コレダケハ譲レナイ

ジャンル:スポーツ / テーマ:ジョギング・ランニング / カテゴリ:走の記:大会編 [2011年02月28日 23時00分]
「今会場に到着…」東京マラソンを走るちんきーさん実況写メを見ながら支度する朝。
私も急がねばバタバタ…友人Mが先着して待つ会場へ。毎年2月に二度ある犬山市の
マラソン大会、2週前覘いただけの大会と異なり、本日は自分が走るために来たのだ。
では早速に受付を…あ、通知証忘れた(笑)。通算4回目3年連続で…私は帰ってきた!
 2011犬山ハーフ 2011犬山ハーフ (4) 2011犬山ハーフ (1)

2011年2月27日
『第33回 読売犬山ハーフマラソン』 ハーフ
 
若き友人M(1974river)と競走しようにも今大会から年齢別時差スタート、走前は
一瞬に顔を合わせただけで、もうスタート直前だ。加速走狙い(成功)の前前回大会
記録更新狙い(失敗)の前回大会…今大会の自己テーマは「カメラ無し音楽無し、途中で
一切時計を見ないままVibram FiveFingersで挑む無計測ガチのベアフットラン」。
 
毎度の名証グラウンド脇をスタート、他のハーフ大会に比しても周囲の走者は無言、
県道をヒタヒタと静かに南下する、違和感あるなぁ…あ、これがフツーなのか(笑)。
走前から両踵部の表皮が剥けていて痛いし右足甲(中足骨)部が痛いし…なので心肺
よりも足持ちに配慮しながら、デッドポイントが一気に来ないギリギリ程度で走る。
 
5K前で、前半部の周回折り返してきた登録トップ集団とすれ違う、速い!8分後に
時差スタートした若者トップに抜かれる、速い!いいんだ、最初の5K給水は摂らず
マイペースで走り続ける。沿道から「あ~、ベアフットで走ってる!」の声も聞くが、
スイマセン今日は(みのかもハーフの時のように)立ち止まっていくヒマが無い(笑)。
 
山の田公園奥を周回折り返し対面の後続集団に友人Mを探しつつ走るが…わからん!
明確なデッドポントを感じないまま10Kが近づく…ということは5Kからかなり
速度が低下してきているハズ…手元の時計で確認したい衝動を抑えながら、給水は
奥側の机でいただ…あ、机が途切れた(笑)。10m戻って立ち止まり給水、再始動。
 
12K付近から商店街の沿道応援が至近で激しくなるが、走者は誰も応えない…
う~もうガマンできないっ!チョットだけ手を振りチョットだけ「あざーす!」だ。
足と体はボロボロだけどココからが気持ちいい区間の待ってました木曽川堤防路、
後半部16K付近の折り返しまでは対面に先行集団の追い込む顔を励みに走ろう。
 
ベアフットで足の裏全体着地の変則走法(?)特有の足裏全体の痛みに加え、脹脛が
拘縮してきて違和感を感じ始めた。ふと目前ランナーの背に目が止まる…「楽しんで
走れ!鏑木毅」の直筆、思わず話しかけるとUTMF100マイルにも挑戦すると…
ハアハアのトレラン談議、ガチ走のハズなのにやっぱり喋っちゃうビョーキだ(笑)。
 
 11.02.読売犬山 11.02.読売犬山 (1) 11.02.読売犬山 (2) 11.02.読売犬山 (3) 
折り返し後ガマンできずに河川敷トイレで小用、ペースはガタ落ちだろうが、尿意に
負けても気持ちでは負けへんでぇ!対面の後続集団に友人Mを探しつつ走る…またも
わからん!前大会では音楽プレーヤーを「LEVEL5-judgelight-」にした19K、では
今大会は脳内で「♪I'm always running after you.…コレダケハ譲レナイ コレモマダ
譲レナイ♪」と「See visionS」(「とある魔術の禁書目録Ⅱ」新OP曲)を流して行くゾォ!
 
 11.02.読売犬山 (4)  11.02.読売犬山 (5)  11.02.読売犬山 (6) 
ん?周囲の減速者連中の雰囲気が前回と同じ…ってことはまたも1時間40分切り
に届かないか?沿道スタッフの親切カウント「ハイ今、1時間サンジュ…」に耳を塞ぎ、
足痛を無視して毎度の「コレダケハ譲レナイ」ラストスパートで、フィニッシュ。
 
タイム 1h40分44秒
 
 2011犬山ハーフ (3) 2011犬山ハーフ (2) 2011犬山ハーフ (5)
フィニッシュ直後、ジャケットを着てタバコ一服、コース脇を約400m戻り走者に声援
…来た!友人Mに並走しスパートを促し先行、イテテ足が攣り攣りで完走見届けだ。
完走祝にお汁粉と持参の珈琲を賞味しながら友人Mとレース談議。犬山ハーフに
初参加の友人Mにもコースや天候で文句無し、互いのタイムもマズマズと評し合う。
 
 2011犬山ハーフ (6) 2011犬山ハーフ (7) 2011犬山ハーフ (8)
 2011犬山ハーフ (9) 2011犬山ハーフ (10)
会場を後に喋りっ放し犬山遊園駅へ、カロリーメイトを齧って荷を預け、走後走へ
2人再始動。木曽川沿いの明媚な風景を眺めながら談話ジョグ、寂光院の参道石段
を汗だくで上り、本堂脇の展望を眺め、さらにミニトレラン気分で継鹿尾山頂まで登り、
展望台から大会の街を眺め渡す、うーん「See visionS」だ。「東海自然走道」の話など
を友人Mにしつつ土道・岩道・石段と下り駅へ戻る、と…東京マラソンのちんきーさん
から完走&好記録の報告メール、スバラシイ健闘だ。その後、友人Mと別れて帰宅。
 
走中無計測で適当(?)に走り前年と同様に1時間40分切りを逃し惜しい気もあるが、
「ミニ登山オマケ付きのタイム凡庸だが爽やかなベアフットラン」心地良く腹減った(笑)。
「♪コレダケハ譲レナイ コレモマダ譲レナイ♪」犬山ハーフの「See visionS」は続く?
 
コメント (8) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

01 ≪│2011/02│≫ 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin