ジャブローが散る!

ジャンル:グルメ / テーマ:コーヒー / カテゴリ:珈琲の記:2010 [2010年04月27日 05時00分]
「グラン クリュ カフェ」よりも特別で、「コピ ルアク」よりも珍奇で、
「パナマ ゲイシャ」よりも魅力なコーヒーが、2010年4月24日に
登場した。「ガンダムカフェ」で供されている「ジャブローコーヒー」だ。

 ジャブローコーヒー
 南米の大地に、ひとつぶのコーヒー豆を求めて
 探し当てた大地、そこが、ジャブロー。
 果てしなく広がるコーヒー農園。
 我々はそこで、最良の豆を手に入れた。
 この豆をすべてのガンダムファンに届けたい。
 西暦2010年、このコーヒーとの出会いから、
 ガンダムカフェのストーリーが、始まる。
 (ガンダムカフェ公式サイトのコンセプトキャッチ)

解説によれば、ジャブローは南米の「とある地域」にあり、広大な熱帯雨林の
ジャングルの中に巨大な地下鍾乳洞を利用した軍事施設で、地球連邦軍の
総司令部があるとされるが、出入り口も植物などでカモフラージュしていて
その詳細は軍事機密のため不明、位置を特定しにくいらしい…

おぉ、コーヒーハンター・ホセ川島ですら見出せなかったジャブロー農園、
バンダイはどうやって見つけ出したのか?これぞ「幻のコーヒー」である。

「蝶」「フラミンゴ」「地下水脈」などのキーワードを手がかりに、私なりに
改めて、宇宙世紀0079(一年戦争時)のジャブロー位置特定を試みたが、
結局は「南米アマゾン川流域」という程度しか判明できていない。
産地国ですらブラジルはもとよりベネズエラ、コロンビアの可能性もある。
しかもジャブロー基地の所在設定に関して(アニメ版と異なり)漫画版では、
「ギアナ高地ロライマ山」に所在が移っているので、ガイアナの可能性もある。
憶測を拡げれば、南米に初めて伝播したとされるスリナム(蘭領ギアナ)も…

もっとも、一年戦争時にジャブロー総司令部の破壊を目論んだジオン軍の
ブリティッシュ作戦(コロニー落とし)は眼目を果たせず、コロニーが崩壊し
散落したエリアまでも「ジャブローコーヒー」が因む可能性を考え始めると、
オーストラリアや太平洋上の諸島各国、北米大陸にまで及ぶことになる。

あぁ、「ジャブローに散る!」のウッディ・マルデン、彼の生前の言に倣えば、
「珈琲狂はその時の研究に全力を尽くして、
後悔するような研究をしなければ、それでいい!」…
そして、「ジャブローコーヒー」の産地や農園、品種などが判明するまで、
「ガンダムカフェ」は生き延びることができるか?…「ジャブローが散る!」
 
コメント (5) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin