サブフォーへの道程~(10)続・新たな快感を体験する

ジャンル:スポーツ / テーマ:マラソン / カテゴリ:走の記:サブフォーへの道程 [2009年01月10日 00時00分]
(承前)
 
2008年9月28日
『第3回 三河高原トレイルランニングレース』 24K
 
(伊吹を除いて実質の)人生初のトレイルランニングレース出場。
何もかも不慣れなので、登りも遅ければ降りも遅い。
しかし、このユルユルと走りくだり、平地のランでは体感できない
スピードを感じたまま、続く緩い上り坂を勢いで越え、
またユルユルと走りくだる・・・自前のジェットコースター状態。
これは、ハチャメチャに面白い!トレランの快感はまさに「ヤバイ」。
三河高原TR2008
タイム 2h40分09秒
コース途中、私の直後で蜂騒動があったようで、
フィニッシュ後に知り、ゾクッともしたが、
疲労より快感が印象に残った(少なくとも1週間は)。
 
2008年10月5日
『斑尾高原トレイルランニングレース2008』 50K
 
人生初トレランレースの1週間後に人生2度目のトレランが50K。
とんでもない連戦エントリーをしたものだと思い、
自分でも立派なバカの仲間入りだと思いつつも、
さすがに完走は無理ではないか、とも前日まで想う。
前夜祭でこの大会のリピーターランナーに、
「大丈夫、この大会は気持ち良さで完走できますよ。
心配なのは、斑尾を先に味わうと他の大会が辛いばかりに
思えることだけど・・・」と励まされ、少しその気になってきた。
実際に走り始めてみると・・・言葉に言い表せない快感が・・・
タイム 7h54分17秒
決して良い記録では無いのだろうが、「記録は二の次」と
素直に感受できることも、過去のロードレースとは全く違う。
 
この山シリーズ3レースは、フルマラソン対策の位置づけで
エントリーしたのだが、終わってみれば、
トレランの次の機会を考える自分がいた。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kisanjin.blog73.fc2.com/tb.php/10-c2ed232d
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin