秋風立ちぬ 其の一

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2014年09月29日 23時30分]
私が5年連続で夏に登頂したにも秋風が立っただろうか?…だが、立ったのは噴煙
だった。前日より御嶽山の噴火が続いているが、三河の作手高原にも秋風は立つか?
5回目となる山走り大会参加、2年連続で、鬼久保ふれあい広場へ…私は帰ってきた!
 秋風立ちぬ1 (1) 秋風立ちぬ1 (2)
 
2014年9月28日
『三河高原トレイルランニングレース 2014』 24K
 
 秋風立ちぬ1 (3) 秋風立ちぬ1 (4) 秋風立ちぬ1 (5)
走友ちんきーさんの車に同乗させてもらって会場入り。受付後、走友K谷さんとも合流、
3人で談話しながらスタート。膝の不調を抱えたK谷さん、五指ビブラムで挑むちんきー
さん、デジカメを手に空身で行く私。秋の青空の下を駆ける、もちろん喋りっ放しだ(笑)。
 
 秋風立ちぬ1 (6) 秋風立ちぬ1 (7) 秋風立ちぬ1 (8)
K谷さんを背に、ちんきーさんと先行。森の香りで気分も好いが、水溜りで思わぬ渋滞。
だが、体調は悪くないハズでも、早くもハアハア息が苦しい。5km地点で約31分経過、
第1エイドを約46分で通過。ちんきーさんを叱咤激励(?)、緩いジェットコースター走を
勧めれば気分回復…だが、私の方がギリギリ走。10km地点で約1時間11分経過だ。
 
 秋風立ちぬ1 (9) 秋風立ちぬ1 (10) 秋風立ちぬ1 (11)
第2エイドで、待ってましたのアンパン食べて、約1時間32分経過、ついでにトイレ小用。
ちんきーさんに喋りっ放しでコースガイドを続けるが、登り基調が続いてクランプの予兆。
15km地点で約2時間2分経過、もうヘロヘロ、無理は禁物、「ちんきーさん、先行して」。
数分後、K谷さんが追いついてきた。何?序盤でハチ刺された選手を助けて遅れたぁ! 
緩く短い上り勾配でも走れず歩くが、足は半攣り、「K谷さん、先行して」コレばっか(笑)。
 
 秋風立ちぬ1 (12) 秋風立ちぬ1 (13) 秋風立ちぬ1 (14)
第3エイドで約2時間21分経過。ちんきーさんに追いついて、ススキ野を見ながら進む。
森の中のアップダウン…ゲッ、クランプの発作が来た!再び「ちんきーさん、先行って」。
道端に座って、クランプ激痛に唸って5分停止。コリャ完走できないか?イヤだ、進もう。
 
 秋風立ちぬ1 (15) 秋風立ちぬ1 (16)
20km地点で約2時間47分経過。発作が出なくても、両下腿の前後が全て攣った状態。
交互に足を引きずり進むが、またクランプ、痛みが治まるまで10分停止。さらに3回目
のクランプ発作で5分停止。泣ける状態だが、泣くヒマは無いゾ。ダラダラ歩きとノロノロ
走を繰り返して進む。広場が近い。先着した走友2人に迎えられて完走、フィニッシュ!
 
タイム 3h32分21秒
 
 秋風立ちぬ1 (17)
走後も談議は続く。「三河高原トレイルランニングレース」は、当に‘走る’大会なのに…
今般の私の大会走は、後半のクランプ連発もあって、タイムは酷いワースト記録だった。
だが、走っても歩いても停まっても、山の匂い、森の香り、そして秋の風を味わい感じら
れて、この大会は心地好いナ、満喫。作手高原の森の木もれ陽に、秋風が立っていた。
 
コメント (4) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin