声明を発表している。また、海外ではココア・チョコレート系の香味表現に関わるネスレ社(トールハウス)とハーシー社とリンツ社の間で、JSCAとの優先提携の座を争う動きがみられるという。スペシャリティコーヒーにおける外圧が高まる中で、日本のコーヒー業界は身を捨てて画一化に屈するべきか、あるいは孤立を懼れず反旗を翻す多様性を求めるのか、予断を許さない厳しい局面が続く。
 
 ※「虚珈新聞」(キョコーシンブン)は「日本珈琲狂会」(CLCJ)が発信する不良メディアです。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/1018-005927ee
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin