もみぢでんがく

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2013年11月25日 01時30分]
春はさくらを仰ぎ、夏はひまわりに埋もれ…ならば、晩秋も平俗に流れて「もみぢ」を狩ろう。
もみぢでんがく (1) もみぢでんがく (2)
 
休日に家妻を伴い、犬山市の「もみぢでら」寂光院へ。桃太郎神社近くに車を駐めて歩き…
もみぢでんがく (3) もみぢでんがく (4)
花より団子、もみぢよりでんがく…公園のすずやで、でんがく、いもでんがく、みたらし団子。
 
もみぢでんがく (5) もみぢでんがく (6) もみぢでんがく (7)
継鹿尾山八葉蓮台寺寂光院(真言宗智山派)の参道階段を上って腹ごなし?もみぢ狩り?
 
もみぢでんがく (8) もみぢでんがく (9)
さらに継鹿尾山の山頂まで軽い登山。展望台より空自岐阜基地航空祭の編隊まで眺望。
 
もみぢでんがく (10) もみぢでんがく (11) もみぢでんがく (12)
秋の夕陽に照る山もみぢ濃いも薄いも数ある中に…歩き戻り、公園のすずやで、五平餅。
 
「うら散りつ おもてを散りつ もみぢかな」(谷木因)
「うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ」(伝:良寛)
「お・も・て・な・し…おもてなし」(滝川クリステル)
「おもてなし おもてなし うらはあっても おもてなし」(山田邦子)
平俗に流れてもみぢを狩れば、裏はあっても「お・も・て・な・し」の語弊も満たらし買って…
「おもてうら でんがく勝手 緋のもみぢ」(帰山人)
 
コメント (6) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

10 ≪│2013/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin