五輪書

ジャンル:その他 / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2017年06月23日 01時30分]
共謀とは何だろう? 東京五輪に関係するのだろうか? そもそも東京五輪は開催されるべきなのだろうか? 近未来を透視しよう。
 
 五輪書 (1)
【地の象】
新国立競技場において夏季オリンピアードのプレ大会として国際陸上競技大会が始まるはずだった弘保2(2020)年1月17日の早朝、首都直下地震が発生した。都心直下を震源とするマグニチュード7.2の地震は首都圏に甚大な被害をもたらして、建物の倒壊や火災旋風などによって2万人超が死んだ。発災から3日後に日本政府は「国家非常事態宣言」を超法規で布告、震災に端を発して続く市民集会の暴徒化に対して2月26日には自衛隊の治安出動によってこれを鎮圧した。
 
 五輪書 (2)
【水の象】
オリンピアード競技大会の東京での開催を危ぶむ声が諸外国から上がる中、3月11日に日本政府は「震災復興の象徴として東京五輪は予定通りに開催する」との声明を出した。オリンピアード競技大会の準備を優先した復興整備が強行されたまま、首都圏は異様に早く5月5日に梅雨入りした。この日から1ミリメートル以上の降雨が43日も続いて、この間の降水量は計1422ミリメートルに達した。この雨で東京都心の大半は水浸しとなり、震災に続いて甚大な被害をもたらした。
 
 五輪書 (3)
【火の象】
梅雨明け翌日の6月17日から首都圏は猛暑に見舞われた。日ごとの最高気温が摂氏35度を超える猛暑日が21日も続いて、最も高い観測値は摂氏40度、半ば廃墟と化した都心の街路では陽に焼かれたままの死体が転がっていた。こうした中で、デング熱の発症者が首都圏を中心10万人超となり、日ごとに続く暴動に拍車をかけた。オリンピアード競技大会の東京での開催を危ぶむ声が諸外国から上がる中、7月1日に日本政府は「世界一安全な都市として東京五輪は予定通りに開催する」との声明を出した。
 
 五輪書 (4)
【風の象】
猛暑の連続が終わった4日後の7月11日深夜に首都圏は台風の直撃を受けて暴風雨に襲われた。翌12日にかけて毎秒30メートルの猛烈な風が吹き荒れ、最大瞬間風速は81メートルに達して震災と水害の傷が癒えない東京タワーが崩落、東京都心部は廃墟と化した。諸外国はオリンピアード競技大会への不参加を表明、国際オリンピック委員会はオリンピアード競技大会の中止を発表したが、7月15日に日本政府は「参加国が日本1ヵ国になっても東京五輪は予定通りに開催する」との声明を出した。
 
 五輪書 (5)
【空の象】
新国立競技場において夏季オリンピアードの皮切りにサッカー競技が始まるはずだった7月20日の夕方、強烈な太陽嵐が発生した。このキャリントンイベントを遥かに超える大きさの太陽フレアによって激しいコロナ質量放出(CME)が2日後に地球へ直撃、日本でも全土で停電を強制して、通信機器は不通となった。都市の機能は麻痺して分断され、恐慌と暴動と内乱の嵐が世界の各地で吹き荒れた。オリンピアード競技大会の行方など、もう誰も考える者はいなかった。
 
 五輪書 (6)
第32回オリンピアード競技大会が始まるはずだった弘保2(2020)年7月24日、新国立競技場に潜伏していた一人の男が何者かによって殺された。男は前年に『その男、共謀につき』という作品を発表して日本政府を非難する言動を表していたことから、テロ等準備罪に問われて追われていた。地震・水害・猛暑・風害・太陽風と続いた災害を理由とした「国家非常事態宣言」の下で、日本政府に抹殺されたのだろう。男が遺した『五輪書』という作品の草稿も消えた。こうして、弘保2(2020)年の暑い夏は終わった。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

原発はバクハツだ!

ジャンル:その他 / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2017年03月11日 14時46分]
まずですねフクシマについて案ずる向きには、そもそも私からも保証をいたしかねるところでございます。そこで状況はですね状況はいわばアンダーコントロールされておりません。これはこれまでのお約束とは異なる新しい判断であります。例えばですねトウキョウの豊洲市場の敷地〇・四平方キロメートルの汚染水、これですらもまさにアンダーコントロールされておりません。であるならばわれわれはフクシマについてもですねフクシマの原発の対応についてもいわばアウト・オブ・コントロールであるとしてもですね、その中においてオリンピックパラリンピックをしっかりと全力で行なっていかなければならないんだろうと、まさにこのように思うわけでございます。そして同時にテロとの戦いにおいても身命を賭して戦争の炎を燃やし続けてまいります。戦争なくして復興なし。そうした中において戦争へと一歩一歩着実に進めるために全力を挙げてまいります。まさに気分はしっかりともう全力でいわばフル・ティルト・ブギにアウト・オブ・コントロールな戦争をしようと…
 原発はバクハツだ (1)
 
 《ジョン・ウェインが死んだ。しかしアメリカの民主主義が死ぬわけじゃ
  あるまいし、とジョン・ガンサーは哄った。朝鮮半島では一人の大
  統領が射たれて民主主義が謳われ、イランでは一人の首相が辞
  めて民主主義がややこしくなり、アフガンでは戦車が山を越えて民
  主主義が山のアナアナになった。忘れてならないのはトルコとマダ
  ガスカルだが、ここの民主主義はずいぶん前からてんやわんやだっ
  たし、植木等がこれで日本も安心だと歌ったので、民主主義はます
  ます恥かしくなった。大友克洋のマンガは有名になったが、それで
  民主主義がどうこうなるというほどのことはなかった。好むと好まざ
  るとにかかわらずこれが、1979年12月現在の我々の世界だった。
  大切なのは、人はパンと民主主義のみによって生きるにあらずと
  いうことだ。米だって食うし酒も飲むし、渡哲也以外のたいていの
  男は女がいないと生きて行けない。流れ者だって生きるには洗面
  道具が要る。 たまには戦争だってしたいんだ、ぼくたちは!》
  (矢作俊彦・大友克洋 『気分はもう戦争』 双葉社:刊 1982年)
 原発はバクハツだ (2)
ドナルド・トランプが勝った。だからアメリカの民主主義が死にそうだとワシントンポストは嘆いた。朝鮮半島では一人の大統領が罷免されて民主主義が謳われ、イギリスでは一人の国会議員が射たれて民主主義がややこしくなり、トルコでは外交官が暗殺されて民主主義が泡踊りした。忘れてならないのはとブラジルとキューバだが、ここの民主主義はずいぶん前からてんやわんやだったし、植木等がこれで日本も安心だと1979年に歌ってから2007年に死んで、民主主義はますます恥かしくなった。片渕須直のアニメは有名になったが、それで民主主義がどうこうなるというほどのことはなかった。好むと好まざるとにかかわらずこれが、2017年3月現在の我々の世界だった。大切なのは、人はパンと民主主義のみによって生きるにあらずということだ。芥子だって食うしコーヒーも飲むし、入江敦彦以外のたいていの男は女がいないと生きて行けない。難民だって生きるには炊事道具が要る。 たまには爆発だってしたいんだ、原発は!
 
 《「面白主義ですか」 
  「そうだよ。明るく。伸坊が右手をバーンと振って、〝いいじゃない、
  面白ければ〟という。そのあとに太いゴチックで〝原発〟と字が
  出る」 
  「そんなのやったら大変ですよ」 
  「でもここまで反対のムードが立ちこめてきたら、そのくらいバーン
  と引っくり返すしかないんじゃないの」 
  「じゃあ岡本太郎がいいですよ」 
  「あのビックリ目玉、それは凄い」 
  「両手をバーンと拡げて、〝原発は、バクハツだ!〟」 (略) 
  「まったく凄いですね。でも広瀬隆の『東京に原発を』というのも、
  本当はそうでしょう。〝東京に〟という逆行で光るわけで」 
  「そうだよ。岡本太郎は目玉グリグリでやるところを、広瀬隆はマ
  ジメな受難者でやっている。それだけの違いで、どんでん返しは
  同じだな」 
  「あ、東京に原発を、というんで、一村一品という言葉を思い出し
  ましたよ」 
  「それ……、一村一発!」 (略) 
  「ちょっと皮肉っぽすぎるかな」 
  「そうですね。皮肉じゃつまんないですね」 
  「やはり〝バクハツ〟だな、単純に」》
  (赤瀬川原平 「世界の重みが顔面に作用する」/『ユリイカ』
  1988年9月号/『科学と抒情』 青土社:刊 1989年)
 原発はバクハツだ (3)
原発はバクハツだ! ただ、それが原発であったかコンニャクであったか、原爆か水爆かVXか、知らん、確かめてへんから。だから「あれはコンニャクでした」と言われたら、そうかなと思わざるを得ないな。しかし、現実として爆ぜたんだから何度も、実際に人の手に余っているんだから今でも…これは有事なのか無事なのか? 寛解の途上なのか終焉の最中なのか? あの災厄から6年が経っても大変が続いている。だから食べよう、まだ飲もう、それが日常茶飯だ。そして、顔を上げて目を剥いて手を拡げて共に謀ろう…原発はバクハツだ!
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

リンド!

ジャンル:その他 / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2017年02月13日 05時30分]
谷口ジローが死んだ。「孤独のグルメ」や「『坊っちゃん』の時代」を代表作のように言う訃報だらけだが、首肯しかねる。《…普通の人の日常を描いた大人向けの作品が多い》(「毎日新聞」 2017年2月12日)とまで書かれると、フザケルナと言いたい。信教はローマン・カトリックおそらくジェズイット会員、洗礼名はミゲル…そのミゲル谷口治郎の来歴を以下に記す。
 LINDO! (1)
 《日本人の母親とフィリピン人の父親のあいだに1946年頃ミンダナオ
  島南端のサンボアンガで生まれる。3歳でジェーン台風禍で両親をな
  くし、日本に帰り、瀬戸内海沿岸のカトリック系孤児院で幼少年期を
  送る。孤児院では初等教育を受けながら晩鐘を鳴らす仕事を与えら
  れた。 当時からきわめて闘争的な性格で、また運動能力にも不足は
  なかったため10歳頃から孤児院仲間の思想的支柱または指導的
  存在となり、近隣の町の子供たちとの武闘も指揮していた。勉学の
  方面ではまったく目立たなかったが絵画的才能の片鱗を示し、夏休
  み宿題帳の表紙絵として採用されること再三ならずだった。 1960
  年頃脱走、東京へ向かう。(略) 1960年の安保闘争で左右両方の
  デモ隊におにぎりを売ってかなりの金を摑み、それをシンガポール船
  の船長に握らせて密航をくわだてたが英語の意思疎通が不完全だっ
  たために香港でおろされる。ネイザン・ロードで靴磨きとなって3年を
  過ごし、再び密航に挑戦するが戦時下のサイゴンで放り出される。こ
  こでは空薬きょう拾いと米軍相手の似顔絵描きとして生計をたててい
  た。 1968年頃、知りあった米兵の好意にすがって空母エンタープラ
  イズの艦内メッセンジャーボーイになり、1970年、佐世保に入港し
  た機会に船をおりる。 その後はテキ屋の手伝いをしながら学費をた
  め、1972年早大夜間学部に入学。学生生活にあきたらず、深夜、
  地下鉄工事の労働者として働きながら私立探偵をめざしてアイフル
  探偵学校に入学。ここで関川夏央と出会う。 1976年から「夢と希望
  をもってマンガをつくろう」を合言葉に関川とマンガを制作し、ついに
  自分の天職を発見したと感じる。 1981年に関川が海外逃亡してか
  らはほとんど単独で仕事をつづけている。日曜日には教会に通い、
  夕方にはベランダでシェリーをなめながら冒険に満ちた前半生をふり
  返る毎日であるようだ。》 (谷口ジロー・関川夏央 『暴力街21分署
  〈無防備都市〉』 竹書房:刊 1985年)
 LINDO! (2)
谷口ジローと会った関川夏央は《「夢も希望も捨ててマンガをつくろう」と誓いあって》と食い違った証言をしているので、前記の来歴にも不確かなところがあるのかもしれない。しかし、そんなことはどうでもよい。ミゲル谷口治郎こそ、私が渇仰するピカレスク谷口ジローなのだ。
 
 《デビュー以降、動物ものとハードボイルドに、さらに格闘などのアク
  ションものや冒険ものに卓越した技量を発揮した。正確なフォルム
  は原作者たちを驚嘆させ、動作から動作への移行を緻密に描いて
  同業のマンガ家たちをうならせる。(略) 転機となったのは92年の
  『犬を飼う』。短編で小学館漫画賞をとるのは異例のことで、自信
  になったという。ここから、人間と動物、人と人のきずなを描く90年
  代の中・短編群が継続して生まれた。》 (斎藤宣彦/アエラムック
  AERA COMIC 『ニッポンのマンガ』/朝日新聞社:刊 2006年)
 
小学館漫画賞審査委員特別賞や日本漫画家協会賞優秀賞や手塚治虫文化賞マンガ大賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞やフランス芸術文化勲章(シュヴァリエ)なんて、クソくらえだ。私が驚嘆させられた犬は、「犬を飼う」のタムではなくて「ブランカ」だった。「歩くひと」よりも走る「ルード・ボーイ」の黒米弥太郎に唸った。唸るといえば、「事件屋稼業」を読んでからはトイレで「デル…デロ…デッラ…」と唸るようになった。《人と人のきずなを描く90年代》なんて、クソくらえだ。
 LINDO! (3)
 《忘れもしない1990年11月29日。犬の死からひと月近い、雨の降る、
  寒い日でした。私達は神保町の喫茶店で会いました。暖かな炭火珈
  琲をすすりながら、私はこの犬の話をしてみました。(略) こうして「犬
  を飼う」が生まれ、私の小さな望みが叶えられました。》 (谷口ジロー
  「思い出すこと」/『犬を飼う』 小学館:刊 1992年/2002年文庫化)
 LINDO! (4)
文芸コミック(?)の「犬を飼う」には、《生きるという事、死ぬという事、人の死も犬の死も同じだった》と記されている。飼い犬の死から26年余が過ぎて、2017年2月11日に飼い主の谷口ジローが死んだ。いや、雨の降る寒い日に《暖かな炭火珈琲》をすすっていた時点で、ピカレスク谷口ジローは既に死んでいたのかもしれない。だから、「死ぬには好い日だ」や「可愛い死神」を読み返そう…晴れて暖かい日に《ベランダでシェリーをなめながら》。そして、最後に今は亡き谷口ジローに「LINDO(リンド)!」という言葉を贈る。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

トリとめのない歌

ジャンル:その他 / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2017年01月02日 01時30分]
【鶏とコーヒー】
 トリとめのない歌 (1)
大東亜戦争後の日本における鶏とコーヒーは、1960年代に繫がっていた。1960年4月に養鶏振興法が公布され、同月よりコーヒー生豆の輸入が自由化された。この翌1961年6月に農業基本法が施行され、同年翌月にインスタントコーヒーの輸入が自由化された。これらを機に、国内の肉用鶏市場とコーヒー市場は大きく伸張し始めたのである。
 
 《森永製菓は35年(1960)年4月、デンマークのニロ社からインスタントコー
  ヒーの製造プラント(生豆処理能力月間12t)を導入して同社三島工場内
  に設置、同年7月から製造を開始して8月10日から東京を皮切りに発売、
  年内に全国的に出荷の体制をととのえた。価格は36g220円で、業界か
  らは割高であると批判されたが、売れゆきは同社も予想していなかったほ
  どの好調を示し、当初から品不足の状態が続いた。そこで同社は更に3
  倍の増設計画を発売(ママ)、本格的国産第1号の同社のインスタントコー
  ヒーは、幸先のいいスタートを切った。》 (「"インスタントブーム"到来」 『日
  本コーヒー史』下巻p.78/全日本コーヒー商工組合連合会:編 1980年)
 トリとめのない歌 (2)
日本のインスタントコーヒー製造の濫觴は1942年頃に日本珈琲の板寺規四が海軍からの要請で納入したものであるが、《本格的国産第1号》は1960年に発売された森永インスタントコーヒーである。発売された同年には、ラジオのコマーシャルソングも制作されて丸山清子らが歌った。この詞と曲を作ったのは、同じ森永製菓のミルクキャラメルのテレビコマーシャルソング(日本初)を1953年に作っていたトリローこと三木鶏郎(みき・とりろう/本名:繁田裕司)である。三木鶏郎は、翌1961年と翌々1962年にグリコのコーヒーのコマーシャルソングも手掛けた。日本における鶏とコーヒーは、トリローのコーヒーソングで1960年代に繫がっていたのである…♪ Just moment. ちょっと待って One,two,three,four,only five. たったの5秒 インスタントコーヒー インスタントコーヒー スピード100% 森永コーヒー ♪
 
 
【故意の遁走】
 トリとめのない歌 (3)
♪ 追いかけて 追いかけて すがりつきたいの~ ♪ と半世紀前の1967年にザ・ピーナッツが歌ったのは、「パルミーラのアウレリアーノ」から「イングランドの女王エリザベッタ」を経て「セビリアの理髪師」へと歌劇の序曲を旋律が遁走し続けた「恋のフーガ」である。フーガといえば「あいちトリエンナーレ2016」のラウラ・リマ作品〈Fuga〉(フーガ)、この小鳥が違法に入手されたり病んだり死んだり遁走したりした生体展示を追いかけてすがりつきたい。
 
 《4階建ての水上ビルに94羽のブンチョウなどを放って小鳥のための空間
  を作った。リマさんは「そこに入った人間が、よそ者という疎外感を抱くこ
  とが狙い」と語っていた。小鳥のかわいさと、人間と鳥の関係性ががらり
  と転換する斬新さで注目されたが、最終的に10羽の小鳥が死に、3羽
  が行方不明になった。チーフ・キュレーターの拝戸雅彦さん(52)による
  と、リマさんは「小鳥をきちんと育てることが重要。こうなってしまったの
  は残念だ」として、スタッフが掃除をしやすいように作品の木を間引くこと
  を了解したという。 また、種の保存法の「国際希少野生動植物種」に指
  定されている豪州原産のコキンチョウを、環境相の許可を取らずに展示
  示のために購入したことも明らかになった。拝戸さんは「生き物を展示
  するうえで勉強不足だった。環境省と今後の対応を協議している」と話し
  ている。(小林裕子)》 (「朝日新聞」 愛知 2016年11月2日) 
 トリとめのない歌 (4)
この生体展示は、「動物の愛護及び管理に関する法律」により2016年7月11日付けで第一種動物取扱業の登録(動東 第442号)がなされていた。申請者は‘あいちトリエンナーレ実行委員会会長’の大村秀章であり、これを受理して登録した監督者も‘愛知県知事’の大村秀章である。その大村秀章は「あいちトリエンナーレ」閉幕翌日に以下の発言をした。
 
 《そりゃ関係者はそれはわからなかった、知らなかったということなんでしょ
  うけど、そこはやはりしっかり配慮していかなきゃいけなかったんじゃな
  いかなというふうに思います。(略)その点はしっかり反省をして、その
  上で小鳥に対してしっかり管理をしていくということで対応していけばい
  いというふうに思っておりますし、現にそういうふうに対応しているとい
  うふうに思っております。》 (大村秀章:談/愛知県知事定例記者会見
  2016年10月24日)
 トリとめのない歌 (5)
責務を怠ってマッチポンプな事態を起こした《関係者》が自身であることを認めない蒙昧な発言である。また、「あいちトリエンナーレ2016」のチーフ・キュレーターである愛知県県民生活部文化芸術課芸術祭推進室主任主査の拝戸雅彦は、豊橋会場に関する対談(「あいちトリエンナーレ2016を記憶する」Vol.1/「豊橋駅前大通地区まちなみデザイン会議」Webサイト 2016年12月21日)において、先般の小鳥騒動に関して一言も触れていない。実行委員会に居ながら責めから‘故意の遁走’をする県の知事と役人、‘落鳥’するべきは彼らだったのである。
 
 《また、すでにその問題点が報じられているが、生きた小鳥の展示には最大
  限の違和感を表明する。アーティストの自由な発想に制約をつけたくはな
  いが、生命は見せ物ではないのだ。(三品信)》 (記者が振り返る「あいち
  トリエンナーレ2016」/「中日新聞」 2016年10月26日)
 トリとめのない歌 (6)
他方で、ラウラ・リマの作品がTwitterなどで‘鳥炎熟’(とりえんなれ)の炎上状態になると、《動物使ってアートとか言ってんのが嫌》とか《死が発生した時点で展示を中止しないといけない》とか生体展示そのものを否定する愚昧な意見が増長して、それは新聞記者をも侵した。ラウラ・リマが小鳥以外にも鶏や猫や人の生体で作品を展示してきたように、時として《生命は見せ物》である。作品の好悪を論ずるならばまだしも、愛護の偽善に迎合することは芸術からの遁走であり、そこに《最大限の違和感》を覚える。もっとも、ラウラ・リマ作品〈Fuga〉(フーガ)の深意は催事からの‘故意の遁走’であり、アーティストの「恋のフーガ」であるのかもしれない…♪ ドゥドゥビドゥバ ドゥドゥドゥビドゥバ パヤ パヤパヤ ♪
 
 
【この空を飛べたら】
 トリとめのない歌 (7)
恐竜から来た鳥がどこへ行くのかわからないように、猿から来た人がどこへいくのかわからない。中島みゆきが生卵を上手にコン、パッって割れないのは何故か、これもわからない。
 
 《あたしね、たまご割れないの。えッ? うん、アノ普通の、そう白いニワトリの
  たまご。自分でも、おかしいなと思うんだけど、割れないの。(略) まず、こ
  うどっかへぶつけるでしょ、そしたらぶつけたとたんにその場で割れちゃう
  のよ。(略) だからね、ぶつける点にだけ頼るからいけないのダと思って、
  こう、ぶつけてから手でカラを両方に引っ張ることを思い出すわけね。そし
  たらね、たまご握りつぶしちゃうの。》 (中島みゆき 「たまご」/連載「たと
  えば10人の仲間たち」 第9回 日刊スポーツ 1977年1月26日/『愛が
  好きです』 新潮社:刊 1982年 収載)
 トリとめのない歌 (8)
たまご割ろうなんて、悲しい話を、いつまで考えているのさ。吉野家が突然、割らないならなんて、いつまで考えているのさ。割って出す吉野家、みんなわかっていて、今日も食べている、食べてる。割らずに出すすき家、私わかっていて、今日も避けている、避けている。ああ、人は、昔々、鳥だったのかもしれないね。こんなにも、こんなにも、たまご割れない…
 
 あたいの名前は わすれ鳥 いつでも笑える わすれ鳥 
 やけに明るい ブルースを 昼でも夜でも うたってる
 (「わすれ鳥のうた」/中島みゆき 『愛が好きです』)
 
 あたしは とても おつむが軽い あんたは とても 心が軽い
 二人並べて よくよく 見れば どちらも 泣かない あほう鳥
 (「あほう鳥」/中島みゆき 『愛が好きです』)
 
 眠り薬をください 私にも 子供の国へ 帰れるくらい 
 私は早く ここを去りたい できるなら 鳥になって
 (「鳥になって」/中島みゆき 『愛が好きです』)
 トリとめのない歌 (9)
中島みゆきを《神であり、全人類の母である》と鳥居みゆきは言った(文化放送『吉田照美 飛べ!サルバドール』 2016年4月19日)。《神であり、全人類の母である》中島みゆきが、生卵を割れないのは何故か? 札幌で中島美雪とフォークソングを奏でていた前田重和(「コーヒーハウス ミルク」店主)や宮越陽一(「宮越屋珈琲」代表)たちにしかわからないだろう。中島美雪が大学を卒業して帯広の実家へ帰った1974年、札幌では「ミルク」が同年9月20日に開業し、その83日後に約3km南でブルースの音楽喫茶「神経質な鶏」が開業した(店主は後にベッシーホールを開く梶原伸幸)。つまり、中島みゆきは‘たまご’どころか‘鶏’に縁がなかったのだ。ああ、人は、昔々、鳥だったのかもしれないね、ああ、人は、昔々、鳥だったのかもしれなああ、人は、昔々、鳥だったのかも昔々、鳥だった鳥だった鳥だ…。「壊れた蓄音機」のようにトリとめのないだ…♪ こんなにも こんなにも 空が恋しい ♪
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

隧道とモミヂ2016

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2016年11月27日 05時30分]
今秋の愛岐トンネル群の特別公開は、《国・登録文化財指定記念》と銘打たれていたので驚いた。NPO法人愛岐トンネル群保存再生委員会によれば、《2016年7月、愛岐トンネル群の3施設が国の登録有形文化財に認定されました。東海3県下では「鉄道トンネルとして初めて」の文化財指定です》として、旧中央線の玉野第三隧道と玉野第四隧道と笠石洞暗渠の《3件が指定を受けました》と掲げている(愛岐トンネル群保存再生委員会Webサイト/2016年11月27日閲覧)。しかし、現行の文化財保護関連の法制度下では(指定でも選定でもない)‘登録’文化財が‘指定’されることはありえない。ここは「国・有形文化財登録記念」とでも銘するべきであって、仮に‘指定’されたならば‘登録’は抹消されるのである。
 隧道とモミヂ (1) 隧道とモミヂ (2)
尚、上記3件が東海3県下では鉄道用隧道(トンネル)として初めての文化財‘登録’であるが、静岡県も含めて東海4県下では天竜浜名湖鉄道の神田隧道(旧光明電鉄)と利木隧道(旧省線二俣線)が現在でも供用されたまま先んじて2011年1月に‘登録’されている。但し、天浜線の隧道は2件共に昭和期のコンクリート造であって、明治期の煉瓦造である愛岐トンネル群の価値を圧するものではない。…とブツブツ言っているよりも、久しぶりに愛岐トンネル群へ行ってみよう! そして、モミヂ狩りだ!
 
 隧道とモミヂ (3) 隧道とモミヂ (4) 隧道とモミヂ (5)
2016年11月26日、定光寺駅で降りて、愛岐トンネル群の第18回特別公開(9日間限定)を初日に訪ねる。特別公開時では第8回以来の約5年ぶり、「荒野ノヒカリ」から約3年ぶり。入場料100円を払って、「再現することが容易でないもの」を登録基準にして国の登録有形文化財となった玉野第三隧道(延長約76m)と玉野第四隧道(延長約75m)を通り抜ける。玉野川(庄内川)の水面に映るモミヂが美しい。
 
 隧道とモミヂ (6) 隧道とモミヂ (7) 隧道とモミヂ (8)
腹減った。持参のパンを食べながら、玉野渓谷(愛岐渓谷)の紅葉や黄葉を眺める。水車の横から森の中のシングルトラックに入り、散策路を見下ろしながら進む。「国土の歴史的景観に寄与しているもの」で文化財登録を追加で狙っている隠山第一隧道(延長約99m)と隠山第二隧道(延長約333m)を通り抜ける。途中のレンガ広場ではトランペットやクラリネットの音が響く(感想はNo comment.)。
 
 隧道とモミヂ (9) 隧道とモミヂ (10) 隧道とモミヂ (11)
県境で折り返して、3つの隧道を潜り戻る(玉野第三隧道は往路の通行のみ)。三四五(みよい)の大モミジのぼんやりした紅葉も悪くはないが、隠山第二隧道の南側坑門工近くのモミヂが好い。会場を出て、玉野川を城嶺橋で渡って定光寺川(御手洗川)沿いに歩いて、定光寺公園の正伝池の景色を眺める。
 
 隧道とモミヂ (12) 隧道とモミヂ (13) 隧道とモミヂ (14)
応夢山定光寺へ。参道の階段を上って山門を通り…さすがモミヂの名所、カメラやスマホを構える人人人。境内のあちらこちらに拡がる紅葉に目を喜ばせながら、ゆっくり散策。
 
 隧道とモミヂ (15) 隧道とモミヂ (16) 隧道とモミヂ (17)
展望台にも人人人。眺望と紅葉に目を喜ばせながら、ゆっくり喫煙。傾き始めた陽射しが葉の色づきを際立たせて、これぞ今秋で最好のモミヂ狩り。風が冷たくなってきた。さぁ、帰ろう。
 
 隧道とモミヂ (18) 隧道とモミヂ (19)
隧道の中から見たモミヂには明治期の産業遺構の色が映っていた。「国土の歴史的景観に寄与しているもの」かどうかは、わからなかった。定光寺の切り株の上に落ち葉を並べてヘッポコ即席アートを楽しんだ。「再現することが容易でないもの」というのは、こんなものだろう。2016年の晩秋、隧道とモミヂに遊んだ。
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日和見みたび

ジャンル:ライフ / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2016年11月04日 01時30分]
「文化の日」に市民が集って憩う催事「マーケット日和」(中部学院大学の「学びの森フェスティバル」併催)。
 《古本市、演奏会、グルメ、アートなどを楽しむ各務原市主催の総合イベント
  「マーケット日和」が11月3日、同市那加雲雀町の「学びの森」を主会場に
  開催される。3年目を迎えた今回は市民企画委員8人が主体となって今年
  8月、一般社団法人「かかみがはら暮らし委員会」を設立。出店を昨年より
  30店舗増やすなど内容を充実させた》(「109露店立ち並ぶ市主催イベン
  ト 各務原で3日」/『毎日新聞』 2016年11月1日)。
 日和見みたび (1) 日和見みたび (2)
今般は、電車(名鉄小牧線・犬山線・各務原線)を乗り継いで会場へ。コーヒー屋の友人たちが出店する催事を訪ねること3年連続、秋の日和に見る旅も三度(みたび)…行ってみよう!
 
 日和見みたび (3) 日和見みたび (4) 日和見みたび (5)
学びの森を北へ突っ切って中部学院大学キャンパスの「半布里そば道場」出店ブースへ。ん? 今年は「ざるそば」ではなくて温かい「きのこそば」(700円)になった。注文して待つ間、二つ隣でマネージャ(樋口美枝子氏)と社長(樋口精一氏)がいる「珈琲工房ひぐち」出店ブースへ。談話してから、蕎麦とコーヒーを味わう。新そばのはずの「きのこそば」は甘さも香りも弱い残念な具合、香り高い「セピアの宝石」(深煎りブレンド:350円)で口直し。
 
 日和見みたび (6) 日和見みたび (7) 日和見みたび (8)
学びの森のマーケットエリアへ。「o-coffee」(オーコーヒー)出店ブースを覗けば行列、買えない。「YAJIMA COFFEE」(ヤジマコーヒー)出店ブースを覗けば行列、買えないし声もかけられない。他の市民公園のブックエリアへ。「コバレレコーヒー」出店ブースを覗けば行列、買えない。学びの森へ戻って「コクウ珈琲」出店ブースを覗けば行列、買えないが篠田康雄氏らに声をかける…「飯を調達してこようか?」(笑)。
 
 日和見みたび (9) 日和見みたび (10) 日和見みたび (11)
「かかみがはら暮らし委員会」の主要構成店でもある「ティダティダ」出店ブースで長蛇の列に並んで「タコライス」と「かまぼこおにぎり」と「さーたーあんだーぎー」を買って「コクウ珈琲」へ届ける。一瞬だけ雨がパラついたが秋の雲が浮かんだ青空の下、芝生広場で寝転んだり、「かまぼこおにぎり」を食べたり、雑貨店や古本市を覘き巡ったり、遊び放題。
 
コーヒー飲みたいなぁ。「YAJIMA COFFEE」(ヤジマコーヒー)出店ブースの列に並んで矢島明氏に挨拶してクリアな味わいの「ホットコーヒー」(オリジナルブレンド:450円)を飲む。「o-coffee」出店ブースの列に並んでスパイシーな味わいの「雪男スペシャル」(ネパール・ガンダキ県ベグナス:400円)を飲む。「コバレレコーヒー」出店ブースへも行ったが‘sold out’だった。「珈琲工房ひぐち」出店ブースで再び談話していると催事も終了時刻に。「コクウ珈琲」出店ブースへ戻って、「イタリアンブレンド」を自分勝手に濃く淹れて飲む(笑)。
 
 日和見みたび (12) 日和見みたび (13) 日和見みたび (14)
今般の「マーケット日和」で好かったのは、「アイリッシュデュオ 小松大&山田晋吾」や「リュクサンブール公園」や「手廻しおるがん かごやか」など「森の音楽隊」が会場のあちらこちらで聴こえたこと。ヨーロッパの街の祭りの風情? 会場の最高気温は前年よりも摂氏4度ほども低かったが、催事の雰囲気は温かい。食べて喫して聴いて、秋の日和にみたび見た「マーケット日和」…面白かった!
 
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

呆け者GO

ジャンル:その他 / テーマ:ひとりごと / カテゴリ:あ・論廻 [2016年07月26日 01時30分]
モンスターボール形の噴水がある「ポケモンの聖地」(?)が巷で話題になった。2016年7月24日、自宅から約13km南の名古屋の鶴舞(つるま)公園まで走った。ひしめく群集、その全てがスマホの画面を見つめている。…やったー! 呆け者(ボケモン)をつかまえたぞ!
 呆け者GO (1) 呆け者GO (2)
 
 《「昔はね、呆けるほど長く生きなかったの」》 《永:でも山崎先生、ボケたほう
  が死に対する恐怖はなくなるんですか。 山崎:そうでしょうね。自分の置かれ
  ている状況がよく分からないわけですから、ボケは一つの防御反応かもしれ
  ませんね。》 (永六輔 『大往生』 岩波書店:刊 1994年)
 
 《「あ、これ面白そうだな」と思って買って帰るとね、自分のその棚に既にそれが
  あるっていうことあるんですよ。「ありゃ、また買ってきちゃった」って、オレ1回
  や2回じゃなく何回もあるんですこういうことね。で、これはもう完全にボケだ、
  ボケたなオレも、やっぱり記憶力落ちたなと思うんだよ。でも折角買ってきた
  から、あのぉ「まぁ見てみるかぁ」と思って見ると、頭から全然憶えてないんだ
  よ。だから、1回見たものがもう1回楽しめる、一から、ね。》 (鳥越俊太郎の
  ひと言 「老人力」に思う/テレビ朝日 「スーパーモーニング」Webサイト
  2010年5月20日収録)
 
2016年東京都知事選挙に立候補した鳥越俊太郎氏に対する痴呆の疑いが巷で話題になった。仮に痴呆だとしても、悪辣よりはマシ。「痴呆創生」を堂々と掲げて、悪辣な知事の東京一極集中を是正すれば好い。…やったー! 呆け者(ボケモン)をつかまえたぞ!
 呆け者GO (3) 呆け者GO (4)
 
 《鳥越俊太郎さんは、浅草の「鳥越神社」にて必勝の祈願を行いました。「鳥越
  神社というのがあるということは知っていたんですが、今回初めて来ました。
  宮司さんに『鳥越の俊太郎~』と名を呼ばれて、感動しました」》 (鳥越俊太郎
  Twitter 2016年7月18日)
 
 《僕は鳥越明神の氏子なのですが、この明神は江戸以前からの氏神様。 ここ
  にあった鳥越村が強制的に山谷に移されたと聞いております。今日の山谷
  の歴史の一ページ目に僕の先祖がからんでいたと思うと責任を感じますが、
  江戸という町がつくられて行く過程は、あらためて勉強するつもりです。 (略)
  その為にも勉強する、あるいは老人の話をよくきかなければなりません。》
  (永六輔 「前略最後の都電と僕のふるさとです。」/『僕のいる絵葉書』 中央
  公論社:刊 1975年)
 
2016年リオデジャネイロ五輪の開催を前に市長が開催地での「ポケモンGO」配信をFacebookで要望して巷で話題になった。強盗が頻発しているコパカバーナやセントロ地区をポケモンの捕獲場所として想定した。…やったー! 呆け者(ボケモン)をつかまえたぞ!
 呆け者GO (5) 呆け者GO (6)
 
 《死んだって平気なのです。なにしろ今年のブラジルのカーニバルでは二百十
  一人が死亡、負傷が一万三千五百十六人という数字が出ていて、だからと
  いってカーニバルを警察が規制するという話もないのですから。 (略)日本の
  裏にあるブラジルの海岸には次のような標示板が立っています。 「みんなの
  海岸です。穴を掘ったりしないで下さい。深く掘ると日本に出てしまいます」
  僕は日本の海岸を掘ってでもブラジルに行きたいと思っています。》 (永六輔
  「前略地球の裏側に来ています。」/『僕のいる絵葉書』)
 
呆け者(ボケモン)にも様々なタイプがあるが、進化どころか退化した「許されざる者」は2020年の第32回オリンピック競技大会の開催を日本の東京で予定している。私は、《日本の裏にあるブラジルの海岸に》新たな標示板を立たせたい…「みんなの海岸です。穴を掘ったりしないで下さい。深く掘ると日本へ五輪が来てしまいます」と。「許されざる者」は墓穴を掘ってでもオリンピックを開催したいらしい、《死んだって平気なのです》。悪辣な呆け者(ボケモン)は、つかまえて殺処分しなくてはならない。《その為にも勉強する、あるいは老人の話をよくきかなければなりません》 …よし、呆け者(ボケモン)GOだ!
 
 ♪ めざせ呆け者(ボケモン)マスター
 
 (呆け者 ゲットだぜーッ!)
 たとえ 井の中 店の中 駅の中 藪の中
 罪の中 糞の中 ババアのスカートの中(げぇ~~~!!)
 豊洲の地の中、いつでも世の中 大変だけど
 かならずGETだぜ! 呆け者(ボケモン)GETだぜ!
 五輪タウンで 予算は倍倍 それもショウチでカネになる(ジコチュウ~)
 ふざけたワザで敗けまくり 負担をふやして 次の代へ(やめとけ)
 いつもいつでも うまくゆくなんて 保障はどこにも ないけど(そりゃそうじゃ)
 いつでもいつも ノンキに生きてる あいつたちがいる
 ああ たそがれの 呆け者(ボケモン)マスターに
 なりたいな ならなくちゃ ゼッタイなってやるーッ!
 
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

kisanjin

Author:kisanjin
鳥目散 帰山人
(とりめちる きさんじん)

無類の珈琲狂にて
名もカフェインより号す。
沈黙を破り
漫々と世を語らん。
ご笑読あれ。

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Powered by / © Copyright 帰山人の珈琲漫考 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin